2016年7月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 なんにもする気がしません。

 昨日の野々市じょんから祭りでのハシゴ登りは、第2分団は、県大会で出来ないので第4分団に託しました。でもせめて纏振りだけは、参加しようと私ともう1名で駆けつけました。このじょんから祭りは、毎年この時期に2日間開催されます。その警備を野々市市の4つの分団で分担していますので1年ごとにその担当が回ってきます。今年は、幸いに警備無しの年だったので県大会終了後に打ち上げが出来ました。でも警備ありの年に県大会が重なると終了後に全員で駆けつけて夜10時半まで警備の任につきます。でもそんな年に限って成績が悪くて肉体的も精神的にも参っている中の深夜までの警備は、堪えます。最下位になった時の警備で酔っ払いに絡まれて酷いことを言われて本当に泣きっ面に蜂のこともありました。今年は、良い成績で楽しい打ち上げそして今日は、何にもない日曜日。朝から茶の間で鈴鹿の8時間耐久レースを観戦しながらうつらうつらしていました。幸せな時間を過ごせました。

野々市じょんから祭り、、4分団のハシゴ登り
野々市じょんから祭り

 操法の神様がついに微笑んでくれました。

 敢闘賞を頂きました、、石川県消防操法大会の出場隊18中上位4~8位に与えられる賞です。この賞がとにかく欲しくて10年前の初出場から頑張って来ました。でも転んだり失敗したり、上手く行ったと思っても得点が低かったり。ことごとく操法の神様に嫌われて来ました。今年は、我々の操法をすることだけを考えて臨みました。そして操法自体は、我々が思う出来とは、行かず終了後は、うな垂れていました。ところが意外な得点に驚いているうちに最後は、4位に留まってくれました。一口で10年と言うけどこの10年は、長かった。本当に長かった。膨大な数の選手、分団員、関係者が関わって来ました。そして膨大なエネルギーを費やしては、最下位を何度も経験して泣いて来ました。今回は、その関わってくれた方全員に感謝の気持ちで「ありがとう」と言いたいです。 

ついに敢闘賞を受賞、、10年かかった(ToT)
第64回石川県消防操法大会

 念ずれば花開く。  8月4日に新しいパンフレットの撮影を控え、今日は、デザイナーさんとプレ撮影と打ち合わせ。ところが今回の撮影のメインが「ちゃぶ台」、、でも今時そんなモン無いし。ネットで売っていたが高い!仕方ないので板を丸く切ってテーブルに似せようとしたり、やはりそれではクオリティーが低いから止めてただの白い紙にしよう。と二転三転していたが夢太の奥さんのおばあちゃんの家にちゃぶ台があるというのです。え!どんなん?と聞くと何やら中華料理店のように真ん中に回転テーブル付きというのでちょっとダメかなと思いつつ。撮影して来てもらったら意外に行けそう!そこで今日の朝、急遽取りに行って撮影に間に合わせました。すると意外にマッチして良い感じです。やはり思いって通じるんやね。

ちゃぶ台発見、、なんと夢太の奥さんのおばあちゃんの家にあった!
ちゃぶ台

パンフレットのプレ撮影、、いい感じ(o^-')b
パンフレット

 草との戦いに明け暮れています。

 気温35℃の中、自然栽培米「林さんちの宇宙米」を初め林さんちの無農薬米の草刈りをしています。最近、無農薬の田んぼが増えて来たので農道や畦に除草剤を使いません。スタッフの負担もずいぶん増えて来ているのも事実です。でも夏の草の成長ってハンパないですね( ̄○ ̄;)

林さんちの宇宙米の草刈り完了、、でもすぐ伸びます(* ̄▽ ̄*)
林さんちの宇宙米

 草刈りに勤しんでいます。

昨晩、大阪出張からトンボ返りで操法の練習に合流しました。もう練習日も限られているがなかなか上手く行かずに凹みます。そんな私の気持ちとは関係なく田んぼの草刈り草取りにみんな出動しています。

紙マルチ田植えの田んぼの草刈り中、、稲刈りまでもうそんなに日がありません
紙マルチ田植え
2016年07月26日

 連鎖反応?で激励会はうまく行きませんでした。

 昨晩、大雨洪水注意報が発令されて小雨が降る中、野々市市消防団の第64回石川県消防操法大会に向けての激励会がありました。決意表明のためにシッカリと原稿を書いて練習して臨んだのですがエライ人を前にしてセリフが飛んで真っ白。おかげで膝もガクガク、、後ろの選手達もそれを見て冷や汗。そんな分団長の緊張が伝染してその後の操法もダメダメでした。まさしく私の責任です。当日は、自然体で臨みます。確か最近でこんなに酷かったのは、夢太の結婚式での挨拶。原稿をギッチリ書いていくとどうもダメみたいです。食育授業のようにほとんどアドリブで話す方が上手く行くと認識しました。

