2015年11月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 一度白いモノが降るとタイヤ交換が進みます。


 今日は、月末。私は、月末業務もいろいろとあって大変ですがお正月餅の方は、順調に予定通り作業が進んでいます。先週、アラレで一面真っ白になった野々市市ですがそれを合図に一斉にタイヤ交換が始まっています。昨日は、どこのスタンドもタイヤ交換で一杯でした。夢太も自分の車のタイヤ交換をしていました。でもこの手の車のタイヤって大きくて重いので大変そうです。ちなみに私は、タイヤ専門ショップのフジイチさんにタイヤを預けていて今週の木曜日交換の予約をしてあります。タイヤのローテーションとか単に交換すれば良いというものでもないので専門家に任せるのが一番ですね。コーヒー飲んでいるうちに終わるし(o^-^o)

インプレッサの重いスタッドレスタイヤで四苦八苦中の夢太
スタッドレスタイヤ

 てんこ盛りの日曜日です。


 昨日の荒れた天気から少しづつ良くなって段々晴れて来ました。やはり祝い餅の配達は、雨が降っているとすごく神経を使うので晴れていると助かります。それでも雨だれでも当ると危ないのでレインカバーは、付けて配達をします。以前は、レインカバーじゃなくてバンジューというプラスチックの餅を入れる大きな箱に車から積み直して玄関に運んでいました。もっと以前は、体で雨をガードしながら運んでいました。もちろんその時は、雨粒が熨斗紙に当って痕になっていました。今では、そんな適当な仕事をしていたと思う恥ずかしくて顔が熱くなりますが当時は、平気だったのです。林さんちも少しづつ進化しているのかもしれませんね。

祝い餅の配達、、晴れて来て助かりました
祝い餅

 少量多品目の時代に突入しています。


 今日は、さすがに白いモノは、降っていませんが荒れた天気です。そんな中、朝から昨日、こねたお供え用鏡餅をスピーマーして袋詰めをしています。以前は、防カビ用のワサビを入れるだけでそのままで販売していました。でも地球温暖化と販売期間が長くなって袋詰めが増えて来ました。しかも小さい袋なので詰めにくい。もちろん機械が詰めてくれるわけでないので人海作戦での袋詰めになります。それでも林さんちのお供え用鏡餅は、まだ大きい方で他社ではもっと小型の商品が売られています。そんなドンドンと小型化していくお餅ですので製造側も大変です。

お供え用鏡餅、、4千個以上あります( ̄○ ̄;)
お供え用鏡餅

 雷がバンバン落ちて停電の危機の中、餅つきをしました。


 昨晩から大荒れになった石川県ですが朝からバンバン雷が落ちて凄かったです。聞くと近所で停電もあったようですし餅つき中に近くに落ちて一瞬暗くなったようです。今日からお正月餅を全開で搗き始めたので停電でもなろうものなら製造計画が大幅に崩れます。毎年のことですがどうか停電だけはしないようにお願いしたいです。そんな中私は、野々市市のコミュニティーFM-N1に出演のために出かけました。最近、リニューアルされて綺麗になったいたのは知っていたのですが入ったのは初めてでした。


昨晩から大荒れでアラレで真っ白、、そして落雷がヤバイです(×_×)
アラレ

 今日はDM発送準備に集中しています。


 今日は、お正月餅の餅つきをせずに、DM発送準備やスーパー各店の生産者直売コーナーや風土金澤への納品をしています。本当は、毎日でも搗きたいところですがそのために他の業務が滞るので今年は、搗かない日を設けました。その分、早くからの餅つき開始の段取りをしていました。でも祝い餅や報恩講餅もあるうえに夢太開発の「しあわせきもち」が地味に?売れていて増産をしています。これが小さい餅なだけに手間がかかります。結局、DM発送準備に全スタッフで取りかかれないことも判明。ギリギリ今日中にDMの準備が出来ないかもしれません。

「しあわせきもち」、、少しづつ売れて来て増産中です
しあわせきもち

 業務が錯綜中の林さんちです。


 朝から報恩講餅の配達と祝い餅のご来店対応で一人で走り回っていました。餅つきは、今日は抑え気味で余裕を持っていたはずなのに、結局いろいろあって大変でした。そんな中段ボールの納品がありました。これで年末用の資材は、全部揃いました。しかも午後からISICOでグーグルアナリティクスのセミナーがあるので夢太と二人で出席しなくてはいけないのでさらにファイヤーな午前中でした。

段ボールの納品、、どぉ~~んと来ました(o^-^o)
段ボール

 今日からお正月餅予約開始です!


