2015年12月19日
お笑い系百姓の生活・農業
美味しいお餅を目指し

餅つきは順調にやっていますが愛車がヤバイです・プリンターのトラブルは意外に致命傷です

 モノは大切にしなくてはいけないけど見極めも問題です。


 先日、ステージアで走行中に見慣れないエラーランプが表示されました。日産に診断してもらうとスターターリレーの不具合。これって壊れたらどうなるの?と聞いたら「エンジンが掛かりません」とのこと。エラーは、その後消えましたがまた爆弾を抱えてしまったようです。以前のセレナの時もエラーランプが点き始めて最終的には年末の配達先のAコープ駐車場で動かなくなってしまいました。今回もその嫌な思い出が蘇りましたがかと言ってこの年末に買い替えなんてやっておられません。実は、右フロントの足回りとブレーキにも問題を抱えていて年明けに修理をしようとしていた矢先でもあります。するとさすが日産の営業マン、たくさんのカタログと見積書を置いて行きました。カタログはネットで見れるからと言って丁重にお断りをしました。でも日産に限らず今の車種でステージアを上回る車が無いのです。しかしエンジンは、50万キロ走ると言ってもこれだけ周辺部品でお金が掛かり始めるとそろそろ見極めも大切なのかなと考えてしまいます。2004年5月に購入したので前車のセレナ同様12年目でヤバくなって来ました。でも先立つものが無い以上どうにもならんわ(×_×)

AT、、つまりオートマチックにエラーが出て診断しました
ステージア

 林さんちのクロネコヤマトの宅配送り状は、最近では、レーザープリンターで印刷するようになりました。でもたまにどうしても以前の複写式の送り状も使い時があります。そのために事務所には、大きな昔ながらのドットプリンターが鎮座しています。しかも予備機としてもう一台保管してあるという念の入れようです。プリンターって何気ない事務機ですがこれが動かないとまったく仕事がストップしてしまいます。そこで全てのプリンターにバックアップのプリンターを置いてあります。だからレーザープリンターも3台事務所にあって場所を取っています。最後のバックアップのカラーレーザープリンターは、もうとっくに償却も部品の供給も終わっていますが頑張っています。やはりたまにメインがトラブって使うこともありますので捨てれません。そして加工場では、せっせと切餅を製造していますがこれまた高価な機械が「とぼ切り機」。これがまたギッタンバッタンとノンビリと動く機械なので効率を上げるために2台目を買おうとしたらお見積もりが70万円!そんな高い機械をハイそうですかとは買えずに未だに1台で頑張っています。おかげでカキモチを切る時の時間の掛かること!そして加工場から珍しい丸餅切り機の音がしていると思ってのぞくと外注の丸餅でした。この時期に丸餅切り機を出しての作業は結構大変です。なんだか現場も騒がしいので無事やってくれることを祈ります(o^-^o)

インクリボン詰め替え、、今時ドットプリンターを使っているのはうちくらい?
ドットプリンター

とぼ切り機、、この機械が70万円!高い!
とぼ切り機

今日も外注の製造中、、今頃に丸餅は結構大変かも(* ̄▽ ̄*)
お正月餅