2016年10月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 一度行ってみたかったダンボールワン本社です。

 七尾市倫理法人会モーニングセミナーの後にダンボールワンさんを訪問しました。ネット通販の勉強会で金沢市の佐川急便の配送センターは、見学させて頂いたが七尾市の本社を見たことがなかったのでぜひ見たかったのです。しかしカーナビでその付近を通ったけど通り過ぎてしまいました。それくらい小さな看板。しかも今度は、玄関が見つからない。ウロウロしていてどうもそれらしいドアを開けて上に恐る恐る2階に上がりました。事務所と書かれたドアを開けると中の事務所に10数名のスタッフと社長さんと辻専務さんがいらっしゃってビックリ!売上十ン億円でしかも新社屋を建設中の右肩上がりの会社なのでさぞかし立派な玄関があると想像したのですが違っていました。辻さんいわく「ソフトと人には、投資するけど建物にはしない」とのこと。経営の神様の松下幸之助氏と同じことを言われていてとても共感を覚えました。でも中での作業風景は、至って静か。ここでは、即日発送の特別な商品を作っていて残り8割の商品は、外製とのこと。そうやって製造を住み分けすることによってまだまだ余力がありそうな感じを受けました。しかし能登で元気一杯のダンボールワンさんを見るといつもなぜか元気が出ますo(^o^)o

玄関が見つからず探しました、、質素な玄関が最高です(o^-')b
ダンボールワン

内製率20%、、ここでは即日発送の商品を作っているとのこと
ダンボールワン

現在、新社屋を建設中です、、ますます伸びています!
ダンボールワン

 夏のイベントの打ち上げにしては遅すぎるけど、、。

 8月20日に開催された林さんちの田んぼのフェスティバル・2016 に出店してくれた沖縄民謡のエイサー隊の「ハイサイ屋」さんの売上が昨晩ようやく開催されました。場所は、野々市市の「でいご」さん。ここは、沖縄料理のお店でいつも多くのお客さんで賑わっています。そこで毎年、打ち上げをするのが定番です。そしてさすがエイサー隊の面々。宴もたけなわになるとお店の三線を借りて踊れや歌えの大宴会に突入です。「 ハイサイ屋のエイサー的楽しい打ち上げ・林さんちの田んぼのフェスティバル。2016」動画。私は、美味しい沖縄料理に舌鼓。そして禁断のハブ酒を飲んでご機嫌でした。今年は、売上も上々で良かったとのこと。また来年もよろしくです(o^-^o) そして今夕に、明日の七尾市で開催される倫理法人のモーニングセミナーで講話するために和倉温泉に行きます。モーニングセミナーは、朝6時から開催されるのと時間が30分とまだ脳みそが起きてないのに難しい時間の講話なので今まで上手くできた試しがありません。今回は、上手く行きますよ~に!

野々市の「でいご」、、沖縄料理最高です
ハイサイ屋

宴もたけなわにいよいよ三線が登場、、(o^-^o)
ハイサイ屋

 千晴くんが林家にやって来た(o^-^o)

昨日のお昼にママが用事で千晴くんを林家に預けていくと言う相談を妻と夢太でしているのを背中で聞いていました。これは、遊ぶ大チャンス!さっそく午前中の仕事もそこそこに自宅に帰りました。するともう茶の間に寝かされていました。さっそくカメラ片手に好き放題の撮影を楽しんでいたら大ばあちゃんの乱入で終了です。「大ばあちゃんに強制的に笑わされる千晴くん。2016」動画。でも本当に良く笑うようになりました。そして午後は、富陽小の食育授業をしてから茶のみに行って新型の宇宙茶HP用とリーフレットの写真撮影をしました。ずいぶん以前からしたかったのですがなかなか予定が出来ずにようやく出来ました。そしてせっかく来たからと言う事で有志フェイスブックで募って飲みに行きました。こういう突発的な誘いでもちゃんと2名のエントリーがあってビックリ。フェイスブックも使いようです。ちなみに盛り上がってちょっと二日酔いというのはいつものことです。