 怒涛の連休が過ぎて林さんちもノンビリムードです。まあもちろん作業は、たくさんあるので大変なことは変りありませんが祝い餅の配達来店がないだけですいぶん楽な感じです。でもこのノンビリも3日ほどでまた激しい餅つきに突入します。だからこの間にDM発送準備をしなくてはいけません。毎年、お正月餅製造とDM発送準備が重なってトラブっているのでその対策で製造計画を見直しました。うまく行くことを祈っています。

スタッドレスタイヤ交換、、もうそんな季節です
タイヤ交換

 お正月餅のDM発送準備がスタートしました。


 昨日のお昼から少し時間も空いたしお天気も良かったので金沢市横安江町で開催されていた「よこっちょ・ポッケまーと」にバイクで行って来ました。このイベントに長男のお嫁さん姉妹と友人が出店していました。この横安江町商店街で今から37年前の角川映画「野生の証明」で高倉健さん薬師丸ひろ子のロケが行われたと長男夫婦に話したら驚いていました。横安江町に着いたらお嫁さんの実家のご夫婦も来られていて一緒に記念撮影をしました。久しぶりにお会い出来て良かったです。そして今日も朝から祝い餅の発送準備で全開でした。

「よこっちょ・ポッケまーと」でパチリ、、カメラのレンズカバーと消しゴムハンコの販売をしていました(o^-^o)
よこっちょ・ポッケまーと

 祝い餅で全開の連休のスタートです。


 22、23日は、祝い餅、報恩講餅、ころころ餅、赤飯とありとあらゆるお餅の注文をたくさん頂きました。どうしてもこの手の商品の注文は、重なることが多いのですがずいぶん前から段取りして来ました。箱1箱、熨斗紙1枚に至るまでキッチリ準備して臨みました。おかげで工場内は、箱で一杯になりましたがなんとか並べ切ることが出来ました。箱にセットにするお餅は、一度集計してそれぞれの大きさと紅白にまとめて製造するので全部詰めてみないと間違いが合った場合分からないので箱は、全部並んで置くようにしています。今回も大量の複雑な注文を完璧にこなしてくれました。

ころころ餅、、良い子が生まれますよ~に!
ころころ餅

 高齢化社会を実感する1日です。


 朝からファイヤーな1日です。昨晩遅くに高齢者の行方不明者の捜索出動が決まって深夜に分団員に出動メールを送信して少し遅くに寝ました。ところが早朝から母親のチョミゾウを叱る声が聞こえます。どうもネズミを捕まえて来たようです。やれやれと眠い目をこすって下に降りるとチョミゾウがデカイねずみを咥えて走り回っていました。私もホウキとチリトリで追っかけてなんとか離したネズミを処理出来ました。まあ米農家にとってネズミは永遠の敵ですのでそれを捕まえてくれるチョミゾウは表彰モノです。でもさすがに自宅に持って来られると困ります。そして事務所に行くと今度は、自宅に受注した覚えの無い報恩講餅の催促の電話。え~~と思って調べるけどやはり受注がない。仕方ないのでなんとか用意をして急遽配達したがどうもご注文をされていない。最近、ご高齢の方のこの手の「注文した」「注文していない」と言ったトラブルが多く今回もそのパターンだったのかもしれない。そんな大騒ぎの中、なんとか祝い餅の配達の段取りだけして捜索に出動しました。でも午前中、捜索するも手がかりなし。私もこの連休中は、祝い餅と報恩講餅が爆発しているのでお店にいないとマズイ。そこで午後からは、副分団長にお願いして仕事に戻りました。本当に早く見つかって欲しいです、、と書いていたら保護されたとの報告あり!なんと金沢市末町で発見されたとのこと。直線でも10数キロあるところです。でも無事で何よりでした(⌒‐⌒)