激励会の決意表明でセリフが飛んで真っ白中、、(×_×)

激励会

分団長がカミカミなら操法もダメダメでした、、(ToT)
激励会

 着々と稲刈り前の作業が進んでいます。

 ようやく田植えに使った苗箱が納屋の2階に全部収まった。本当は、現在最後の草刈り草取りに出動しているのでそっちを優先したかったのだが雨の予報に朝イチで行いました。苗箱が雨で濡れると階下の休憩所に雨が降るのです。私は、もう7月30日の第64回石川県消防操法大会の準備で頭が一杯です。今晩は、白山野々市消防団の激励会があるのでその決意表明の原稿も考えないといけません。毎回、新聞に掲載されるので舐めたことも言えんなぁ~(* ̄▽ ̄*) ところでずいぶん前から分かっていたのだが林さんちの田んぼに駐車場に掛けたと思われる除草剤が掛かっていました。最初は、葉っぱが少し枯れただけだったのが恐るべし完全に枯れ始めた。しかも犯人が分からないのだ。駐車場を借りている保育園に聞いたが違った。じゃあということで地主さんにも聞いたけど違った。じゃあ一体誰が撒いたんだ!一度あることは二度あるので犯人に注意をしたいのです。ちなみに600枚も田んぼがあると毎年何枚かこの手の被害があります、、(ToT)

1万箱の苗箱が片付きました、、7月中に終わって良かった
苗箱
誰や!除草剤を撒いたんわ、、(-_-#)
除草剤

 虫送り祭りは、なんとか無事終わりました。

 昨晩の虫送りは、富奥地区の人口増加もあってすごい人出で盛り上がりました。昔は、こんなに人がいなかったと思います。虫送り実行委員会の方々の尽力もあって運営も準備も完璧でした。でも今年もデカイ松明で警備の消防団としては、かなり危機感を持っていました。それなのに子供達を伴っての町内が多くて下げるのに一苦労。太鼓は、とにかく松明の近くで叩きたいと近づくのですが点火すると一斉に下がります。その時に後方の子供達を巻き込みそうで怖い。子供達は、点火後の太鼓の動きを知らないのです。私達が子供の頃は、危ないことを知っていて大人達が呼ばないと近づかなかったものです。案の定、燃えている途中で折れて垂れ下がってその火の子が太鼓の叩き手や観客に降り注ぎました。でもそれは、予め途中で折れて倒れないようにしてあった部分でした。しかしその後もその折れた松明が落ちてくるのじゃないかとヒヤヒヤで上ばかり見ていて首が痛くなりました。でも無事に「勇壮な虫送り太鼓です・15mの大松明に点火!2016」動画が終了しました。ところがその後の消火活動のために待機中の我々の上にその大松明が倒れて来たのです。私の横にいた分団員のスレスレの位置にバッタンと落ちて来ました。まさかあんなに太い竹で組んだ丈夫な櫓部分が崩壊するとは思いもしませんでした。油断大敵、、来年はもう少し離れて待機しますo(^o^)o