千晴くんが来てくれて大喜びのジジイ(o^-^o)
千晴

新型の宇宙茶の撮影中、、茶のみの西上さんにお願いしました
宇宙茶

顔を作り過ぎと言われるけど、、(* ̄▽ ̄*)
宇宙茶

 林さんちの隠れたヒット商品です。

 稲刈りの季節が終わると神社の秋祭りやお寺のお参り用で赤飯の注文が時々入ります。一応、産直用の定番サイズの商品は、あるのですがほとんどが特注です。3合、5合、1升。そして今回は、6升を「ばんじゅう」に入れて納品です。赤飯の使い方が千差万別なので特注になってしまうようです。さらに以前は、各地域にあった和菓子屋さんがどんどん閉店して赤飯を作ってくれるところが少なくなっているのも林さんちに注文の入る要因でもあります。そして一度、注文されると美味しいのでほとんどがリピーターになります。今日も、早朝から社員さんが早出出勤で用意をしたように結構大変な商品ですがなんとか作り続けたい伝統食ですね。今日は、午後から富陽小5年生への食育授業に行きその足で、茶のみさんで宇宙茶の撮影です。

林さんちの赤飯、、自慢じゃないが美味しい!
赤飯

 大豆選別、土作り、餅つき、にとみんなで手分けして頑張っています。

 今日は、貴重な穏やかな晴れの日ですがちょっと風が強くて紙マルチの田んぼへのカルス菌散布は、中断。「カルス菌と油粕を使用。無農薬田の場合。2016」動画。そこで大豆選別をしました。しかし新型選別機で精度が上がったとは言え被害粒が多くてどうしても手選りをしないといけません。「大豆が猛暑と台風のダブルパンチで手選りしています。2016」動画。まあなんとか力づくで手選りしたとしても問題は、量です。1年間の必要量が果たして確保できるかとても心配です。すでに27年産は、欠品しています。ここのところ林さんちの大豆の人気が上がって来たのか品薄気味です。有り難いことなのに肝心の大豆が無いことには、始まりません。とにかく早く選別して販売にこぎつけたいですo(^o^)o

みんなで手選り中です、、o(^o^)o
***

なんとか使えるレベルか、、(* ̄▽ ̄*)
***

 昨晩の雨も上がって無事に藤蔭幼稚園の脱穀が出来ました。

嵐を呼ぶ藤蔭幼稚園なので覚悟していましたが想定外?に晴れました。でも今日は、作業が錯綜していていつもの夢太のヘルプが受けられずに妻を連れて金沢駅近くの藤蔭幼稚園に行きました。まあ重い足踏み脱穀機や唐箕は、パパ達の手助けでなんとか下ろして設置できました。しかし今年は、藤蔭幼稚園さんは、園児数が69名と豊作な年です。ママ達もたくさん来てくれてスムーズに作業が出来ました。「仏さまが見守る藤蔭幼稚園の脱穀です。2016」動画。ここは、浄土真宗の西別院といった一向衆には、特別な場所とも言えます。なんだか仏さまの視線を感じるのは私の気のせいでしょうか?

藤蔭幼稚園の脱穀、、園児数が69名と多いです
藤蔭幼稚園

子供達も楽しそうです(o^-^o)
藤蔭幼稚園

境内に広げてやります、、仏さまも見守ってくれています
藤蔭幼稚園

 カルス菌の散布は、タイミングとチームワークが大事です。

 カルス菌は、リサール酵産のアイデンカルスという土作り資材です。でもカルス菌って検索すると林さんちがトップで出て来ます。今日の午前中に普通じゃないコシヒカリの田んぼに「カルス菌で土中堆肥化。浮きワラも減ります。2016」動画のように散布しました。このカルス菌は、嫌気性菌なので撒いたまま放置すると死んでしまいます。すぐにトラクターで耕してあげないといけません。だから散布チームとトラクターチームが連携して動かないといけません。しかも風があるとせっかくのカルス菌が飛んで行ってしまうのでお天気のタイミングも重要です。今日は、なんとか風の弱いうちに散布して小雨が降って来ましたがなんとか耕起が出来ました。明日は、紙マルチ栽培の田んぼに散布したいと考えています。

