2015年7月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 早くも7月も終わりです。


 まだまだあると思っていた7月が今日で終わり。気づけばもう8月であっと言う間に稲刈りです。明日は、じょんから祭りでハシゴ登りと警備。5、6日は、高知県でネットの講演。7日は、市内の幼稚園で食育授業と忠魂碑法要とプチ同窓会、、その後もお盆休みまでいろいろとあります。あんまり暑いので髪を切って来ました。これで気合十分ですo(^o^)o

8月上旬もイベントてんこ盛りなので夏毛仕様にしました。
なかむら

 稲刈り準備が着々と進んでいます。


 ライスセンターで専務がコンバイン、籾摺り機一式、乾燥機の整備を着々と進めています。それを横目に見ながらその周辺の資材の調達も並行して行っています。でも稲刈り前に、どうしても済ませたいネット関係のややこしい整備と宇宙茶のページの段取りがなかなか進ません。8月5日の高知県のe商人セミナーでの講演資料までなかなかたどり着けません。サーチコンソール、、いわゆるwebマスターツールだがなんで名称を変えるのか分かりません。でも中身は、同じです。そこで調べるとどうにもこうにも天文学的な数字で改善点や問題点が出て来ます。最初からちゃんと理解してページを構築しないとどんどんエラーが積み重なってしまいます。それを後で修正するのは、本当に大変な作業です。でもなんとか改善して検索率をアップしないとドンドンと数字が悪くなる一方です。稲刈り前にちゃんと直して新米発売でスタートダッシュを決めたいところです。


クボタAR70、、スタンバイOK!
クボタAR70

 お茶は濁ってはいけません。


 田んぼのフェスティバルの打ち合わせを昨晩行いました。今年のテーマは、「宇宙茶のデビューです」。さっそく現在、生産中で手元にわずかにあったサンプルで「宇宙茶」を入れてみんなで試飲しました。そしてみんなにリーフタイプを茶葉「ちゃば」と呼ばない。日本茶に世界では、「ちゃのは」と呼ぶ、なぜなら「お茶は濁ってはいけないから」と説明すると驚いていました。さらに「ティーパック」ではなく「ティーバック」と書くと言うと驚いていました。パックするのではなく「お茶をカバンに入れる」という意味だそうです。一つ一つがうんちくが深くてお茶の世界は面白いです。

田んぼのフェスティバルの打ち合わせです、、今年も上手く行きますよ~に!
田フェス打ち合わせ

 撒くモノ撒いてしまうと後は、草刈りするのみです。


 田んぼへの肥料散布も終わりあとは、実るのを待つだけです。となるとこの好天でスクスクと育っている農道や畦の草刈りが主な作業になります。今では、私は、ほとんどこの作業に参加しないので心苦しいですが頑張ってもらうしかないですね。今日は、紙マルチ田植えを平成5年、、つまり林さんちより8年も前からやっている兵庫県の方々が見学に来られます。そのためのプレゼンの準備をしました。

ひたすら草刈りの日々です、、今日は曇りで助かった
草刈り

 飼いならしたカモ、、宇宙田にいる鴨は近づいても逃げません。


 朝、自然栽培「林さんちの宇宙米」の田んぼ通称「宇宙田」に水周りに行くといつもの鴨達がいました。入水パイプの方に歩いていてふと見ると凄く近くにいて驚いた。それほど近くても逃げないのです。田んぼの作業も撒く資材は、撒き終えたので後はひたすら草刈りの日々です。炎天下の中なので大変だがもうすぐ稲刈りなので急いでいます。

鴨、、最近ではかなり近づいても逃げなくなりました(o^-^o)
鴨
2015年07月26日

米屋さんのマーケティングセミナー、、お米を作っていても米屋の技術は、知りませんでした。ブレンドという言葉でなく合組、、つまり合わせて組み合わせるという表現は、新しいです。そしてさらに用途に合わせて組み合わせを変えて販売されています。試食したけどわずかの差で味がすごく変わることに驚きました。もっと我々農家も勉強が必要だなと感じました。

