野々市市の美味しいお米のお店の紹介動画です・稲作体験学習の日程調整が激化しています

 林さんちのお店では美味しいお米とお餅を販売しています。


 林さんちは、平成7年11月からお店を始めました。ところがお店の売上が年々減少して行きました。野々市市は、人口が増えている珍しい市町村なのにです。その理由は、周辺には、安いお米を売っているスーパーが林立しています。そして一番の理由が「一体何を売っているお店か分からない」というお客様の声が多いことです。看板に「米、餅」「農家直売」って書いてあっても分からないのです。ここは、元々は水田だったところを加工場と店舗を建設しました。でも水田にこのような建物を建設する許可は、すごくハードルが高い。それでも多くの方の協力でなんとか許可を得ましたがそれでも店舗は、そんなに派手に大きくも出来ませんでした。さらに設計段階で当時は、に入りやすいお店というコンセプトではなく「オシャレなお店」でデザインしてもらったのです。まさか何のお店か分からないと言われるとは思いもしませんでした。そして昨年の8月に竹虎の山岸さんと白木果樹園の白木さんと話していて「近所にとんでもなく分かりにくい果樹園があるけど、そこにみんな買いに来る」という話を聞きました。そこで「うちは、幹線道路沿いにあるけど誰も買いに来ない」と話したら「そりゃなんらぁしやーせんと」と言われて「確かに!」と思いました。そのことがず~~っと頭にあって先日の動画セミナーで「あ!動画ネタにピッタリ」と感じました。そこで今日は、「2016野々市市のお米の美味しいお店です。お餅も売っています。」動画を撮影しました。キーワードの野々市市と美味しいお米がうまくヒットしてくれることを祈ります。次は、コイン精米機の動画だね、、o(^o^)o そして午前中に白銀幼稚園の園長先生が平成28年度の稲作体験学習の日程調整に来られました。

白銀幼稚園の園長先生から頂きました、、いつもありがとうございます!
白銀幼稚園

 最近は、各幼稚園の稲作体験学習の日程を決めるのがどんどん早くなっています。早くしないと他の幼稚園に日程を抑えられてしまうからです。だから早い幼稚園は、昨年の11月ごろには、予定表をくれます。今日は、白銀幼稚園の日程調整でしたが他の幼稚園とカブりまくり。園長先生も悲鳴を上げながらなんとか予定を入れて行かれました。そしてどうしても日程調整が遅れるのが富陽小学校です。小学校は、さすがに新学期になって担任が決まらないと予定を立てられません。そうなると残ったわずかな隙間に予定を入れて行きます。しかしもう一つの幼稚園、、扇が丘幼稚園の日程調整がまだです。かなり残った日が無いのでヤバイです(* ̄▽ ̄*) 昨日のISICOのセミナーは、防音商品をネット販売している「ピアリビング」の室水房子さんの講演でした。いやはやネット通販を始めた時期は、同じなのに凄い成果を上げておられました。でもその経緯は、驚くべきことの連続でした。やはり建設業界は、大変なところです。そして先日の動画セミナーで酒井先生が言われたのと同じ「お客様の悩み事を解決する」がキーワードだと感じました。私もさっそくその方向でいろいろやります。

ぶった農産のコラボ商品を発見、、でもエビアレルギーの私は食べれず(ToT)
ぶった農産

室水房子さんのセミナー、、突っ込みどころ満載でした
室水房子"
このエントリーをはてなブックマークに追加