カルス菌の散布を開始しました、、風が問題です
アイデンカルス

アイデンカルス、、リサール酵産の製品です(o^-^o)
リサール酵産

 久しぶりに社長の私がフレコン詰めをしました。  10月13日に大豆収穫が終わってから風乾燥をしていた大豆を選別のためにフレコン詰めをしました。「大豆が猛暑台風で不作でした。選別のためにフレコン詰め。2016」動画。動画撮影もあったので久しぶりにこの仕事をしました。私も詰め始めるとみんな珍しい顔で見ていました。しかし今年の大豆は、夏の猛暑による実の小ささと秋の台風による風雨によって鞘が擦れてしまい中の大豆が着色している。そしてフレコンに詰めてみるとさらに例年の半分しか収量がない。ここから選別してどれだけ弾かれるか分からない。なんとしても林さんちの使用量だけは、確保したいところだがどうなるのか(* ̄▽ ̄*)

風乾燥が終わってフレコン詰め開始、、珍しく社長の参戦
大豆
収量が少ないうえに品質が悪い、、どうしよう(ToT)
大豆
例年のフレコン数の半分、、足りますよ~に!
大豆

 初めての農協祭りのお店番です。

 昨晩、遅くに帰宅。しかし今日も早起きして「ののいち農協まつり」への出店のために準備。社員のみんなも休日出勤して朝から、栗赤飯、栗おこわ、大福餅といろいろと仕込みました。実は、このイベントが始まって以来、私は、白山野々市広域消防本部と消防団によるファイヤーフェスティバルと重なってしまい一度も参加していない。まあ商品の搬入程度は、行うがあとは、妻と社員さんにお任せ状態でした。今年は、ついに終わったので参加することが出来ました。だから今日は、朝からドップリとお店番です。まあたまには、対面販売も楽しいがなかなか商品のやり取りは、大変です。特に込んでくると商品の代金計算が暗算なので冷や汗が出ます。そしてふと見ると山田しゅうじ先生が、挨拶をされていた。その後に、お店に来られたので吉田県議とお隣の仏田親子で記念撮影をしました。このメンツは、レアかも(o^-^o)

ののいち農協祭りのご来賓の方々とパチリ(o^-^o)
ののいち農協

 早朝に野々市を出で満席のサンダーバードのグリーン席で倉敷へ。これまた満員ののぞみと山陽線で到着。さっそく、岡山木村式自然栽培の収穫祭に参加。その後、近くの公民館で講演会があった。

20161022104456.JPG20161022110823.JPG

 企画展「知ってるつもり!?野々市お米物語」で林さんちのお米と宇宙茶が展示されています。

 林さんちの第29期の決算が出ました。売上前年比5%アップ!営業利益がついに黒字になったのでわずかだが決算ボーナスを払うことが出来て経営者としては、本当に嬉しい結果となりました。平成22年の戸別所得補償の米の直接支払い交付金以来、米価の下落意で営業利益が赤字に転落。それから回復するのに7期もかかった。しかしその米の直接支払い交付金が平成27年より1万5千円から半額。さらに平成30年には、廃止予定です。それまでには、なんとか営業利益を黒字にしたかったがその努力が実った。その努力の一端が創意工夫されたお米の数々。今では、8銘柄もあって生産販売は、本当に大変です。そんな取り組みが、野々市市で展示されているのですが地元に新聞で紹介されました。ちなみに一緒に展示されている(株)米屋さんにも、林さんちのお米をたくさんお取引させて頂いています!

野々市市情報交流館カメリアでのお米展示が記事に成りました(o^-^o)
野々市市情報交流館カメリア

 商品ラインナップから外れたけど「だっこ米」も作っています。

 夢太がようやく出産祝いのお返しを作りました。それは、林さんちの「だっこ米」。多くのお米屋さんや農家さんで販売して好評のようですが林さんちのだっこ米は、あまり販売実績がありません。だから商品としてネット通販からもパンフレットからも消えています。でもたまぁ~に林さんちのお米で作ってと言われることがあります。以前、子供の写真をラベルにしていたこともありました。でもお客様から「写真が貼ってあると開いて食べにくい」と言われて今では、名前だけのシンプルラベルです。でもこの袋とラベルもお米の内容量が出産時の体重で変わるので貼る位置もまちまちでなかなか難しい商品でもあります。中に入れるお米の銘柄は、指定できます。今回は、林さんちの普通じゃないコシヒカリをチョイスしました。そして好天に恵まれて富陽小5年生の脱穀が行われました。「親子での足踏み脱穀の方法です。富陽小編。2016」動画