行方不明者の捜索中、、早く見つかりますよ~に
行方不明者捜索

 藤蔭幼稚園の米作り体験学習の集大成です。


 午前中、藤蔭幼稚園の収穫を祝う会に参加しました。毎年、全国のおじいちゃんおばちゃんに子供たちがお手紙を書いて招待します。だから大勢の方の参加で会場の本堂が一杯になります。そんな中、子供達の米作りの太鼓やお歌の披露があります。みんなこの日のために太鼓の先生に教えてもらって練習して来ました。最初は、すごく緊張していたようですが見事に演じ切りました。ここ藤蔭幼稚園は、浄土真宗の金沢西別院にあります。ここで私のような一向宗の末裔とも言える人間が食育活動で本堂でお話をさせてもらえることは、とても嬉しいことです。今の私の食育活動は、現代農業への一向一揆のようなものだと考えています。昔は、刀や槍。今は、お笑いと米作りできっと世の中を変えて見せます(炎_炎)

西別院の本堂で保護者や子供達にお話をしました
藤蔭幼稚園

 ゆたかちゃん会で相変わらずの二日酔いで餅つきはキツイ。


 昨晩、ゆたかちゃん会=岡元豊を囲んで焼肉たかちゃんで飲む会に参加。毎回そうだが今回もなかなか面白いメンバーが集まった。おかげでお約束の二日酔いで白銀幼稚園に餅つきに行きました。でも今年は、パパの参加がなんと1名、、牧師先生、ママ達、運転手さん、そして私しかいないので頑張って搗きました。でも結構、堪えました(* ̄▽ ̄*) 昨年からお手伝いに来てくれるオジサンから今年の餅米は、素晴らしいとお褒めの言葉を頂きました。昨年の反省で、子供達の餅つきには、浸水を二晩にしてもらったのとやはり今年のお餅は、軟らかい傾向にあるようです。そしてなんとなくキリスト系の幼稚園での餅つきってなんとなく面白いと思うのは私だけ(⌒‐⌒)


白銀幼稚園の餅つきです、、パパの参加が少ないので私も搗きましたo(^o^)o
白銀幼稚園

 素晴らしい食生活をしている子供達でした。


 今日の午前中は、白山市北陽小学校2年生に食育授業をしました。昨年も行って盛り上がりましたが今年は、さらにパワーアップ!もうみんな発言したくてしたくて最後は。立ち上がってヘソ出してピョンピョンしている子供までいました。そして子供達に夏野菜と冬野菜のオカズのメニューをいつものように聞きましたがたくさん答えてくれました。そのメニューの多さで子供達は家庭でどんな食生活を送っているかが分かるのです。北陽小学校の子供たちは、その多様な食生活を送っているご家庭や学校のおかげで残食率が少ないとのこと。そして私の食育授業でさらに減ってくれたらいいなと思います。それにしても楽しい食育授業でした。その原因の一つに稲作体験学習をしている「とくの幼稚園」の卒園児達がたくさんいたことが挙げられると思います。そんな小さな応援団のおかげで盛り上がったと思います。

北陽小学校2年生への食育授業、、盛り上がってます\(^o^)/
北陽小学校

 今日も餅つき全開です。


 今年から丸餅切り機の速度を上げました。私が調整機と呼ぶ機械は、インバーターと言うらしい。その辺りは、長男のブログ二代目夢太の夢日記で注釈をつけてくれているので参考にしてください。昔からこのお雑煮用の丸餅の製造が時間がかかっていました。朝から晩まで休憩無し食事も交代で作ってもロクに出来ない。そこで専務に今時何か速度を上げる方方があるんじゃないの?プーリーを大きくするとか、電気的に調整するとか。と言ったら重い腰を上げてメーカーに問い合わせるとどちらの方法もあるじゃないですか!60Hzを90Hzまで上げれるとのこと、、Hz?ヘルツ?まああまり電気のことは得意じゃないけど早くなりそうなのは分かる。でも90Hzだと機械が壊れそうだだし餅も勢いで飛んでいくので80ヘルツでやることにしました。33%アップです!

