お正月餅の新商品の製造は大変です・年末ジャンボ宝くじを購入しました

 少量多品目の時代に突入しています。


 今日は、さすがに白いモノは、降っていませんが荒れた天気です。そんな中、朝から昨日、こねたお供え用鏡餅をスピーマーして袋詰めをしています。以前は、防カビ用のワサビを入れるだけでそのままで販売していました。でも地球温暖化と販売期間が長くなって袋詰めが増えて来ました。しかも小さい袋なので詰めにくい。もちろん機械が詰めてくれるわけでないので人海作戦での袋詰めになります。それでも林さんちのお供え用鏡餅は、まだ大きい方で他社ではもっと小型の商品が売られています。そんなドンドンと小型化していくお餅ですので製造側も大変です。

お供え用鏡餅、、4千個以上あります( ̄○ ̄;)
お供え用鏡餅

 他社では、いろんなお正月餅の新商品を開発していますが林さんちの開発スピードは、カタツムリより遅い。お供え用鏡餅の袋を昨年から新しくしましたがそのアイデアもずいぶん前からあったものです。そしていざ変更したら製造が大変で昨年は苦労しました。今年は、予め工夫して対策を講じたので上手く行くと思います。他社さんの新商品開発能力には、本当に脱帽の林さんちです。そして私は、そんな努力とは別に神頼みで年末ジャンボ宝くじを購入。オータムで2千円当った分を年末に宛てて今年は40枚購入。10億円と7千万円を狙います、、(炎_炎)

人海作戦で袋詰め、、とにかく細かい作業です
お供え用鏡餅

年末ジャンボ宝くじ、、10億円当たったらどうしよう(◎_◎)
年末ジャンボ宝くじ

夜はチョミゾウとまったり、、早くコタツ欲しい
チョミゾウ
このエントリーをはてなブックマークに追加