石川県羽咋市から発信する「食」の未来を共に考えるシンポジウム、、大盛況のうちに終えることが出来ました。

 昨日のシンポジウムは、思い起こせば9月16日に志ネットワーク・青年塾の「食と農の研究会」の会長でもある「NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会」の高橋会長から2月25日に木村さんを抑えたから金沢で1000人規模のシンポジウムを開き自然栽培の会員を募りなさい。との指令が下って以来、多くの方を巻き込んでの大きなイベントになってしまいました。でも終わってみれば、会宝産業さん、JAはくい、羽咋市と必然とも思える出会いの中、素晴らしい会になりました。そして多くのサポーターの申込もあって感謝で一杯です。しかも木村さんとのアテンドの機会があって多くのお話も頂き私も多くのことを得ることが出来ました。そして今回の件でやはり木村さんは、宇宙人だと確信しました(⌒‐⌒) そして驚いたのが私と記念撮影をしたがる方の多かったこと!次回?は撮影ポイントを設営しないといけませんね!

木村秋則さんと正装?でツーショット、、やはり宇宙人でした
石川県羽咋市から発信する「食」の未来を共に考えるシンポジウム

私の事例発表、、時間が押してしまい超高速発表になってしまいました(ToT)
石川県羽咋市から発信する「食」の未来を共に考えるシンポジウム

このエントリーをはてなブックマークに追加

 VIP達のお出迎えです。

 昨日は、朝からフルマックスでした。まずお昼前に金沢駅に高橋会長をお迎えに行きました。すると回転寿司チェーンの社長さんである高橋さんが「もりもり寿司」を食べたい。というので行くとなんとそこの偶然、青年塾生の湊くんが!びっくりしましたがもりもり寿司を見てから「ぶどうの木」で一緒に昼食を食べてから一旦帰社。そして妻に運転してもらって湊くんを白山市の取引先で下ろし今度は、会宝産業さんへ。そこで今度は、会宝産業で近藤会長と木村さんと合流しました。でも木村さんが解体の工場に食いついてしまいなかなか動けませんでした。その後は、会宝産業さんのトマトと羽咋市の農場予定地を回りました。そして今日は、いよいよ自然栽培のシンポジウム本番です!目指せ満席!

今回のシンポジウムのメンバーが揃いぶみです、、(o^-^o)

会宝産業

会宝農園に木村さんをお招きしましたo(^o^)o
会宝産業
このエントリーをはてなブックマークに追加

 もう2月も後半になるとお百姓さんは、ドキドキします。

 実は、明日の自然栽培米のシンポジウムや会議会合の連発でまだ農作業申込書の入力が途中です。でもそんなこと言ってられないので暫定でもう春作業がスタートです。そのまず先鋒があぜ塗り機の出動です。予め先行しながら塗っていかないと仕事が進みません。まだまだ田んぼは、時雨れた天気でぬかるんでいますが強行します。

あぜ塗り機をスタンバイ、、いよいよ始まります
あぜ塗り機
このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンレイ大豆は、「艶麗」と書きます。まさしく書いて字の如く綺麗です。

 今日は、社員さん用の味噌の仕込みをしています。「林さんちのおヘソが白いエンレイ大豆」の煮豆は、いつ見ても綺麗です。何が綺麗かといって通常は、黒い胚芽部分が白いからです。林家でのよくエンレイ大豆の煮豆を食べますがすごく美味しい上に見た目も美しいのです。 

煮豆、、いつ見ても惚れ惚れします(⌒‐⌒)
エンレイ

今年の仕込んだ味噌桶、、美味しく仕上がりますよ~に!
味噌
このエントリーをはてなブックマークに追加

 誰が猫の日にしたのか知らないけれど。

 今日は、珍しい日中にまったく予定の無い日でした。このチャンスにたまっていたいろいろな事務作業や銀行での支払いに走り回っていたらふと伝票に日付を入れようとしたら2月22日、、。これは、いわゆるニャンニャンニャンつまり猫の日じゃないですか。さっそく帰宅して猫の写真を取っていたら母親が来て構ってやると甘えてゴロゴロしていました。ばあちゃんと猫のコンビネーションは、完璧ですね(o^-')b

チョミゾウとばあちゃん、、完璧なコンビネーションです(o^-^o)
チョミゾウ

ペロッ!一瞬を捉えた(o^-')b
チョミゾウ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨晩は、凄い荒れた天気でしたが頑張って行きました。

 「夢や」は、付き合う前から妻と通った焼き鳥の店です。近くに同級生のアパートがあって良くサッカー部の後輩と飲んでいたのですが野郎ばかりじゃツマランと言ったら連れて来たのがサッカー部もマネージャー。その一人が今の妻だったんですから世の中分かりません。しかも夢太の名づけ親がここの前のマスターでした。しばらくご無沙汰していたのですが昨年の秋にサッカー部の後輩と行ったのをキッカケにまた復活です。自宅から20分以上かかるのでなかなか行きづらいのですが今では、夢太に送ってもらえるので行けます。まあその分、焼き鳥のお持ち帰りが必要になるのは、当然ですが。そして今日は、自然栽培米「林さんちの宇宙米」のボカシが完成したので袋詰めをしました。これで苗床の準備が、始まります。今年は、特に面積を増やしたので果たして足りるか心配ですがなんとかなるはずですo(^o^)o

結婚記念日に思い出の「夢や」に行きました
夢や

マスターからお頭付きの鯛が出ました、、\(^o^)/
夢や

林さんちの宇宙米のボカシが完成しました
宇宙米

全部で5袋半、、足りますよ~に!
宇宙米
このエントリーをはてなブックマークに追加

 農具って地域の鍛冶屋さんが作ります。

 今日、林さんちの鍬を農協へ修理に出しました。1年間の使用で柄がグラグラになったり折れたり。そして刃も磨り減ってしまいます。その修理は、地域の鍛冶屋さんに出してもらっているはず。でもその町の鍛冶屋さんも今では、本当に数少なくなっているので毎年、大丈夫かなぁ~と心配になります。特に林さんちの地域の鍬は、四つ鍬と言って4本の刃の鍬です。一度ホームセンターに見に行ったらまったく形状が違っていて使い物になりません。この農具は、その地域の土質に合わせて作られるものなので一般的な形状って訳には、いかないのです。林さんちの地域は、乾田なので刃が4つないと土がポロポロと落ちてしまうのです。でもこの四つ鍬も下手な人が使うとすぐに傷めてしまうのでバイトくん達には、スコップを渡しています(o^-^o)

鍬の修理、、地域によって形が違います
鍬
このエントリーをはてなブックマークに追加