大量の丸餅の粉払いと袋詰めも人海作戦です、、とにかく手間隙かかっています!
お正月餅

「米師による 美味しいお米の炊き方とイタリアンなおつまみのマリアージュ」

米師による美味しい炊き方講座です
米師

 計量カップは使わない。

 茶のみさんのイベントで「米師による 美味しいお米の炊き方とイタリアンなおつまみのマリアージュ」に昨日の午後参加しました。米師は、林さんちのお米をたくさん買ってくれる野々市市のお米屋さんの「株式会社 米屋」3代目です。米師の炊き方は、最初からビックリ、、なんとあの計量カップは使わない。ちゃんと3合なら450g計って使う。水もやはり450gを計って入れる。こうしないと微妙にズレが生じるのです。なるほど!目から鱗でした。これで計量カップを探す手間が省けます(o^-^o)

 炊飯器に目一杯入れない。

炊飯機の容量の5~6割の量で炊くのが一番美味しいそうです。だから一般のご家庭では、五合炊き釜だと3合程度が一番美味しいとなります。でも林家では、1升炊きを使用していますがその日その日で食べる人数も違うのでどうしてもバラバラになります。会社でオニギリ用のお米を炊く時は、二升炊き釜に目一杯入れて炊いています。そうしないととても間に合わないのです。その点、セイロは大量に調理するのに向いていますね。4升セイロを8段積めるので最大32升分を蒸すことが出来ます。お伊勢参りで大勢の参拝客に食べさせるために「伊勢うどん」がセイロで蒸していたのは理にかなっていますね。でもご飯を美味しく炊くには少し炊飯器に余裕が必要ですね。

 ゴシゴシ研がない。

さらに今の精米技術は、進んでいるので1回目の水は入れてちょっと掻き混ぜてすぐに捨てて2回目もそんなにゴシゴシやらずに軽く全体を掻き混ぜるように洗う。いやあ~昔は、掌でゴシゴシやれって言われたものですが時代は、変わったと実感できます。私の子供の頃に我が家にあった「循環式精米機」は、玄米がグルグルと精米機を通ってはまた戻ってを繰り返して精米していました。だからとても時間がかかったし構造上、米糠だらけの白米になりました。でも時間は、さらにかかるけど籾を入れてもちゃんと白米まで精米できる優れものでもあります。ただし良く研がないとご飯が黄色くなって炊けていました。もちろん炊いて時間が経つとご飯が黄色くなりました。今じゃ思い出の食卓の風景です。

 15℃の浸水が一番美味しく炊ける。

そして米師こと魚住さんいわく15℃浸水が一番美味しく炊けるとのこと。冬はそのままの水で夏場は、氷水で冷やして冷蔵庫で1時間浸水してからザルで水を切って5分後に炊飯開始です。炊飯を急ぐ時は、温かい水で浸水することもありますが温かい水では、早く吸水できるのですがきめ細かく水分がお米に届かず、どうしても炊きあがった時に芯が残ったようなご飯になるとのこと。最近の高級炊飯器はその浸水を均等にきめ細かに出来る機能まで付いていて凄いです。まあ林家には、そんな高級炊飯器は存在しませんが、、( ̄○ ̄;) 米師いわく「やはり作り手が一生懸命に育ててくれたお米を、面倒くさがらずじっくり丁寧に炊いて上げることが礼儀だと思いますよ。」とのこと。言うことが素晴らしいぞ米師!

