普通じゃないコシヒカリに穂肥えを緊急散布しました・ハクリョク張りを舐めていました

 意外な大変さに死にました(×_×)

 4月17日の爆弾低気圧で破れた倉庫代わりにしていた3番ハウスの後部に前部と同じハクリョクシートを張ろうということになりました。これで1番と3番は、完全に倉庫として使用出来ます。このハクリョクは、昔はシルバーシートを使用していたところ劣化が激しくて表面がガサガサになります。すると雪が積もると滑らずにその重みで潰れるという事態になりました。その反省でもっと良い素材は、無いかと探したらハクリョクシートを紹介されました。このシートに替えてからは、雪で潰れることも無くなりました。そして3番ハウスだけは、前部半分だけハクリョクで後部は、通常のポリのままで使用していました。ハクリョクを張ると完全に中が真っ暗になるので一部ポリで良かったのですが爆弾低気圧に耐え切れずにボロボロになってしまいました。一部後部のツマ部分も壊れてなので修理はしましたがハクリョクを張るのは、後回しになっていました。ところが昨日、わくワークのおかげで切りよくハウスバンドの作業が終わったのでついでにやろうと言う事になって気楽に始めました。ところがいざ張って天井のビニペットのスプリングを入れようとしたところ滑ってまったく歩けません。今まで3枚張って来たけどこんなに滑ったことはありません。ツルツル滑るハクリョクの上を這いつくばりながらほふく前進でスプリングを入れて行きましたがたった20mで体力を完全に消耗してしました。いやぁ~こんなにシンドイとは思いもしませんでした。でもこれで本格的な梅雨前に春の懸案事項は全て終了です(o^-')b

ハクリョクのスプリング入れ、、こんなに過酷とは( ̄○ ̄;)
ハクリョク

 普通じゃないコシヒカリが、昨日の穂肥え巡回ですでに穂肥え散布の適期と分かったので緊急に穂肥え散布を開始しました。この普通じゃないコシヒカリに穂肥えは、3回に分けて散布しますがやはり1回目のタイミングが大事です。まさかこんなに早くなっているとは気づかなかったので上手く撒けて良かったです。

 そして県大会へ向けての操法練習も順調に行っていますが関係者やOBの激励や差し入れをたくさん頂き感謝しています。昨晩は、OBの農家の福来園の福田さんが実家のお母さんとで夏野菜の料理をドッサリと差し入れしてくれました。どんどんと練習で体力を消耗して行くので美味しいそして栄養タップリの消防メシは本当に助かります。その気持ちに応えるような成績を残したいですねo(^o^)o

緊急・穂肥え散布開始、、普通じゃないコシヒカリの第一回目の肥料散布ですo(^o^)o
普通じゃないコシヒカリ

散布するのは肥料だけじゃないのが林さんち流です(⌒‐⌒)
普通じゃないコシヒカリ

操法練習、、関係者及びOBの皆さんのおかげで順調です
操法練習
このエントリーをはてなブックマークに追加