だっこ米、、千晴くんのために作りました
だっこ米

 秋晴れが続き作業がはかどります(o^-')b

 お天気を見ながらのこの時期の作業ですが全開で外作業が出来ています。土づくり資材散布も難しい市街地の田んぼを突破して最後の紙マルチ栽培の田んぼへの散布をしています。ここには、ちょっと高級な土づくり資材を散布しています。名前が「とれ太郎」というのが笑えますがちゃんとした資材です。そして午前中に藤平土木の要請で社員を派遣しました。今年で3年目ですが用排水と農道の修繕をしています。なかなか通常業務の中での藤平土木への人夫作業は、厳しいのですが今回は、なんとか派遣出来ました。おかげで藤平町内の田んぼがとても作りやすくなっていますので感謝です。

紙マルチ栽培の田んぼには、高級な土づくり資材を散布します

とれ太郎

藤平土木、、用排水の工事が再開されていて林さんちも参戦です
藤平土木

 好天に恵まれて扇が丘幼稚園の初めての稲刈りが出来ました。

 朝方、少し雨が降ったようですが稲刈りには、問題のないお天気です。今年、初めての園内の田んぼでの米作り。果たしてうまく育つか心配しましたが順調に育ちました。全部で300株の稲を子供達30名で刈るので一人当たり10株ほどか。保護者の方にも、有志で来れる方を募集してくれて鎌チームと縛るチームに分かれて頑張ってもらったのでスムーズに作業が出来ました。でもやはり一番時間がかかったのが記念撮影、、( ̄○ ̄;) ようやく終わったと思ったら一人抜けていたりそのうち飽きて来てうまく撮れず。まあどこも同じですが無事に稲刈りが終わって良かったです。来週の脱穀に向けて気合いを入れて帰ってきました、、o(^o^)o

初めての稲刈り、、さてさてどうなるやら(⌒‐⌒)
扇が丘幼稚園

小さい田んぼなので子供達と保護者で一杯です
扇が丘幼稚園

園内で稲架干し、、上手く乾きますよ~に
扇が丘幼稚園

来週の脱穀に向けてみんなで「エイエイ!オオオ!」
扇が丘幼稚園

 扇が丘幼稚園に稲刈りの段取りに行きました。

 扇が丘幼稚園での初の稲刈りに向けて打ち合わせに行って来ました。稲も順調に育っていました。その様子をいろいろと撮影したらプラスムービーオート になっていた。静止画と前後2~4秒が動画として撮影される。なかなか面白い動画になっていました。今年の春に耐震工事で建て替えるために壊した園舎跡に作った田んぼだが意外にもちゃんと育ってホッとしました。あとは、もう少し収量があれば良いのだが一臼だけでも子供達のお米で餅つき出来たらいいなと思っています。明日は、初めての園の田んぼでの稲刈り。いろいろとシュミレーションしたが上手く行きますよ~に!

扇が丘幼稚園の田んぼの稲、、とても順調に育っていました
扇が丘幼稚園

子供達の稲の絵、、すごく上手に掛かれています\(^o^)/
扇が丘幼稚園

 朝からパソコンが調子悪い。

 日曜日だが相変わらず仕事が溜まっている。朝から先日、壊した平成29年土地台帳のエクセルファイルの修復と作付け計画をするために事務所に行きました。でもいつものようにパソコンの電源を入れるがエラーが出て立ち上がらず。何度か繰り返すが終いにはまったくキーを受け付けなくなった。困ったのだが原因が、昨晩、消防全国大会のビデオを2台繋いだままだったのがエラーの原因かも?と思い全部外してリセットしたら動きました。やれやれ初っ端からスタートが遅れたが気を取り直してデータの修復と作付け計画と入力した。しかし作付け面積が5haほどのズレが生じている。これは、どこかがおかしいと思い28年のデータと付き合わせて見るとやはり微妙に間違っている。そこで28年と29年のデータを比べながら必死に修復をしていたらパツン!とエクセルが突然飛んだ(ToT) げぇ~~~!と思ってしばらく放心状態。しかしなんとかしようと再立ち上げすると10分前の自動保存があった。そこでなんとか大変だったが10分だけ修復して作付け計画が完了。まだ良く見ないと間違いがあるかもしれないがとりあえず元データは、出来た。午前中いっぱいこの作業と平行して消防全国大会のビデオ編集とDVD作成をしたら疲れてしまった。午後は、モトGPの録画を少し観てからプチツーに出た。もう餅つきも始まるとそうそうロングでは、出れないと思うので少しでも年内に乗っておきたかったのだ。まあ良い気分転換になりました(o^-^o)