 ジャーに水そしてお米の順番で入れる。

この時、先に水をジャーに入れてからザルから白米を投入します。別に入れる順番は、どちらでも良いのですが水の量を計るのでハカリにジャーを載せて風袋機能で水を計って入れると正確です。さらに浸水したお米はデリケートなので水の中にソッと投入してあげるほうが優しいと思いますとのこと。さすがお米を愛する米師の言うことは違う!

 水加減は、新米も古米も同じ

面白いのは、水加減は、新米も古米も同じとのこと。つまり古米は、乾燥して粒が小さいので水分を含んで粒の大きい新米と同じ1カップや450gで計っても米粒の数が多くなります。となると古米は、浸水すると自動的に米粒が多い分たくさん水を吸います。新米は、米粒が少ない分浸水すると米粒が少ない分吸っても水の量は、少なくなります。データと言うと1カップに新米だと145g、古米だと155gの差が出ます。それぐらいの粒の数が違うのです。だから炊飯器に水を入れる際にすでに古米は多めの水加減に。新米は、少なめの水加減に自動的になっているのです。なるほど!常識がくつがえりました。

 玄米を炊くときは、一晩冷蔵庫で浸水。

 林さんちのお客様の多くが玄米食です。米師いわく玄米を炊く時は、一晩冷蔵庫で浸水とのことです。でも林さんちの玄米は、軟らかい傾向にあります。理由は、定かではありませんがどうも農薬も肥料も控えると不純物がどうしても集まりやすい糠層が薄いのか成分が違うのか同じ玄米でも軟らかいのです。無農薬の超普通じゃないコシヒカリは、あまり浸水時間がなくても美味しく炊けます。特に 女王さまミルキークィーン普通にミルキークィーンは、普通に白米同様に炊いても軟らかく炊けるようです。

 さあ美味しい林さんちのご飯を召し上がれ!

 米師さんの使った炊飯器は数年前に購入した米師さんのご家庭の「普通の炊飯器」です。最近の高級な高機能な炊飯器じゃなくても安い炊飯器で美味しく炊ける方法が今回の炊き方講座です。米師の会社ではガス釜を使って毎日お昼に社員のご飯を炊いているそうです。色々なお米の試食も兼ねていると思いますがその日々の試行錯誤の中で多くの素晴らしいブレンド米を開発されています。そしてお米屋さんと呼ばずに「米師」と自らを呼ぶところに米屋としてのプライドを感じます。そしてお米をブレンドと言わずに「合組(ごうくみ)」と呼んでいます。ブレンドという素晴らしい米屋の技術ですが偽装というネガティブなイメージも付いて回ります。そこであえて「合組」と株式会社 米屋では呼んで一線を画しています。なんと素晴らしいお米屋さんと取引をさせてもらって来たか実感しています。しかも地元の野々市市のお米屋さんです。皆さん林さんちともども応援ください。

ちなみに米師の炊き方ページもご覧ください

 金沢マラソンなのにあいにくの雨です。


 せっかくの石川県の待ちに待ったイベント「金沢マラソン」の日なのに朝から激しい雨。おかげで林さんちの祝い餅もレインカバーで包まないといけないので倍の作業時間がかかります。でも今日は、まだ数量も少なめなのですぐに終わりましたが来週の連休は、凄い注文数なので晴れて欲しいと願っています。祝い餅の発送と来店準備が終わったら女性スタッフは、来週から始まるお正月餅の餅つき用の粉を作っています。