20時の点火に向けて虫送りの火文字をくぐって会場に進入
虫送り

大松明を囲んで乱れ打ちです、、凄い迫力です
虫送り

今年もデカイ15m、、この後大惨事寸前に( ̄○ ̄;)
虫送り

 社会現象のポケモンGOにはやはり乗っかりたい。

 昨日からなんとかポケモンGOをしたくてネクサス7にアプリをダウンロードしようとするがアンドロイドのバージョンが低くて出来ない。しかも一気にバージョンアップできないので何度も更新を繰り返しながらなのでなかなか目標のバージョンまで到達できない。今朝にようやくたどり着いて自宅でダウンロードを始めたので安心して会社にいたら夢太がポケモンGOのアプリをダウンロードして持って来てくれた。なにやた本当は、ネクサス7では、使えないらしいが裏技を使ったと自慢していました。まあそんなことは、どうでもいい。とにかく使ってみようとしたがやはりオッサンには四苦八苦でした。「初めてのポケモンGO。林さんちはジムです・2016 』動画。そしてよく調べたら林さんちは、ポケモンGOのジムでした。つまりポケモンを戦って鍛える場所でポケストップは、藤平神社にありました。でもさっそく行ってみたけどポケモンを発見出来ず。はぁ~んこうやってハマッって行くのですね。そしてフェイスブックのお友達からは、ジムならテントを立てて集客に役立てたら良いとか、ジムであることを示す看板を用意した方が良い、と言った助言をもらいますがお米屋さんの林さんちでそんな手が通用するのでしょうか?とても私じゃ太刀打ちできないので夢太に「オマエやれ!」と指令はしておきました。するとどこかに奥さんとポケモン探しの旅に行ってしまいました(* ̄▽ ̄*)

ポケモンGOをようやくスタートです、、苦労したわ(* ̄▽ ̄*)
ポケモンGO

ネクサス7のアンドロイドをバージョンアップ、、何度も更新してようやく5.11にしました
アンドロイド

 気づけば大豆が大きくなっていました。

 予想通りに梅雨明けをしていました。だって雲が夏仕様なんですもの。そしてそうなると間断通水を田んぼにしなくてはいけないのでしばらくサボっていた水回りを再開。ところが先日から愛機フォルツアのフロントブレーキから「シャラシャラ、、」と異音がします。どうみてもブレーキパッドが磨耗して直接部品がディスクに当っている音です。昨夕の水回りを終えて帰社後に、林さんちのスーパーメカニックに確認してもらうと予想どおりパッドが磨耗して無くなっていました。しかもディスク盤自体が削れて薄くなっていました。その磨耗限界が3.5mmなのに計ると2.9mmととっくにオーバーしていてアウト。だから今日の朝は、リアブレーキのみでの水回りでした。まあ止まるには止まりますがキレの無い走りです。さっそくバイク屋さんに修理を頼んで部品交換をします。これぐらいの修理は、うちのスーパーメカニックも出来るのですがスクーター特有のフロントとリアのブレーキが繋がっているインテグラブレーキなので何かあったら困るということでプロに頼みました。子供達には、ピカチューバイクとして有名なフォルツアだがせっかくのポケモンGOの配信に合わせて修理です。次の間断通水まで直って欲しいです(⌒‐⌒)

 その道すがらにある大豆畑をふと見ると相当大きくなっています。外から見ても分かりませんがもしかして花が咲いている?と思い中に入って葉っぱをまくると咲いていました!しかも本当に小さくて可憐な5mmほどの花です。こんな小さな花からあんなに大きな大豆が出来るのですから不思議です。

大豆の可憐な花、、本当に小さいんです直径5mm!
大豆

いつの間にかこんなに大きくなっていました
大豆

愛機フォルツアのブレーキがぁ~~、、パッドもディスクも磨耗してました(×_×)
フォルツア

 幼稚園がもう夏休みなんてすっかり忘れていました。

 毎年、田んぼのフェスティバルのチラシを幼稚園に配るのだが今年も夏休みってことを忘れていました。米作り体験学習をしている幼稚園児は、200人以上います。せっかく子供達用のぬり絵コーナーもあるのに肝心の子供が来なければ無駄になります。昨日、昨年来られた白銀幼稚園の卒園児とお母さんがお店に来られて「今年も田んぼのフェスティバルあるんですか?」と聞かれてハッと気づいた。でも時すでに遅し、どの幼稚園に聞いてもすでに夏休みに突入してさらにお泊り保育で今日明日は、不在とのこと。結局、誰もいない寂しい幼稚園を回ってチラシを置いて来ました。でもまだまだ日もあるし夏季保育もあるとのことなのでたくさんの親子に来て欲しいなと思います(o^-^o)

田んぼのフェスティバルのチラシ配り、、でもどこも夏休みで子供いない(×_×)
田んぼのフェスティバル

 林さんちに新車の軽ワゴンがやって来た。

 先月に林さんちの配送者のスズキエブイリイが壊れてしまい修理に出したがあえなく廃車。どうも冷却系が壊れていて度々焼きついていたらしくエンジンのダメージが酷すぎました。それから中古の軽ワゴンを探しましたがどれも程度が余りよくありません。この手の商用車は、走行距離も伸びているし最後まで使い切るので中古では、なかなか良いモノがありません。たまに合っても結構な価格になります。一台ちょうど良い中古を見つけたのですが色がブラック。私は、ブラックでも走る分には、別に気にしなかったのですが社内で大反対に遭いました。ブラックだとお祝いのお餅等の配達に似つかわしくないと言うのです。仕方ないのでまた探し始めるもなかなか無い。あんまり配送車が無い状態が続くと業務にも支障が出て来て結局のところ新車を買うことに落ち着いた。新車を買うならダイハツ車にすることにしました。林さんちにある唯一のダイハツのダンプがとても乗りやすいし社内にいろいろな工夫があって使いやすいのです。今回のハイゼットにもドリンクホルダーや小物入れがいろいろあってナイスです。これで今期は、社長車ヴェゼルとハイゼットで新車ラッシュになってしまいました(o^-^o)