P1160380.JPG

 第63回石川県消防操法大会に炎天下の中でビデオ撮影をしました。


 朝、7時集合で第63回石川県消防操法大会のビデオ撮影に行くから集合って言ったのに来たのは、たった一人、、(-_-#) 負けた時が一番大切なことを分からない分団員に少々お怒りモードで会場へ急ぎました。まずは、ラッパ隊の演奏で入場から始まるいつも開会式です。違うのは、出場隊では、なく撮影側ってこと。ちょっと歯軋りしながら操法開始を待ちました。でも朝から場所取りをしたのは良いがもう暑くて大変です。一緒にいった分団員は、あまりビデオ撮影をあてに出来ない奴なので一人で撮影することを決意。まあ私が撮影すれば完璧なのだが、、( ̄○ ̄;)

超炎天下の中、全18隊の撮影を敢行、、死んだ(×_×)
第63回石川県消防操法大会

 穂肥え散布のラストスパートです。


 昨日の雨から一転晴れたのでカグラモチの穂肥え散布を開始したが予想外に幼穂が伸びていた。幼穂チェックをした田んぼが後半の田植えエリアだったようだ。油断大敵、、急いで散布開始です。なんとか間に合いますように。

カグラモチ穂肥え散布開始です、、ちょっと遅れたか(* ̄▽ ̄*)
カグラモチ

クボタAR70、14年目に突入です。


 台風一過梅雨明けって聞いたような気がするけど今日は、1日中雨。専務は、昨日、ライスセンターに持ち込んだ私の稲刈りコンバインAR70を整備開始です。そして今日は、ほぼ1日中パソコンにかじり付いてHPの膨大なページのタイトルとメタディスクリプションを書き換えていました。結局、コピペや自動生成がいけないということが分かり全てを手打ちしました。文字数3万5千文字、、死にました。本当は、もっとすることがあるのですが神経痛も出てきて限界なので止めました。

愛機クボタAR70の整備開始です、、今年も頼むぞ!
クボタAR70

ガラケーの東芝製T002が復活です。

 先週に壊れた私のガラケーですがなんと保険が効いて無料で修理されて帰って来ました。データもバッチリと残っていてサックサクです。代替機もとても使いやすかったけど微妙にボタンの配置が違ったり開く方向が違うので違和感がありました。次に壊れたらもう部品がないので中古で機体を買おうと調べたらこの東芝製T002のレビューがあまり良くない。へぇ~こんな名機なのに使う人によって全然感じ方が違うのね?と思いました。私には、ピッタリのガラケーちゃんです。もう壊れないでくれよ(o^-^o)

東芝製T002が修理完了しました、、はぁ~助かった
東芝製T002

 ハナエチゼンが穂揃いしています。

 今年の稲刈り予定日は、お盆明けの8月17日です。数えたらもう28日しかない!ライスセンターでは、専務が、籾摺り機、選別機、色彩選別機等々を引っ張り出して掃除中です。これらをまた元に戻してから稲刈りに備えます。私の方は、朝から打ち合わせがあってなかなか本来の仕事が進みません。現在、HPの300ページに渡るタイトルとメタクリプションを修正中です。午後こそは、集中していい加減に済まします。

稲刈り準備中、、あと28日になりました( ̄○ ̄;)
稲刈り準備

 倒れそうな大松明にヒヤヒヤの虫送り祭りでした。


 昨日は、暑い中バイクでウロウロしたのでかなりお疲れちゃんで虫送り祭りの警備に突入。しかも順延で消防団員も欠席者が増えて少数精鋭での警備になりました。しかも例年通り?の超大型松明、、以前、折れて倒れて見学者に当たりそうになって危なかったのでヒヤヒヤでした。点火してからは、ずっと上ばかりを見ていましたがなんとか無事折れずに最後まで立っていました。でも丈夫な骨組過ぎてその後の後片付けが大変でした。結構、燃えずに竹が残ったけど大丈夫かな。

虫送り、、15m超の大松明に点火!
虫送り

 おわらサーキットで懐かしい人と会いました。


 石川県のプロライダーの中山真太郎さんが8耐に出ると知ってわずかですがスポンサーをしました。なんと言ってもレースは、金がかかります。そんな中、あの8耐を含め多くの国内レースに参戦している中山さんは、凄いと思います。さらにいろんなバイクイベントも開催してレース人口を増やそうと努力もされています。そんなイベントの一つで「北陸バイクフェスティバル」があります。今回、誘われて富山県八尾のおわらサーキットまでNM4-02でツーリングがてら行ってきました。バイクナビ用に搭載したネクサス7も今回は、完璧に作動してくれて無事、現地まで私を導いてくれました。中山さんは、主催者なので走り回っていていました。そんな中、快くツーショットで写真も撮らせて頂きました。