雨の中レインカバーで包まれて配達に向かいます
祝い餅

 昨日と違い今日はノンビリムードです。


 昨日は、本当に疲れました。しかも夜の野々市中学の歴代校長、PTA会長との交流会まであって大活躍の1日でした。そして今日は、朝の祝い餅の配達を終えてからは割りとノンビリです。もちろん新しいバイトさんも来て作業は、進んでいますが長男が仕切ってくれるのでとても助かっています。そしてこの間に大豆の選別袋詰めも急いでいますがついに大事な大豆選別機が壊れてしまいました。でも専務がなんとか壊れた部分を外して一応動かしています。外したのは一番上ので選別版ですがここは、本当に大きなゴミ、、枝やサヤと言ったものを除去する部分です。でも今年の大豆は、綺麗なのでもう無くてもなんとか手で除去できると判断してなんとか稼動中です。今、選別がストップしたのでは、来週からの本格的な餅つきに間に合いません。でも来年は、新品の選別機を購入することに決めました。大豆の農協への販売価格は、30キロ1袋当り2千円と少ししかも収量がお米の3分の1です。補助金が7千円余りで合計でも1万円に行きません。そんな大豆にコストをかけるのはリスクがあるのですがどうしても必要なので購入します。また何十年も林さんちで頑張ってくれることでしょう(o^-^o)

大豆選別機、、ついに部品切れで限界に達しました
大豆選別機

 今日は、いろいろと重なった日です。    


 林さんちのスタッフ日記に長男の「二代目夢太の夢日記」が加わりました。まだ始まったばかりでちゃんと続くのかも分かりませんが応援ください。ちなみにまだ画像も入っていません。そして今日は、母親の退院、次男の上京、お正月餅のDM印刷の締め切り、そして私は、富陽小学校の餅つきとめちゃめちゃ重なってしまって大変でした。たまにこんな特異日が現れます。富陽小学校の餅つきは、児童数160名と保護者もそれと同じくらい来られたので約300人の怒涛の行事です。

セイロ10段積みを完了して記念撮影、、もう踏み台がないと届きません(×_×)
富陽小学校

 藤蔭っ子に元気を頂きました(o^-^o)


 午前中、藤蔭幼稚園の感謝の会に招待されて行きました。今年もお歌やたくさんのプレゼントを頂きました。林さんちの食育テーマソング「いのちのじゅもん」も完璧に歌ってくれました。動画を撮るのを忘れたのが痛かった。それくらい上手でした。その後に、絵手紙やカレンダーの贈呈を受けましたが今年は「自立型」というアイデアで出来ていました。これはどこにでも置けるので便利です。そして私のリクエストもあってツナギの贈呈を受けました。背中に「お米めいじん」の称号と膝には「いのちのじゅもん」が書いてあります。これを来てまた子供達と食育授業や米作りを頑張ります。そしてみんなでランチを食べました。いつものように各テーブルを回ってお話をしました。メニューは、久しぶりのカレーライスでした。とっても美味しかったです(⌒‐⌒)

藤蔭幼稚園の良い子たちから今年もプレゼントをたくさん頂きました(o^-^o)
藤蔭幼稚園

 一気に餅つきモードへ移行中です。


 大豆の林さんちの販売分の検査も終了して後は、農協へ出荷分を急いで選別袋詰め中です。でも本来ならその大豆選別作業が終わってから餅つきモードに変換するのですが今年の正月用餅の製造が1週間前倒しでそうも言っておられなくなりました。そこでとりあえずライスセンターの空いたスペースに加工場横の米倉庫からお米を移動しました。これで冬の間は、ライスセンターでお米を保管することになります。たった1週間の前倒しですが相当大変ですがなんとか乗り切りたいです。そして次男が10ヶ月ぶりに帰省して来ました。

米倉庫の移動です、、冬モードに変換中です
米倉庫

 上には上がいます。


 egattaえがったさんに依頼してたモニターの結果が送られて来ました。egattaは、全国の生産者に食べてもらって食材のレビューをクチコミで紹介するサイトです。エントリーは、平成26年産の3種類です。エースの無農薬米は、これ以上早く売り切れると困るのでエントリーしませんでした。林さんちの普通じゃないコシヒカリ http://www.egatta.jp/fooddetail?id=106 林さんちの普通にミルキークィーン 結果は、5段階中、4.1、3.5、4.1でしたが上には上がいるので中の下と言った感じです。林さんちは、自分ちのお米の味が最高だと思うほど井の中の蛙ではありません。味とともに価格、送料、配達スピード、接客といったトータルでお客様は、選んでくれると考えています。そのトータルの中の味の一部として「お笑い」が加味されると嬉しいです(o^-^o) 今日、大豆の検査をしました。これで林さんちの販売用の大豆は全て確保できて一安心です。