ダイハツ・ハイゼットカーゴ、、これからの林さんちを支えてくれ
ハイゼットカーゴ

 梅雨明け?と思うような好天にカグラモチへ穂肥え散布です。

 先週から見え初めていたカグラモチの幼穂。今日は、満を持しての穂肥え散布です。カグラモチに使う肥料は、化学肥料と有機肥料のハイブリットでしかもコーティングされて少しづつ溶解するタイプです。でも肥料の効きが割と早いので幼穂は、8mm程度まで伸ばしてから散布します。あまり早いと倒伏に強いカグラモチなので倒れはしないがやはり茎や葉っぱに栄養が使われてしまい実に行かないのでやはり適正なタイミングで撒きたい。ただしこのカグラモチの肥料は、コンパクトなので10a当り30キロ散布でも一度に肥料タンクに入るので一発で散布する必要があります。だから散布ムラには、かなり気を遣いながらの作業になります。今日は、風も弱いので絶好の散布日和です。

カグラモチの穂肥え散布を開始、、まずは子供達の田んぼから(o^-^o)
カグラモチ

 お天気も良いし消防の練習もないし今日ツーリング行かずしていつ行くの?今でしょ!

 てな訳で朝からゴソゴソと準備して白山一周ツーリングに出発。久しぶりにロング?で走るので準備もいろいろある。まずは、ネクサス7でルート検索。前回は、左回りだったので今回は、右回り。そして前回は、ずっと一般道だったが今回は、東海北陸道を使うのでETCカードを初装着。動画撮影用に外してあったタブレットのホルダーをハンドルに取り付けて電源ケーブルをセット。お茶をいつものようにペットボトルに移して保温ホルダーに入れて愛機ホンダNM4-02のフロントカウルの専用ケースにイン。なんと500ccのペットボトルが楽に縦に入るのです。あとは、もしものことを考えて田んぼの雨合羽をリアのバッグに入れて出発。高速道路は、快適だがやはりNM4のライポジだと100前後が限界。まあその分、あまり飛ばさないので安全です。あと驚いたのが燃費、、前回はリッター35キロと凄い好燃費で驚いたが高速では、リッター28キロと意外に伸びない。白山一周は、前半部分が登りということもあるが高速道路だと普通燃費が伸びると思ったが違うようです。おかげで11リットルしか入らないタンクなのでひるがの高原SAでリザーブになってしまい給油しました。でもこのリザーブがなんと4リットルもある。以前、このことを知らずリザーブになってからガソリンスタンドが無くて冷や汗を掻きました。まあ4リットルもあるのでゆうに120キロは走れるんです。ちょっと大容量過ぎるリザーブです。そして結局、帰りの下りで少し伸びたが31キロでした。やはり750ccにしては重くて大きな車体で空気抵抗が大きいのだろうか?でもまた次回の白山一周の楽しみが増えました。次回は、また一般道で走ってみようっと。そしてツーリング自体は、288キロを5時間かかって一周した。途中で昼食を食べようとしたが以前あった白峰付近のお店がことごとく閉まっていて入れず。そして瀬名の道の駅に行くもどこも満員。結局、すいぶん自宅に近い8番ラーメンでようやく食べれた。次回は、昼飯を食べなくても良いようにもっと早く出ましょう。そしてなぜかタイヤの右側がよくバンクしてました。やはり右回りだから?