ちょっと気分転換にプチツー、、もう乗れる日曜日は少ないだろうなぁ~(* ̄▽ ̄*)
ホンダNM4-01

先日の全国大会のDVDを編集しました、、小型の優勝チームが撮れませんでした(×_×)
第25回全国消防操法大会

 素晴らしい秋晴れに恵まれての白銀幼稚園の稲刈りでした。

 今日は、朝から白銀幼稚園の稲刈り。でも子供達の目的は、「カエル捕り」です。もう林さんちの田んぼに来るといつも夢中になって追っかけています。「白銀幼稚園の稲刈りはカエル捕りに夢中です。2016」動画 今回も虫かごに一杯のカエルを捕獲。でも園に持って行ってもエサの供給が足りないので痩せてしまいます。可哀想なので結局近くの玉川公園に放されます。あとは、ポケットに隠し持ってマンションへ持ち込もうとする子供もいたりして大騒ぎな白銀幼稚園の稲刈りです\(^o^)/

白銀幼稚園の稲刈りの開始です、、素晴らしい秋晴れです
白銀幼稚園

白銀と言えば「カエル捕り」、、捕り過ぎやろ(◎_◎)
白銀幼稚園

これを金沢市の中心街の園で稲架干しします、、とっても目立ちます(o^-^o)
白銀幼稚園

そして高級車で皆さん帰って行きました、、田んぼに落ちないよ~に!
白銀幼稚園

想定外の好天でした!

 朝、5時15分出発で長野市のオリンピックスタジアムでの開催された。第25回全国全国消防操法大会に行きました。これで、全国大会には、出場した六年前を含めると五回目になる。まあビデオ撮影が主な任務だが大会に実際に行って傾向と雰囲気を知るのが大きいと考えています。全国を知らねば県大会は、制することもできないと考えてせっせと観に行っています。
2011014083950.JPG20161014125246.JPG

 お天気の良いうちにいろんな仕事を平行で行います。

 稲刈りが終わった瞬間から始まる来年の米作り。まずは、土作り資材散布から始まりますがその機械が「ブロードキャスター」というハイカラな名前です。この機械は、「土作り資材や肥料散布の機械はプルプルと可愛いです。2016」動画というように本当に動きが可愛いです。それでも左右に5~6mは、軽く飛ばせますしタンクには、最大で400キロも入るので効率的です。この機械で大量散布が必要な資材や肥料を撒いています。そしてもう一つの土作り資材が「アイデンカルス」です。これは、カルス菌と呼ばれる菌に籾殻やワラを食べてもらって「土中堆肥」を作ってもらいます。超普通じゃないコシヒカリ 女王さまミルキークィーン 普通じゃないコシヒカリに散布します。そして今日で大豆刈取が終わりそうです。「 林さんちの大豆コンバインは平成元年製のレトロマシンです。2016」動画を見ると分かりますが古い大豆コンバインがやっとかっと動いています。とても新車を買う余裕は、ないので末永く動くことを祈っています。

土作り資材散布は、ブロードキャスターという機械で撒きますo(^o^)o
ブロードキャスター

次の土作り資材「アイデンカルス」が届きました、、o(^o^)o
アイデンカルス

 嵐を呼ぶ藤蔭幼稚園です。

 朝の天気予報では、11時から雨マーク。でも今日は、藤蔭幼稚園の稲刈りです。もう絶対にやると決めている。集合が10時40分なのでなんとかなるだろうと思っていました。ところがやはり記念撮影に時間がかかりました。なにせ3クラス×保護者も入れてのバージョンで計6回の撮影。しかもなかなかうまく並べないので大変です。結局、稲刈り開始が11時過ぎでしたが今年の藤蔭幼稚園の園児は69名と多い。さすがに稲刈りのスピードが速くてあれよあれよと言う間に刈れて行きます。しかしついに半分ほど刈った時点でかなり大粒の雨がバラバラと降って来ました。こうなると私も参戦して全開で稲を縛って行きました。そしてなんとか11時半には、終えることが出来ました。その直後から雨が激しくなったのでギリギリセーフでした。まあ以前、土砂降りの中で雨ガッパを着てやったことを思うと大したことありません。全天候型の藤蔭幼稚園ですから(o^-')b

