簡単ケータイを義母に購入しました・富山金沢間で鉄道会社を4つ乗り継ぎました

ついに義母も携帯電話デビューです。

 昨日は満員で購入出来なかった義母の携帯電話を買いに再度auショップへ行きました。担当のおねぇさんのマニュアルどおりの説明は、ほとんど聞かずにこっちからガンガン質問して手続きをしました。なんで中高年には、あの説明は分かりずらいのでしょうか?まあ途中から打ち解けて分かりやすい説明になったのでやれば出来るというところでしょう。そして帰宅後に義母に使用方法を説明するのが大変。まったくこの手の機械を触ったことがない人なので当然です。それでも簡単ケータイという私の母親も持っている同じ機種でこれ以上簡単な携帯はありません。でもかつてこれより簡単な携帯電話があったのですが母がカメラが付いていないとか、他の人とは違うと言い出して結局買い換えたことがあります。カメラがあっても撮ることも無いし話す以外の機能は不要だったので十分なシンプル携帯だったのです。しかしオモチャみたいなデザインが「高齢者向き」とはっきり分かることが逆に良くなかったのかもしれません。なにはともあれこれで慣れてもらうしかありませんね。そして任務も完了したので妻とステージアを富山に置いて1日早く帰ることにしました。さすがに4日も富山にいたら仕事がたまってしまいます。

富山のauショップへ再度突撃、、\(^o^)/
auショップ

 富山の実家のすぐそばには、富山地方鉄道富山市内軌道線、、まあ分かりやすく言えば路面電車が走っているのでこれで富山駅まで行きます。以前は、車で送ってもらっていたのですがどこで降りても200円という分かりやすい料金体系でしかも昔懐かしい感じがなんとも好きで最近では、こっちを利用しています。そして今回は、自宅へ帰るのに在来線を利用しました。しかし新幹線開業で在来線がなぜか「あいの風とやま鉄道線」になっていてしかも倶梨伽羅駅からは、「IRいしかわ鉄道線」になって金沢駅に到着します。だからキップを富山駅で買おうとしたら野々市駅まで買えずに乗り越しで支払うことになりました。なんでこんなにややこしくなったんだろう?新幹線が通って何が変わったの?まあたくさん乗り継いで車の2倍以上の時間をかけてようやく夕方に到着。しかしさっそく会計士さんと長いややこしい打ち合わせ。そして山積みの懸案事項を処理してそれからブログとメルマガを書き始めた。1日早めに帰って来て良かった(* ̄▽ ̄*)

富山のチンチン電車、、本当に乗ると楽しいです(⌒‐⌒)
富山地方鉄道富山市内軌道線

「あいの風とやま鉄道線」の富山駅に置かれた巨大寿司(o^-^o)
あいの風とやま鉄道線
このエントリーをはてなブックマークに追加