雨で苦労した長い一週間が無事終わりました・雨の日の稲刈りはいろいろと操作が忙しいです

 雨ばかりの一週間でしたが稲刈りが出来ない日はありませんでした。


 今週に入ってなかなかハードな日々を過ごして来ました。稲刈りだけじゃなくて夜も風土金澤の棚卸しや会議そしてイベントといろいろあって大変でした。しかもそれに加えてお天気が超不安定でした。ところが雨が降るにも関わらず微妙に晴れて稲刈りが出来るのです。結局、1週間に渡って雨が毎日降りましたが稲刈りを中止した日は、ありませんでした。その分、雨で田んぼが軟弱で操作に倍疲れました。


戦い済んで、、長い一週間でしたがなんとか無事乗り越えました
コシヒカリ

 田んぼが軟らかいと燃費も悪くなります。ドロドロで走行抵抗が増えるのといつもは燃費が悪くなるために使わない水平制御を常用することになります。さらに後進上昇という機能も付加するのでさらに悪くなります。コンバインは、前進しながらドロドロの田んぼにめり込んで行きます。そのめり込んだクローラー痕をバックするとさらにめり込んでしまいコンバインの底を擦ってしまいます。場合によっては、コンバインに後部に泥とワラが詰まって動かなくなります。そこでバックするとコンバインが油圧で上昇する装置があるのです。これは、とても有り難い機能でたまに通常の稲刈りでも使用するとコンバインの下部にたまった泥やワラが落ちます。そんないつもの稲刈りより気を使うことの多い雨の日の稲刈りですが来週の天気予報もイマイチです。今のところ雨でいつ撤収しても良いように、林さんちの田んぼを刈っていますがそろそろコシヒカリの作業請負の稲刈りのお客様からいつ来れる?という問い合わせが来ています。いったいいつになったら秋晴れになるんでしょうか?そろそろ秋晴れを希望します(o^-^o)

相変わらず軟らかい田んぼですが少しづつマシになっています
コシヒカリ

事故多発地帯での籾排出は緊張します、、微妙なS字カーブがヤバイ
コシヒカリ
このエントリーをはてなブックマークに追加