お正月餅製造を「増やすと余る」のジンクスを破れるか!・うるめ丸干しイワシ納品がギリギリ間に合いました

 禁断のお雑煮用丸餅の追加製造に踏み切りました。


 昨年、お雑煮用丸餅を大増産したら大量に売れ残ったので500袋減産。ところが今度は、どうも在庫が危ない予想が出て来た。毎年、餅の製造計画を「減らすと足りない」「増やすと余る」の繰り返しをしています。その波から言うと今年は「減らすと足りない」年に当る。でもこの調整が非常に難しくて「足りない」と分かってから製造しても間に合わないので販売のチャンスを逃してしまいます。だから「足りない兆候が見えたら増産」となると今日明日が、増産の最後のチャンス。27日以降も製造部門は、大丈夫だが袋詰め部門が宅配や配送の荷物のピッキングに掛かりっきりになるので袋詰めが出来ない。そこで今年は、思い切ってお雑煮用丸餅を200袋増産した、、果たしてこの予想が当るかどうか。「増やすと余る」のジンクスを今年こそ破りたいです。

この時期にお雑煮用丸餅の追加製造、、余る予感がぁ~~(* ̄▽ ̄*)
お雑煮用丸餅

 林さんちの祝い餅で使う「うるめ丸干しイワシ」の在庫が危なくなって来た。追加をしようといつもの食品卸さんに少量注文したら箱買いでないで出来ないと言われて万事休す。箱買いすると最低ロットで320箱の注文分になってしまいます。もう年末なのでそんなに絶対に注文は無いので小箱の80匹つまり40箱分の「うるめ丸干しイワシ」を捜していました。ところがこの「うるめ丸干しイワシ」は、大き過ぎたり小さ過ぎたり、ウエットだったりドライだったりと一言で「うるめ丸干しイワシ」と言うけどいろいろあるのです。以前は、それで結構苦労してようやく今の「うるめ丸干しイワシ」にたどり着いたのです。でも仕入れていら乾物店が閉店。紹介されたのが中央卸売り市場の卸し業者さんなのでロットが大きい。何度も、それで大量に余らせたりしていました。そこでフェイスブックに「うるめ丸干しイワシ」を紹介して欲しいと書いたら農業者仲間の方が教えてくれました。そうこうしているうちに完全に足りなくなってしまい慌ててネット通販で購入。配送に時間がかかって今日ようやくギリギリ間に合った。もうこれで今期の「うるめ丸干しイワシ」は大丈夫だろう。多少高価ではあるが箱買いするよりはマシです。来年もこの手が使えるので安心出来ます(o^-')b

うるめ丸干しイワシ、、ギリギリ間に合った!
うるめ丸干しイワシ

クリスマスイブでまったりするチョミゾウ(o^-^o)
チョミゾウ
このエントリーをはてなブックマークに追加