ひるがの高原SAにて、、いやぁ~~お天気最高です(o^-^o)
ひるがの高原SA

 あの幻?の第七ギョーザを腹いっぱい食べました。

 連休に突入しましたが消防三昧の週末です。昨日の午後には、消防学校での他の分団の操法練習を見学。練習方法も操法自体の解釈もいろいろとあって勉強になります。まあ我々は、それに惑わされずに自分達の操法をするだけです。そして昨晩の消防メシは、副分団長が買って来てくれたあの第七ギョーザでした。トン汁は、手作りでしたがまさしく第七ギョーザのコピー。この日になんとあのケンミンショーで第七ギョーザの再放送がありさらに込み合っていたのではないかと思いますが良く手に入れてくれたと思います。一人当たりなんと13個の割り当てで腹一杯で撃沈して帰りました。

第七ギョーザをテンコ盛りで食べました、、満足(⌒‐⌒)
第七ギョーザ

 梅雨も後半ですが気づけばもう収穫の夏?秋?がすぐそこです。

 いつもは、野々市中学の職場体験わくワークで行う苗箱片付けが今年は、育苗ハウスのバンド交換をしたのでやりませんでした。おかげでようやく始まったばかりです。でも予定では、稲刈りが8月15日、お盆休みが8月9日からなのでもう日がありません。急いでやっていますが他にいろいろな業務もあって間に合うかちょっと心配です。だから梅雨の雨の中でも作業を続行しています。この苗箱片付けだけが春作業の残りとなります。

苗箱片付け、、今年は遅れています(* ̄▽ ̄*)
苗箱

 夏は、本来ころころ餅を作りませんがジジィの我がままとお許しください。

 今日は、戌の日。夢太と郁美の産まれてくる息子のために「ころころ餅」を作った。当然、注文主は、郁美ちゃんの実家のご両親。でも作るのは、夢太本人という餅屋独特のパターン。なんだか不思議な感じですが有り難くご注文を受けさせて頂きました。一緒に作った社員の皆さんにも「ころころ餅」のお裾分けもしました。良い子がきっと産まれます!そして本来は、農繁期となる3~10月は、ころころ餅は作りません。それは、田植えや稲刈りのど真ん中ではさすがに作れない。6~8月の夏場は、暑過ぎて美味しい餅が作れないのです。今日も、リスクがありましたが幸いに涼しい日で助かりました。

自分の産まれてくる息子のために作る「ころころ餅」は特別ですね

ころころ餅

そのころころ餅を配達するジジィ、、(o^-^o)
ころころ餅

 お天気が読めない中、順調に穂肥え散布が終わって良かったです。

 ここ数年は、穂肥え散布に参加することもない私ですが優秀な社員がちゃんと撒いてくれています。今日は、紙マルチ栽培の田んぼに最後の3回目の穂肥え散布を終えました。次は、カグラモチの穂肥え散布ですがカグラモチに関しては、1回で済ますのでより精度が求められます。有機肥料は、量を撒く必要があるので3回に分けていますがカグラモチの肥料は化学肥料なので量は少なくて済みます。だから1回で散布できるのですがその分、ムラが出やすいのです。でも化学肥料と言いながらも有機肥料が入ったタイプですので肥効としては、その中間と言ったところでしょうか。

紙マルチの田んぼに最後の穂肥え散布です
紙マルチ

 梅雨らしい日になりました。

 やはり頑張って穂肥え散布しておいて良かったです。今日は、一気に梅雨らしいお天気に突入です。でも雨が降ったからと言って暇になるわけでなくこんな日を待っていたかのように加工場やその他の仕事が山積みです。まずは、早くなりそうな稲刈りに合わせて倉庫の整理。ずいぶん平成27年産のお米の在庫も減って来ましたが一番先に収穫する「一番打者ハナエチゼン」と最終の超普通じゃないコシヒカリ 女王さまミルキークィーンまでは、1ヶ月以上のタイムラグがあり倉庫の中は、27年産と28年産で大混雑します。その混雑を回避するために度々倉庫整理を行います。今年は、在庫切れもなく順調に推移しているので有り難いことです。

 そして秋作業に使う農業機械も整備中です。でも消耗部品をどこまで交換するかの判断を常に強いられる作業で結構神経を使います。あまり修理し過ぎて費用ばかりかかって作業効率が落ちることもあります。そんな時は、新品を思い切って購入するのも手段の一つです。高額な部品やそんな機械の更新に関しては、私の判断となるのでこの時期は、時々スーパーメカニックにライスセンターに呼ばれることがあります。ここで判断を誤るとフルマックス稼動中に作業が中断することになるので非常に慎重になります。今年は?うまく行きますよ~に!

