林さんちの赤飯は超美味しいです・お餅の美味しさは洗米が重要なポイントです

 赤飯は、ネット通販では買えない商品です。


 文化の日、、でも長男も休日出勤して赤飯を朝から作っています。私は、祝い餅の受け渡しもあるのでお店番で出社。林さんちの「赤飯」「おこわ」「みたま」と言った商品は、ネット通販では売っていません。電話注文のみでしかもパンフレットには、隅っこにそぉ~っと載せてあるのですがそれでも結構口コミで注文が入ります。それぐらい美味しいということなんですがどうしてもご注文が休日祭日に集中するので社員に休日出勤を要求することになります。だからあまり積極的に販売出来ないのがちょっとネックです。それでも稲刈りが終わるとほぼ毎週のように注文があるので作ってします。社員のみんなも積極的にやってくれるので助かります。そしてセイロの関係上どうしても受注分以上出来るのでそれをAコープの生産者直売コーナーで売っています。これがまた口コミを呼ぶんでしょうね。

赤飯、、自分で言うのもなんだけど超美味しい!
赤飯

 11月に入ると祝い餅のセット用の切餅製造を頻繁にします。今日も長男が赤飯製造後に明日の餅つきのためにカグラモチを洗っていました。この洗米作業は、お餅の味を左右する大事な作業です。洗いが甘いと餅に苦味とザラザラ感が残ります。昔の洗米機は、性能が低くて餅つきのスピードに追いつかず場合によっては、洗いが甘かったりしましたが今の洗米機は、高性能で短時間に洗えます。でも最後は、ザルに揚げて水を切ってさらにジョウロで良く洗うのが美味しいお餅のコツです。意外にここは、ノーマークの方が多いですね(o^-^o)

洗米作業、、お米の味を決める大事な作業です
洗米作業
このエントリーをはてなブックマークに追加