雨のカーテンが近づく中で稲刈りの指導です、、o(^o^)o
藤蔭幼稚園

途中でポツポツと雨が来ました、、急げや急げ!
藤蔭幼稚園

藤蔭っ子と林さんちの稲、、楽しそうです(o^-^o)
藤蔭幼稚園

帰る頃には、雨が激しくなりました、、ギリギリセーフ!
藤蔭幼稚園

 一気に秋作業を進めています。

 ようやく秋晴れがやって来ました。今日から大豆の刈り取りと土作り資材散布を開始しました。この天気もいつ崩れてしかもそれが長くか分からないので全開でやります。ところが、今年の大豆の品質が良くありません。まず粒が小さい、そして着色も多い。大豆を見ると鞘がシワシワです。夏の猛暑でほとんど雨が降らない時期があって干ばつ状態。そうなると大豆が育ちません。ところがお盆過ぎから一転して雨ばかり。雨で鞘がカビて中の大豆に色が付いてしまったようです。畑作モノは、天候に大きく左右されるのでやはり難しいです。そして林さんち始まって以来初めての大豆共済を申込ました。これは、作物に掛けている保険ですが全額補償されるわけでないのでかなり痛いです。さらに心配しているのが林さんちでの販売分が果たして確保できるのかどうか?野々市市の給食に使ってもらっているので心配しています。そんな秋作業全開中の中、とくの幼稚園のf脱穀に行って来ました。「足踏み脱穀の仕方・とくの幼稚園編です。2016」動画

大豆の刈り取り開始です、、一気に刈れますよ~に!
大豆

しかし今年の大豆の品質と量が思わしくありません、、鞘がシワシワ(ToT)
大豆

土作り資材の「スーパーけい酸」の散布も同時に開始です
スーパーけい酸

 野々市シャルソンの3回目の参加です。

 昨日の午前中に野々市シャルソンが開催されていました。私は、横須賀にいたので夢太と妻と社員さんにお願いして出かけました。天気予報では、雨だったので心配だったので夢太にどうだったとLINEすると「まぁまぁ」という答え。これがLINEの受け答えなんだろうけどまったく様子が分からない。再度詳しく聞くと追加でオニギリを作るほど盛況だったようです。フェイスブックの投稿を見ると最初は、雨で会議室、雨が上がってから外といろいろと苦労していたようです。来年は、私が居るときにやってね(o^-^o)

林さんちの野々市シャルソンの看板、、雨で凸凹( ̄○ ̄;)
野々市シャルソン
2016年10月09日

 順延が成功して秋晴れの中、とくの幼稚園の稲刈りをしました。

 昨日も可能だったけど今日は、よりお天気も良くて結果的に順延は、正解でした。とくの幼稚園は、松任園と津幡園があるので両方の保護者と園児に説明するので4回の実演をします。ちょっと二日酔いでしんどかったけど子供達も保護者もちゃんと説明を聞いてくれて無事に稲刈りが出来ました。そして忘れちゃならないのが記念撮影。以前、稲刈りが終わった後に記念撮影したら肝心の稲のない切り株ばかりの田んぼがバック。これじゃ意味がないということで稲刈りの時は、必ず稲刈り前に撮影するようにしています。掛け声は「いねかりぃ~~!」です。春先の田植えの時は、田植えをする時間より時間がかかっている記念撮影ですが年長さんも慣れたのか素早く終わりました。子供達の成長が感じられる場面でもあります。