ずいぶんお米の山も減って来ました、、秋に備えて整理中です
米倉庫

稲刈りに向けて機械整備中、、どこまで手をかけるかが問題です
稲刈り

 今日もお天気が良いのでガンガン穂肥え散布中です。

 普通じゃないコシヒカリ、超普通じゃないコシヒカリ、女王さまミルキークィーンの穂肥えは、3回に分けて散布しています。というのも使用する有機肥料の粒が大きくて散布予定量の50~60キロを一度に散布出来ないのです。そしてこの有機肥料は、遅効性なので分割して散布する方がさらに効き目滑らかでムラもなくなり良いと考えています。でも3回も撒くのは、ちょっと天候が悪いと日が過ぎて行く可能性もあります。その点今年は、うまい具合に肥料散布のこの時期は、お天気も良く順調に進んでします。ちなみに紙マルチ栽培の超普通じゃないコシヒカリ女王さまミルキークィーンは、普通じゃないコシヒカリより散布量を10キロ減らしています。それは、草が生えない分肥料を草に食われないのと除草剤を使用していないので土の微生物が多いのか地力があります。だから通常の散布量だと育ち過ぎて倒れるのです。もちろん収量は、増えますが味が落ちるのです。今年で14年目の紙マルチ栽培ですが草対策以外にもいろいろなメリットが出て来ました。そして撒いているのは肥料だけでなく楽しく笑顔でお笑いも撒いています\(^o^)/

穂肥え散布、、女王さまミルキークィーン2回目!
女王さまミルキークィーン

大きい田んぼなのでツインで散布中です
女王さまミルキークィーン

 どんどんと出て来る穂に負けないように作業中です。

 出穂予想14日のハナエチゼンの穂がもうチラホラと見え始めている。おそらくこの勢いだと予定通りに穂揃いしそうです。そして今日は、そのスピードに呼応すべく「普通じゃないコシヒカリ」2回目の穂肥え散布、「超普通じゃないコシヒカリ」「女王さまミルキークィーン」1回目の穂肥え散布に突入しました。それぞれに3回に分けての有機肥料散布なので梅雨の雨でいつ中断するか分からないのでドンドン作業を進めています。

ハナエチゼンの穂、、ドンドン出て来ています
ハナエチゼン

 知恵って考えれば出るもんですね。

 最近、夢太がネット通販の商品画像を入れ替えたいと言い出した。何やらスマホ版に合う商品画像にしたいらしい。ということで入れ替えの商品、、主にお米だが撮影し直しを始めた。ところがここで問題。30キロ袋がライトボックスに入らないのです。だから今までの画像は、イマイチなモノばかり。だったら大きなバック紙を使って撮影しようとなりました。ところがネット通販で買おうと思った2.7m×5.5mのサイズは、6,500円もします。この30キロ袋を買うだけで6,500は、やはり高い。ホームセンターで色々と探すけどありません。そしてふとこの2.7mというサイズに見覚えがありました。それは、育苗用のラブシートです。これなら2.7m×100mある。ところが実際に広げてみると意外に薄くて透けてしまいます。そこでまた考えて3枚重ねにしてみると使える白さになりました。これで一件落着、会社に今ある材料でカタが付きました。我ながらナイスアイデアだと思います(o^-')b

 あとこれは、明日の白山市蕪城小でも授業用の動画のリスト。学校のPCでユーチューブは、見れないので私のネクサス7とプロジェクターを持参する。これでサクサク出来るはずです(⌒‐⌒)

林さんちの紹介ビデオ

紙マルチ田植えコマ撮り

紙マルチ田植えのコツ

自然栽培「林さんちの宇宙米」田植え

チェーン除草2回目

テデトール10回目

鏡餅

カキモチ

カキモチの編み方

味噌の作り方

宇宙茶

ラブシート3枚重ねで立派なバック紙が出来ました(o^-^o)
ラブシート

 地域の田んぼ回りは村人との交流の場です。

 今日の朝に地域の穂肥え巡回がありました。林さんちは、すでに野々市中学のわくワークで済ましているのですでに結果は、分かっているし藤平町内にある田んぼは、作付けの一部しかないので参考にならない。でも藤平の一農家として地域の農家との交流の場として重要です。一応、林さんちの普通じゃないコシヒカリを見てもらいましたがすでに昨日に穂肥え散布開始しているので問題ありません。予想通りの2~3mmでドンピシャのタイミングです。そして予想どおりで他の農家さんのコシヒカリの穂が凄く伸びていてビックリしました。すでに7cmにもなっているコシヒカリもありました。この調子だと8月中にコシヒカリの刈り取りです。

