林さんちのおへそが白いエンレイ大豆は美しいです・いよいよ自然栽培シンポジウムの準備開始です

 エンレイ大豆は、「艶麗」と書きます。まさしく書いて字の如く綺麗です。

 今日は、社員さん用の味噌の仕込みをしています。「林さんちのおヘソが白いエンレイ大豆」の煮豆は、いつ見ても綺麗です。何が綺麗かといって通常は、黒い胚芽部分が白いからです。林家でのよくエンレイ大豆の煮豆を食べますがすごく美味しい上に見た目も美しいのです。 

煮豆、、いつ見ても惚れ惚れします(⌒‐⌒)
エンレイ

今年の仕込んだ味噌桶、、美味しく仕上がりますよ~に!
味噌

 今日は、「石川県羽咋市から発信する「食」の未来を共に考えるシンポジウム2017」の準備のために会宝産業さんへ行きます。一応1000人分の資料等の袋詰めと当日の打ち合わせです。今回は、スタッフではなくクルーという立場でのメンバーで運営します。「STAFFは従業員という印象が強く、CREWは乗組員という意味合いで一つの目的に向かうチームメイトという印象がセミナー業界では定着しています。」との会宝産業の田中さんの提案です。確かにレースでは、ピットクルーって言うよね。そしてクルー達の意気もピッタリで2時間で1000セットを完成させました。皆さん、ご苦労様!

まずは「スタッフ」ではなく「クルー」であると説明がありました
会宝産業
1000セットのアンケートと資料詰め、、2時間ピッタリで終わりましたo(^o^)o
会宝産業
このエントリーをはてなブックマークに追加