災害は忘れる前にやってくる・出初式がつつがなく終わりました

 朝から轟々と雨風の音がして心配しましたがなんとかお天気も持ちました。


 今日は、野々市市消防団出初式の日です。今年の式典で白山野々市広域消防本部消防長の言葉で「災害は忘れた頃にやってくると言うが、今では『災害は忘れる前にやってきます』それほど多くの災害が起きています。皆さん訓練に励んでください」と言われたことが印象深かった。確かに地震、火山噴火、洪水、と全国でいろんな災害が多発しています。もう忘れるどころじゃないと感じました。この言葉を今年は、肝に銘じて励みます、、o(^o^)oそして式典終わるともうジェットコースターのように進行して行きます。

出初式のため出動です、、良き日でありますよ~に!
出初式

 まずは、車両行進組とハシゴ組に分かれて準備にダッシュ。私は、ビデオカメラを持って頼んであった友人を探してウロウロ。なんとか手渡したらすぐにポンプ車に行って防火服に着替えて一斉放水の準備へ。そしてポンプ車の行進が始まった頃に用水のフタを空けてスタンバイ。ポンプ車が到着と同時に吸管2本投入。そして2線延長、、1本は自警団の水槽、1本は第2分団の一斉放水へ伸ばします。今まで1線延長で分岐で分けていましたがポンプ車の最大能力を発揮するために今年から2線に変更。そしてふと市役所の前の広場を見るともうハシゴが立つ寸前。慌てて走って行ってハシゴの傾きを直す役目に立ちました。そして無事ハシゴ登りが終わってまた走って戻って今度は、一斉放水の撮影です。でもさすが2線延長で例年自警団の水槽の水が足りなくなるのですが今年は余裕でした。なにせ3つの自警団で使用するのですからあっと言う間に水位が下がるのです。ここまでが30分ほどの出来事で終わります、、でも無事終わって良かったぁ~。この後、各町内へ初放水に回ります。私と部長は、各町内会長さん宅であいさつ回りです。それが終わってから打ち上げと長い1日がまだまだ続きます。ちなみ明日は、7時から町内の左義長、、起きれるんかいな(* ̄▽ ̄*)


お天気もギリギリもってハシゴ登り、、バッチリ決まった
出初式

一斉初放水、、ここまで来ればもう安心です
出初式

虹が綺麗にかかりました、、今年1年が災害の無い良き年になりますよ~に!
出初式

各町内を一斉放水して回りました、、段々お天気が悪くなって来ました(* ̄▽ ̄*)
出初式
このエントリーをはてなブックマークに追加