稲刈りを完全に長男に任せました・扇が丘幼稚園に来年田んぼが出来ます

 稲刈りが遅れて私もいろいろと日程があって稲刈りに参戦出来ません。


 以前なら私が稲刈り出来なかったら稲刈り中止か専務が籾摺りを止めて稲刈りをしていました。でも長男もそろそろ稲刈りで独り立ち出来そうなレベルに来ました。昨晩からの暴風雨で午前中は、稲刈りが出来なかったのですが午後からの稲刈りは、完全に任すことにしました。子供の頃には、良くコンバインにも乗せたし中学生の頃には、もう直線部分ではコンバインを操縦していたました。だからすでに遺伝子には、組み込まれているのでそんなに教えなくても上手に刈っていました。あとは、倒伏、軟弱、狭小と言ったハイレベルな稲刈りをどれだけ出来るかですね。これもまあ経験を積めば大丈夫でしょう。ちょっと心配で夕方見に来ましたが要らぬ心配だったようです。

長男に今日は稲刈りを完全に任せました、、上手に刈っていました(o^-^o)
カグラモチ

 午前中に野々市市内の扇が丘幼稚園の稲刈りに行きました。ここの稲はポット稲なので一人一人私と鎌を持って刈って行きます。そして稲を紐で縛って名札を付けてミニミニ稲架干しをして終了です。乾いたら脱穀は、割り箸で行います。稲刈り終了後に来年の園庭に出来る田んぼの設計について先生と相談しました。私も初めてのことなのでいろいろと案を提示して来ました。素晴らしい田んぼが出来ることを信じています。そして午後は、ネットの相談会を会社で行いました。相変わらず脳みそが沸騰するような時間でしたがなんとか思ったような方向で対応出来ました。あとは、そのことを実現するかどうかにかかっていますo(^o^)o

扇が丘幼稚園の稲刈り、、ポット稲なので一人一人私と刈りました
扇が丘幼稚園

エンディングノートセミナー、、大事なことです
エンディングノートセミナー
このエントリーをはてなブックマークに追加