1回目の種まきは順調でしたがトラクターが災難に見舞われました・JAはくいで自然栽培実行委員会の会議に出席しました

 1回目の種まきは、やはり緊張します。

 昨晩ようやく寝る前に「ひとめぼれ」の催芽を確認して加温を停止した。ここのところの寒さでなかなか芽が出なかった。しかも加温は、停止したがまだ発芽が不十分だったので冷水での催芽停止をせずに自然に温度を下げながらもう少し芽を出すことにしました。この方法は、どれぐらいその後伸びるか予想しなくては、いけないので不安だったが朝に確認するとバッチリでした。それからの種まきは、順調に進んだのですが午前中の休憩前にマズイ連絡がありました。その連絡とは、、( ̄○ ̄;)

種まきに前に昨日の3回目のエコホープをシャブシャブしました
種籾

まずは、ハナエチゼンの脱水からスタートです
種まき

今日は、たくさんのバイトくんが来てくれて助かりました
種まき

私がJAはくいに行った後に保温シートを被せました
種まき

 それは種まきも宴たけなわの時に、市街地で荒起こしをしている中村くんからSOS。トラクターがハマって動かなくなったとのこと。しかも市街地で畦際で身動きが取れなくなってしまった。しかし私が午前中に種まきを済ましてJAはくいに自然栽培実行員会の重要な会議に出席しなくては、いけなかったのでそのまま放置して帰社させました。その後は、もう一台のトラクターに乗車してもらいました。そして私が不在の午後に、トラクターでレスキューを試みたけど失敗。結局、同じ町内の三納農産のユンボで助けてもらいました。本当に感謝です\(_ _) そしてJAはくいでの会議は、議論が白熱して知恵熱が出そうでした。何事も新しいことをするって大変です。でも一歩一歩進んでいきます!

アチャァ~~、、三納農産のユンボでようやく脱出(×_×)
トラクター

第1 回はくい式自然栽培実行委員会専門部会の会議に参加のためにJAはくいに!
第1回はくい式自然栽培実行委員会専門部会

議論白熱でした、、でも一歩づつ進んでいます
第1回はくい式自然栽培実行委員会専門部会
このエントリーをはてなブックマークに追加