台風11号は平成3年の台風19号と似ている・1ページ2万文字を目指して奮闘中です

 今度の台風11号は危ないコースを取っています。


 昨晩あまり雨が降らない天気予報だったのでコシヒカリの田んぼに水を入れたのだが朝から結構降っていました。コシヒカリは、藤平地内にあるので歩いて回ることにしました。自然栽培「林さんちの宇宙米」の田んぼの道すがらにいつも咲いている綺麗な紫の花が雨に濡れてとても綺麗だったので撮影しました。名も知らぬ花ですが凄く強くてこのアスファルトの農道で毎年可憐な花を咲かせています。帰って調べると「ヤナギハナガサ」という南アメリカからの帰化植物でした。どうりで強いはずです。観賞用に輸入されて種が広がったそうです。それを聞くと綺麗だけどちょっと微妙な気持ちになりますが花には、罪はありませんから。でも今回の台風は、危ないコースを通って来ます。

ヤナギハナガサ、、別名「三尺バーベナ」とも言うらしいです(o^-^o)
ヤナギハナガサ

 忘れもしない平成3年の台風19号と同じコースです。台風は、左回転しているので右側が進行速度との相乗効果で風雨が強くなります。しかもこの時は、いつもは、盾になる白山の西側を回り込むように日本海に抜けてそこでさらにパワーを増してしまいました。台風は、上陸すると山や建物の抵抗で勢力を弱めます。ところが海に出るとそこで水蒸気を補給して遮るものもないので勢力を増すのです。そんなことを当時は、知りもせずにのん気に構えていて大変な目に会いました。今回は、厳戒態勢で臨みます。そしてなんやかんやと時間とれずに進まないのですが現在は、餅ページを作成中です。最低3,000文字と言われていますが現在4,500文字。我ながら頑張ったと思いきやあの竹虎さんは、1ページ2万文字!!、、まだまだですが頑張ります( ̄○ ̄;)

ネットの餅のページを作成中です、、目指せ2万文字!
餅
このエントリーをはてなブックマークに追加