大豆の検査終了、、全量3等でしたがまったく問題ありません(o^-')b
大豆

 お餅つきが本格化して来ました。


 昨日の消火栓点検の後に消防団のボーリング大会がありました。でも私のスコアは、2ゲームで190、、(ToT) しかも第2分団の成績もブービー。その後の打ち上げでちょっと二日酔いでした。そして今日は、祝い餅のセットに入れる切餅を製造しました。でも完全に注文数を予想しての見込み製造です。セットモノは、商品が揃っていないと1個でも不足すると作れないのが怖いです。でも毎年、結局怖くて製造を手控えては繁忙期に欠品している。今年こそは!と思ってたくさん製造しているつもりだが果たして今年は、欠品無しで乗り切れるだろうか?

祝い餅用の切餅を製造中、、完全に見込み製造なのでちょっと怖い
祝い餅

 祝い餅や報恩講餅の配達来店で朝から休日出勤中です。


 今日は、秋の防火デーでパレードと消火栓点検、そして分団や署対抗のボーリング大会があり最後は、打ち上げの焼肉まであります。そしてさらに朝から祝い餅や報恩講の準備もありました。私も出動前に雨で濡れないようにお餅の箱をポリシートで包む作業に出勤。この時期は、時雨れることが多いのでほとんどの祝い餅の箱にポリシートで防水するので時間がかかります。それから野々市消防署へ集合して粟市長、団長、署長の訓示を受けてパレードに行くポンプ車を見送ってから残った分団員で消火栓点検に出動です。

秋の防火デーに合わせて消火栓点検も行います
消火栓点検

 お正月餅の段取りで頭が痛いです。


 林さんちの通販サイトにレビュー機能が追加されました。これでお客様の反応を見ることが出来るので今後のお米やお餅の生産や販売の改善に繋げられます。書き込むと200ポイントをゲットできるので皆さん積極的に書いてみてください。出来れば愛のある書き込みを期待しています(o^-^o) そして今日は、昨日の「○○のみ会」という楽しい飲み会で二日酔いで頭が痛い上にさらにお正月餅の段取りで頭を悩ませています。今日は、資材の在庫を調べて注文を入れる段取りをしました。しかし肝心の生産計画がなかなか作れずに困っています。そんなこんなでワイワイやっているところへ、稲刈りの時に来たナゾの研修生からカツオのたたきが届きました。これで今晩もまた一杯できるということです(o^-^o)

カツオのたたき、、ナゾの研修生から届きました(o^-^o)
かつおのたたき

 お天気が良いのですが室内作業を優先しています。


 この時期にしては珍しい好天が続いています。この天気で田んぼを耕して回りたいところですが加工場での祝い餅や赤飯の注文の仕事を優先しています。さらに大豆の選別袋詰めも急いでいます。とりあえずの販売分を確保してネット通販でいよいよ新豆の発売を開始しました。でも7トンの予定のところ2トンだけが袋詰めが終わっただけです。11月中旬には、お正月餅が本格化するのでそれまでに詰め終わってライスセンターのスペースを空けないと段ボールやその他資材が入りません。こっちも優先事項でやっています。そんな時に8時間耐久レースで支援した中山真太郎選手から林農産ステッカーを貼ったマシンの写真を頂きました!

中山真太郎選手のマシンに林さんちのステッカーがぁ~!
中山真太郎

 お正月餅の段取りでヒートアップ中です。


 現場では、大豆の選別袋詰めと平行して祝い餅のセット用の切餅の製造をしています。この切餅の製造は、受注があるだろうという予想で製造しています。祝い餅の注文が急にあってもセット商品は、中に入れる切餅が足りないと組めません。しかも不足した場合は、簡単に作れないので前倒しして作ってストックする必要があります。現状では、あまりバックオーダーが無いのでちょっと恐々の製造です。でも例年の経験から言うとお正月餅の製造が始まって祝い餅の切餅製造が滞った時に必ず欠品するパターンを繰り返しているのでここは勇気を出してストックを作ることにしています。はぁ~~ちゃんと注文がありますよ~に!