藤平町内の農家さんと田んぼ回りです(o^-^o)
田んぼ回り

 意外な大変さに死にました(×_×)

 4月17日の爆弾低気圧で破れた倉庫代わりにしていた3番ハウスの後部に前部と同じハクリョクシートを張ろうということになりました。これで1番と3番は、完全に倉庫として使用出来ます。このハクリョクは、昔はシルバーシートを使用していたところ劣化が激しくて表面がガサガサになります。すると雪が積もると滑らずにその重みで潰れるという事態になりました。その反省でもっと良い素材は、無いかと探したらハクリョクシートを紹介されました。このシートに替えてからは、雪で潰れることも無くなりました。そして3番ハウスだけは、前部半分だけハクリョクで後部は、通常のポリのままで使用していました。ハクリョクを張ると完全に中が真っ暗になるので一部ポリで良かったのですが爆弾低気圧に耐え切れずにボロボロになってしまいました。一部後部のツマ部分も壊れてなので修理はしましたがハクリョクを張るのは、後回しになっていました。ところが昨日、わくワークのおかげで切りよくハウスバンドの作業が終わったのでついでにやろうと言う事になって気楽に始めました。ところがいざ張って天井のビニペットのスプリングを入れようとしたところ滑ってまったく歩けません。今まで3枚張って来たけどこんなに滑ったことはありません。ツルツル滑るハクリョクの上を這いつくばりながらほふく前進でスプリングを入れて行きましたがたった20mで体力を完全に消耗してしました。いやぁ~こんなにシンドイとは思いもしませんでした。でもこれで本格的な梅雨前に春の懸案事項は全て終了です(o^-')b

ハクリョクのスプリング入れ、、こんなに過酷とは( ̄○ ̄;)
ハクリョク

 幼穂が想定外に伸びていました。

 今日は、恒例のわくワークの生徒さんを連れての穂肥え巡回。石川農林総合事務所の職員さんと一緒に林さんちの田んぼを回りました。ところが初っ端のハナエチゼンから想定以上の幼穂の長さで稲刈りがお盆中じゃないかと言われて驚きました。そして一番最初に、穂肥え散布をする「普通じゃないコシヒカリ」を観察したらもう1~2mの長さになっていました。急遽、明日、穂肥え散布になりました。

ハナエチゼンの幼穂、、というより立派な穂です(◎_◎)
ハナエチゼン

林さんちの普通のコシヒカリ、、もう2センチです( ̄○ ̄;)
コシヒカリ

 ゴ~~ル!自然栽培米「林さんちの宇宙米」のテデトールが終了しました。

 6月21日から始まったテデトールですがついに2週間かかって終了しました。最初は、草も小さくて順調でしたが初夏の日差しが強くなるに従いどんどんと草の勢力が増して行きどんどんとペースダウン。こりゃいつになったら終わるんだろうと不安になったこともありますがなんとか11回目で終了です。今年のテデトールは、第2クオーターの90分で毎日行うという作戦でした。社員から私にも参戦して欲しいと要望があったのですが1日中田んぼにいると私も仕事が出来ません。そして社員さんも1日中テデトールだと辛いということで1日の作業時間を決めてのスタートでした。それでも11回のテデトールのうち私が参戦したのは、6回。まあ半分以上やったということで勘弁ください。社長が田んぼにずっといるということは、経営が滞るとも言える。でも社長が田んぼにいると社員のモチベーションも上がる。そんな意味からするとバランス良く参戦できたテデトールだと自己評価しています(o^-^o) 「祝!林さんちの宇宙米テデトール終了。2016/7/6」動画

テデトール終了、、相変わらずテンション低!
テデトール

 キッチリ25日で孵化した鴨の卵です。

 6月8日に林さんちの田んぼの草刈り中に発見された鴨の卵。こんな風に草刈り中にたまに発見される鴨の卵だが鴨が警戒して放棄する場合がよくあります。今回も心配したけどすぐに母鴨が戻って抱き始めたので安心しました。それからというものの水回りの時に観察を続けて来ました。文字通り「雨の日も風の日も」母鴨が温め続けている姿は、本当に愛おしいものです。ところが6月後半になっても一向に孵化しない。心配になって調べると産卵後25日で孵化するとのこと。そして計算すると6月8日が産卵直後として孵化予定日は、7月2日。でもその日の朝の観察では、孵化していません。もしも産卵が6月8日以前であると卵が死んでいる可能性もあります。7月3日は、豪雨で観察出来ず昨日7月4日に観察したらちゃんと孵化した後でした。「鴨の卵が無事に孵化しました。2016/7/4」動画。発見時の卵は、9個ありましたが殻を数えると6個ほど。やはり自然界の掟は厳しくて少しヘビやカラスにやられたのかもしれません。でもきっと産まれた子鴨達に田んぼで会えるはずです。そんな日を楽しみに水回りします(o^-^o) 