田んぼ1面の稲がみるみる刈り取られて行きます、、早い!
とくの幼稚園

赤ちゃんだっこで稲を運びます、、o(^o^)o
とくの幼稚園

稲刈り前にしっかりと記念撮影をします、、\(^o^)/
とくの幼稚園

 台風一過ですがさすがに風速40mは凄かった。

 台風18号は、昨晩の21時に石川県に再接近。自宅待機していましたが凄い風の音でボロイ林家では、家が時々揺れていました。そして再接近後に温帯低気圧に勢力が衰えたので安心して寝ました。そして一夜空けてみると田んぼにあった籾殻の山が綺麗になくなっていました。どうりで昨晩会合に向かう際の道路が籾殻嵐になっていました。そして林さんちのコイン精米機横の米糠ハウスの窓ガラスが割れていました。そしてふと目を富陽小の稲架干ししたプールにやると「ありゃ~~~(◎_◎)」 せっかくの稲架干しが悲惨なことに。用務員さんが二人で片付けしていましたが子供達がいない。聞くと「合宿に今日の朝出て行った」とのこと。あらあらこっちの台風対策は、怠ってしまったようです。昨年は、台風が来る度に結局2回片付けては干す作業をしたそうです。今回は、合宿やらなんやとタイミングが会わなかったのでしょう。まあ子供達には、自然の猛威を知る良い学びになる出来事です。でも40mを超す風で意外に稲架干しが飛ばなかったと思います。ほとんど全滅になっても仕方ない状況だったと思います。

台風再接近3時間前の午後6時、、不気味だけどとても綺麗な夕焼けです(o^-^o)
夕焼け

無残にも富陽小の稲架干しがこんな状況に、、まだ全部飛ばなかっただけマシか(* ̄▽ ̄*)
富陽小

 痛恨のミスをやってしまった。

 昨晩、仕事を終えて自宅に戻ろうとしたら意外に風強い。外には、パレットが20枚ほど山にして放置してあった。おそらく台風18号対策でまとめて置いてあったのだがこれがユラユラしている。こんなん倒れたら大惨事やと思ってチャベチャベとフォークリフトでライスセンターに移動を開始。ところが種類の違うパレットが積まれていて一枚が飛び出ていて距離感を誤ってしまった。しかもそれが2枚目だったのでギリギリ寄せたつもりが米袋に突き刺さってしまった。嫌な感覚があったのでそぉ~~と見るとお米がドロドロと出て来ている。しかも2段積みの一番下だったので下手するとバランスを崩して倒れてしまう。慌ててガムテープだらけにして止めました。でももう本当にガックリしてしまいました。56袋1.5トンを全部積み直ししないといけません。このことを社員に言うと嫌な顔するだろうなぁ~と想像するといっそのこと一人で積み直ししようか?と思ってもみたが腰を痛めてさらに迷惑をかけるのがオチと諦めました。そしての今日の朝に弟にいうと予想通りの反応でした。でも積み直すしかないので中学生3人の力も借りてみんなで頑張りました。まあやればあっと言う間で終わったので助かりました。久しぶりに米袋にフォークリフトに穴を空けて脱力100%の経験でした。

フォークリフトでやってしまった、、しかもパレット2段積みの一番下(×_×)
カグラモチ

わくワークの中学生達にも頑張ってもらい積み直し、、良かった(ToT)
カグラモチ

 託児のシステムは食育授業の重要ポイントと感じました。

 午前中に加賀市育児サークル連絡協議会ぴよぴよ・かが講演会に食育授業に行きました。この講演会は、1年越しで話があった企画でようやく実現できました。会場は、子育て世代の若いママ達で熱気ムンムン!いつもの食育授業とは、ずいぶん違っていて私も気合い十分で臨みました。やはり食に関する不安は、子育て世代のママ達が一番あると感じました。でも小さな子供がいるとなかなか出かける機会もない。しかし今回は、託児をしてくれる講演会で多くのママが来れることが出来たと思います。こういう取り組みに関して今回は、農林水産総合事務所も支援してくれていて良かったと感じました。一番、聴いて欲しい世代を呼ぶためには、託児というシステムはとても有効だと思います。しかしそれには、費用がかかる場合もあります。そんな細かい支援がこれからの食育を大きく進めてくれると感じた1日でした。終わった後の昼食会でもママ達の生の話を聞けて良かったです。どうしても食の不安から突きつめて考えてしまい逆に「心が病む」状況に陥りがちです。そんな時、私のお笑い系百姓のことを思い出してチャーミングに取り組んでくれると嬉しいです(o^-^o)