祝い餅セット用の餅つき、、前倒し製造です
祝い餅セット

 お天気も良くて外仕事も順調です。


 11月に入ってからは、さすがに時雨れることもありますが今日は、快晴。この隙に市街地の田んぼを耕して回っています。雨の中、耕すとアスファルト道路に泥を撒き散らすので晴れていないと大変です。そしてライスセンターでは、平成27年産の大豆の検査をしました。もう6日の給食大豆の注文に間に合わすために7トンほどの予定のうち2トンだけ検査をお願いしました。素早い農協さんと検査機関の対応に感謝です。これで数日中には、林さんちのオヘソが白いエンレイ大豆を販売開始出来ます。

大豆の検査をしました、、これで販売出来ます(o^-')b
大豆検査

 赤飯は、ネット通販では買えない商品です。


 文化の日、、でも長男も休日出勤して赤飯を朝から作っています。私は、祝い餅の受け渡しもあるのでお店番で出社。林さんちの「赤飯」「おこわ」「みたま」と言った商品は、ネット通販では売っていません。電話注文のみでしかもパンフレットには、隅っこにそぉ~っと載せてあるのですがそれでも結構口コミで注文が入ります。それぐらい美味しいということなんですがどうしてもご注文が休日祭日に集中するので社員に休日出勤を要求することになります。だからあまり積極的に販売出来ないのがちょっとネックです。それでも稲刈りが終わるとほぼ毎週のように注文があるので作ってします。社員のみんなも積極的にやってくれるので助かります。そしてセイロの関係上どうしても受注分以上出来るのでそれをAコープの生産者直売コーナーで売っています。これがまた口コミを呼ぶんでしょうね。

赤飯、、自分で言うのもなんだけど超美味しい!
赤飯

 雨が降りましたが祭日の谷間で全開です。


 今日は、明日の文化の日の間の月曜日でしかも月初めなので業務が多い。しかも昨夜、火災があってその防御報告書も提出と朝から全開です。昨夜は、林さんちの田んぼのフェスティバルで活躍してくれているバレンタインズの2号さんに誘われて金沢市内のスーパー銭湯にあるイベントスペースでのライブに行きました。当初は、ライブ聴いてビール飲んでお風呂でマッタリの予定でしたがその晩に消防団員募集の説明をして欲しいとある町内からお声がけを頂いたのでノンアルで我慢して途中退席の予定になりました。幸いバレンタイン2号さんの出演は、前半だったのでラッキーと思ってライブの一曲目が始まってしばらくしてメールが入りました。え?と思って見ると火災発生メール、、しかも野々市市。前列にいたのでお客様を掻き分けながら出て遠くに停めた車まで走って現場へ急行。幸い到着前に鎮火メールがありました。でも中途半端にライブにも戻れずそのまま町内会さんに説明に行きました。楽しみにしていたのにトホホな夜になりました(* ̄▽ ̄*)

報恩講のお餅の注文が増えて来ました、、祝い餅もボチボチです
報恩講

 今日は、貴重ななんにも無い日曜日です。


 ついに11月に入ってしまった。今日は、お餅の注文も何もない珍しい日曜日です。でもすでに年末の餅つきの準備をしなくてはいけない。心穏やかで居られずに結局事務所にこもっての仕事をしています。それにしても11月なのにこの快晴は、どうしたものか!おかげで林さんちの目の前にある富陽小で今日開催のバザーにも朝早くからすでに長蛇の列が出来ています。私の頃と比べて児童数が1.5倍なので大変です。今年のPTA会長は、我が消防団の分団員でも頑張っている栗山くんなので頑張って欲しいと願っています。

快晴に映える林さんち名物の巨大鏡餅です、、(o^-')b
巨大鏡餅