田んぼのフェスティバルの準備も途中で中止です・ピカ選不調米を全部再選別決定です

 田んぼのフェスティバルの前日は雨が恒例になりました。


 今日は、午前中、私は消防分団員のご尊父の告別式。スタッフは、籾摺り、午後は、田フェスの準備の予定でした。ところが籾摺りが長引いて私と長男だけでまずは、テント張り。張り始めてからいざ天幕を載せたら全然サイズが違う。ありやぁ~~天幕を間違えて借りてきたと慌てて公民館へ行きました。ところが天幕は、合っていました。と言う事はフレームの間違い。結局、目出度く組み立てたテント1張り片付けてからまた2張り組み立てるという超ムダな作業でもうヘトヘト。そして農協へプロパンとコンロを取に行ってステージ用のパレットを並べた時点で土砂降りになってしまいました。せめて会場のハウスにブルーシートを掛けたかったけど、、でも昨年同様、また当日の朝からの準備になりそうです。そして籾摺りの方も、ピカ選の復活でいつものように絶好調で1等米になっています。そこで気持ちも落ち着いて来たので今までのピカ選不調米を全部、ひとめぼれの稲刈り前に選別しなおそうとなりました。そう覚悟を決めればスッキリします。でもひとめぼれの新米発売が遅れそうです(* ̄▽ ̄*)

田フェス準備、、テント張りに2時間も(×_×)
田んぼのフェスティバル

 午前中、消防団員の水落くんのご尊父の葬儀に参列。昨晩のお通夜もお参り出来たが今日は、かなり微妙だったが幸い?にして雨で稲刈り中止で参列出来ました。水落くんの挨拶でまだ健在な時に父親に何かして欲しいことがあるなら言って欲しいと聞いたら「思い残すことは一つもない」と言われたそうです。そんな生き方をしたいもんだなと胸がキューとしました。素晴らしい彼の挨拶を聴けただけで参列した甲斐がありました。

田んぼのフェスティバル用のPAを運ぼうしたらさっそく脱そうのチョミゾウ
ちょみぞう

消防団員の水落家の葬儀に参列しました、、行けて良かった
水落家
このエントリーをはてなブックマークに追加