素晴らしい飾りつけ、、似顔絵が超似てる!
加賀市育児サークル連絡協議会ぴよぴよ

 天気予報に翻弄された秋でした。

 8月14日という林さんち史上最速で始まった稲刈り。昨年より2日早い10月3日で終了しました。「林さんちの稲刈りが無事終了しました。2016」動画。自作地43ha、作業請負4ha、合計47haという史上最高栽培面積の稲刈り。果たして刈り遅れなく刈れるのか不安なスタートでした。ところが初っ端から台風の連続攻撃を受けてしまいました。そしてその後の秋雨前線の停滞で天気予報が雨マークばかり。ところが日曜日が晴れマークが付いていることが多くて仕方なく日曜出勤をすること3回。そんな努力のおかげで雨の合間を縫って稲刈りが出来ました。特に、10月9、10日に雨の間隙を縫って紙マルチ栽培の超コシと女王さまミルキーを刈れたことが大きかった。その後の宇宙米、普通にミルキーとこれまた雨の隙間でなんとか刈り切った。もしこの4種類のお米の刈り取りが少しでも遅れていたら今頃真っ青になっているところでした。今年の稲刈り期間中に日本を直撃した台風の数6個。2008年に10個という記録がありますが、その時の稲刈り終了日は、10月4日。でもその時の面積が自作地34ha、作業請負8ha、合計42ha。当時、すでに私のコンバインは、AR70でしたがもう1台のコンバインの性能が低くてこれぐらいの時間がかかっていたようです。さらに作業請負が多いとどうしても効率が悪くてペースが落ちます。最近は、この作業請負の田んぼが自作地に移行することによって効率も上がって来ているのかもしれません。でももう7個目の上陸する台風18号が直撃ルートしかも日本海側を回りこむ最悪ルートで近づいています。台風の目の右側が石川県を通過すると一番危険です。霊峰白山も盾になってくれません。なにとぞもっと逸れますよ~に!

2016年の稲刈り終了、、いろいろあったけど頑張りました
カグラモチ

あとはひたすら籾摺り、、でも午後は代休でした(o^-^o)
カグラモチ

 秋雨前線の合間を縫って日曜出勤で稲刈りをしました。

 先週の天気予報では、日曜日も午前中のみ曇り、月曜日も同様だったのでみんなで相談して日曜出勤で稲刈りを敢行。先週も日曜出勤させているので私としては回避したかったが雨で稲刈りが終わらない事態は、もっと避けたい。苦渋の判断で日曜出勤をしたが天気予報は、完全に外れて超秋晴れ!しかも明日の天気も曇り時々晴れになっている。これじゃ日曜出勤の意味があったのやら。まあおかげで明日の午前中で稲刈りが終わりそうです。一時は、どうなるかと思ったが助かりました。

完璧な秋晴れ、、日曜出勤の意味があったのかなかったのか?
カグラモチ

AR70でも今期の稲刈りが終了しました、、明日はER467で締めます
クボタAR70

 台風と秋雨前線の合間を縫いながらようやくここまで来ました。

 朝方は、昨晩の激しい雨で稲が濡れていて稲刈り出来ませんでしたが10時半には、稲刈り開始出来ました。遠方のカグラモチの田んぼは、どこも大規模区画なので刈り始めれば速い速い。特に2台で刈ると一気に乾燥機4台を一杯に出来るので逆に気をつけないとオーバーしてしまいます。早々に1台を止めて残りは、私のコンバインで調整します。それでも16時には、一杯になって撤収。しかし天気予報を見ると月曜日から早く雨、、(ToT) そこで結局日曜出勤が決定。そして残りが2ha。しかし稲刈りを優先して籾摺りをしていないので乾燥機が3台空けるのが精一杯。半日だけ出勤して乾燥機3台分刈って残りは、月曜日の午前中に賭けることになりました。でも天気予報が、見るたびに変わっていて月曜日、火曜日も曇りで雨が降らないことになって来た。う~ん女心と秋の空とは、よく言ったものだ。来週も稲刈りできるなら無理して日曜出勤しなくて良いのでは?とちょっと頭をよぎるがやはり刈れる時に刈っておかないといつ雨が降るかもしれない。はぁ~~最後の最後までお天気に振り回された秋になりそうです。最後くらいは、キッチリ決めたいので予報通りのお天気でありますよ~に!

ススキが秋の風情です、、もう気づけは完全に秋です
カグラモチ

ようやく先が見えて来ました、、(ToT)
カグラモチ