コシヒカリ稲刈りラストスパートです・愛機AR70から籾が漏れるトラブル発生です

 要注意の田んぼをクリヤしました。

 今日、一昨年の同じ日に愛機AR70がオシャカになるほどの大事故を起した田んぼを刈りました。ここの田んぼには、なぜか電柱が斜めになっているところがあります。この斜め電柱に、激しくターンでコンバイン後部をぶつけて排ワラカッターがもげてしまったのです。その時は、もげたカッターを見て眩暈がしましたがなんとピンポイントで有り得ない角度で当った結果、そのまま上に抜けて落ちただけという奇跡的な事故でした。もう壊れてしまって使い物にならないかもと真っ青になっていましたが2時間後、なんとそのまま搭載し直して修理できました。今もその傷跡を見る度にその時のことを思い出します。つくづく幸運に恵まれた事故でした。そして今日も全開で稲刈りをして乾燥機4台満タン。明日は、小作料現物つまり年貢米の配達なので夢太に残った7枚半でコシヒカリ完全終了です。

この田んぼに来るとなんだかソワソワします、、( ̄○ ̄;)
クボタAR70

 最近、稲刈りをしていると籾がこぼれるトラブルが発生。脱穀のタイコ部分?2番スロアー?といろいろと疑いましたがなんと揺動盤とボディーの隙間をなくす樹脂が何箇所か欠けてました。これを直すには、揺動盤を抜かないといけないので次のカグラモチまで直せるのろうか?それといつ欠けたのか?かなり籾をロスしていたはずだが。実は、刈取部に付いているゴム部品も欠けている。こういう機械系のトラブルで多いのがこういうゴムや樹脂の磨耗やヘタリです。まあ人間で言えば、軟骨のような部品ですからこれがないとスムーズに動きません。なんとか直して欲しいです。

愛機AR70から籾がこぼれるトラブル、、コシヒカリ終了で点検中
クボタAR70

調べると揺動盤の横の樹脂が破れていました、、これって簡単に修理できるの?
クボタAR70

CANON・G9Xのデジタルズームを最大で白山を撮ってみた、、綺麗(o^-')b
CANON・G9X
このエントリーをはてなブックマークに追加