 そして今日から3日間で野々市中学2年生の職場体験わくワーク事業が始まります。

ついに孵化した鴨の卵、、自然って凄いです
鴨

 今日、ダブルで嬉しいことがありました。

 まずは、林さんちの田んぼでホタルを発見したと言うお話。昨日の夜、社員さんがお子さんを連れて田んぼの水回りに行ったところホタルを発見しました。私も近所では、ホタルを10年以上は、見ていないかもしれません。最近は、除草剤も減らし殺虫殺菌剤は、散布していない効果が少しづつ出て来たのだろうか?まだたったの一匹らしいがこれからどんどん増えて欲しいなと思います。そして今日の夕方に計算では、もう孵化しているはずの例の鴨の巣を見に行くとちゃんと孵化していました。その画像と動画は、明日にお届けします。こうやって小さな自然が生まれて来るのを見るとなんだか嬉しいです。「 林さんちの田んぼにホタルがやって来た!2016/7/4」動画
 
 でも大変なのが自然栽培米の林さんちの宇宙米のテデトール。つまり草取りなんですが今日で10日目。後半になって来ると草の生育速度も上がってきて競争になっています。おかげで草取りのペースが落ちています。しかも連日のテデトールで社員のモチベーションも私のモチベーションも落ちています。そんな動画ですがどうぞ、、(* ̄▽ ̄*)「さすがに飽きてきたテデトール10日目です。2016/7/4」動画

ピンボケだけど確かにホタルです、、\(^o^)/
ホタル

一寸の虫にも五分の魂、、蛾が溺れていたので助けましたo(^o^)o
林さんちの宇宙米

 農コンも3回目ともなると超盛り上がりです。

 昨晩、近江町市場のメロメロポッチで農コンが開催されました。でも私のせっかくの紹介動画も音声がまったく出ずに結局私が、アテレコで歌ったりしゃべったりでまったく機能せず。結局、これでテンションガタ落ちでした。でも気を取り直して多くの方と交流をしました。来年こそは、もう少しマシなプレゼンをしなきゃ( ̄○ ̄;)

農コンの始まりです、、まずはビール!
農コン

私のプレゼン、、結局動画は不発でした(ToT)
農コン

 なんと言っても口より写真。そして写真より動画です。

 今日は、能美市で日本一小さい専業農家「風来」の源さんこと西田栄喜くん主催の「農コンin金沢 vol.3」が金沢市のメロメロポッチで開催されます。これは、農家と生活者を、結びつけるコンパなので農家の婚活パーティーじゃありません。証拠に、既婚のオッサンの私も参加します。毎回、農家が前に出てプレゼンをするのですが大体もう開会前からビールを飲んで盛り上がっているし。ワイワイガヤガヤとうるさいので今年は、せっかく動画で頑張っているので紹介動画を作ってみました。プレゼンの制限時間3分にちょっとオーバーだけどなんとか収めました。これでビール飲んで酔っ払っても大丈夫です(o^-')b「農コンin金沢 vol.3・林さんち紹介動画です。2016/7/1」動画

農コン用の紹介動画を作成しました、、3分に収めるのが大変やった(* ̄▽ ̄*)
農コン

 そろそろゴールのはずだけどテデトールが続いています。

 自然栽培米「林さんちの宇宙米」のテデトールが9日目を迎えました。これだけをやっているわけにも行かないのと社長の参戦を促す意味で1日に1クォーターの作業に限定して進めています。それもあって今日で9日目です。もう作業中に目の前の明和特別支援学校の校庭からは、セミの鳴き声が聞こえています。おかげで初夏の日差しで草の勢いが増しています。どんどんと勢力を伸ばす草でますますテデトールの速度が落ちているような気がします。でもテデトールをしたところは、その差歴然で一気に稲も生育が進みます。なんとか夏になる前に済まします。「その差歴然のテデトールだけどもう9日目、、2016/7/1」動画

勢力を伸ばしている草達、、ヤバイです(* ̄▽ ̄*)
自然栽培米
テデトールをしたところとしないところの差が激しくなっています
自然栽培米