超普通じゃないコシヒカリ、女王さまミルキークィーン、宇宙米の販売に向けてダッシュ中です・田んぼの中はワナだらけです

 超普通じゃないコシヒカリ、女王さまミルキークィーン、宇宙米の検査終了です。


 雨の中を何度も何度も刈って来たのは、このお米を刈り遅れないためです。田植えは、日が空いていますが実りは、一気です。おかげ様で品質低下もなく全て1等米になりました。特に「林さんちの宇宙米」は、通常のお米と変わらぬ品質。収量は、800キロで10a(300坪)当り196キロ。初年度238キロ、昨年92キロ!とまさしく2年目のジンクスに撃沈していました3年目の今年は、除草に頑張りました。そして多くの方にも手伝って頂き本当に感謝です。しかも初年度は、明らかにチッソ飢餓状態でしたが今年は、それもなく粒も揃っています。こりゃ試食が楽しみです。不純物が無いお米は、玄米ご飯にしても白米と変わらぬ食感です。しかも甘い、、来年に向けて種籾と籾殻も確保したのでさらなる上を目指して行きます。なにせ名前に宇宙がついていますからo(^o^)o

主食用のお米の稲刈りラストスパート、、凄い秋晴れです\(^o^)/
林さんちの普通にミルキークィーン

 そして今日は、主食用のお米のラスト「林さんちの普通にミルキークィーン」の刈り取りを半日分残すのみ。しかもお天気良いし田んぼは広いし、、と油断していてはいけません。ここにワナが仕掛けられています。それは、電柱のワイヤー、、これに田植え機、トラクター、そしてコンバインを引っ掛けるのです。頭の中で「ワイヤーあるぞ!電柱あるぞ!」と唱えていてもふと作業に集中すると忘れてしまうのです。でもそんなワイヤーの田んぼも今年限りで来年は宅地になります。とても大きい良い田んぼだったのに残念です。市街地農業の宿命なので仕方ありません。今までありがとうと言いたいです。そしてお米の検査が終わったので次は、販売に向けての準備とカグラモチの稲刈りに向けて「林さんちの普通にミルキークィーン」の乾燥籾摺りをしながら稲刈り機械コンバインと乾燥施設を掃除して行きます。主食用のお米とお餅用のお米が混じると困るのでちょっと時間がかかります。でも肝心のカグラモチが夏の日照不足で実りが青いという情報。う~ん少し待つか?

出た!田んぼの中のブービートラップ、、電柱のワイヤー!
林さんちの普通にミルキークィーン

愛機クボタAR70をカグラモチの稲刈りに備え掃除中ですo(^o^)o
クボタAR70

「林さんちの宇宙米」ついに検査終了、、品質もバッチリです
林さんちの宇宙米
このエントリーをはてなブックマークに追加