中山真太郎さんとツーショット、、8耐での活躍を祈っています。
中山真太郎

 昼間のストロボ撮影が基本です。


 台風が何事もなく過ぎて行きました。本当に災害の少ない石川県に感謝です。でも雨は、まだ降っています。おかげで今日の夜開催予定の地元の火祭り「虫送り」が明日に順延です。消防団で午後6時集合で警備の予定でしたがポッカリ予定が空いてしまいました。でも私は、HPの宿題が山積みで朝からパソコンにかじりついて作業をしています。あんまり集中して疲れたので外で花壇の撮影で一休み。さっそく昼間のストロボを試そうとしますが強制発光が分からない、、( ̄○ ̄;) まだまだ先は、長そうです。


雨に濡れた花壇を撮影しようとストロボを実験、、え?発光しない(×_×)
花壇

 石川県は台風11号接近中ですが今のところ静かです。


 朝から雨かと思いきや微妙に降っていない。そこでさっそく穂肥え散布に出動したけど雨で戻って来たようです。とりあえず、普通じゃないコシヒカリに2回散布、超普通じゃないコシヒカリ1回散布、そして今日は、女王さまミルキークィーンの2回目散布。明日から3連休なので今日が今週最後のチャンスなのでなるべく穂肥えは、撒いておきたい。しかし嵐の前の静けさです。ライスセンター周りは、外に置いてあったパレットも中に入れたしその他も飛びそうなモノは片付けました。あとは、大したことが無いことを祈るだけです。

女王さまミルキークィーンの2回目の穂肥え散布、、雨で撤収でした
女王さまミルキークィーン

 今度の台風11号は危ないコースを取っています。


 昨晩あまり雨が降らない天気予報だったのでコシヒカリの田んぼに水を入れたのだが朝から結構降っていました。コシヒカリは、藤平地内にあるので歩いて回ることにしました。自然栽培「林さんちの宇宙米」の田んぼの道すがらにいつも咲いている綺麗な紫の花が雨に濡れてとても綺麗だったので撮影しました。名も知らぬ花ですが凄く強くてこのアスファルトの農道で毎年可憐な花を咲かせています。帰って調べると「ヤナギハナガサ」という南アメリカからの帰化植物でした。どうりで強いはずです。観賞用に輸入されて種が広がったそうです。それを聞くと綺麗だけどちょっと微妙な気持ちになりますが花には、罪はありませんから。でも今回の台風は、危ないコースを通って来ます。

ヤナギハナガサ、、別名「三尺バーベナ」とも言うらしいです(o^-^o)
ヤナギハナガサ

 携帯の日でした。


 朝から携帯の画面が真っ黒。一瞬、見えたりするがやはりダメ。そこでアサイチに白山市の携帯ショップに行って修理を頼んだが愛機、東芝T002は、2008年8月22日に購入して7年目です。すでに2回の大修理を経ています保障期間も過ぎて今回は、実費の修理になります。しかも後半年で部品の供給も停止されるので事実上最後の修理になりそうです。しかも修理の上限を決めてくださいというので機体の価格を聞くと4~5万円というので2万円に設定しました。よほどのことが無ければこれで直ると信じています。その後、松任駅に8月5、6日の高知県行きのキップを買いに行きました。

愛用の携帯が朝から画面真っ黒、、誰からかかったか分からん(* ̄▽ ̄*)
東芝T002

 エアコンの復活その2です。

 朝から暑い、、水回りで自然栽培「宇宙米」の田んぼで「ねこじゃらし」が綺麗だったので撮影していただけで汗だくでした。そして昨日は、強風で散布出来なかった普通じゃないコシヒカリに穂肥えを散布しました。でも意外に幼穂が小さいのとやはり風が強くて中断しました。とにかく1回目を次の雨までに終わらせたいのだけど。そして工場に行くと米倉庫のエアコンの効きがイマイチ。原因を見ると室外機のラジエーターが詰まっていました。そういえば昨年は、エアコン業者に掃除してもらいました。でもこの暑さですぐに来れない。そこでとりあえず外からブラシで擦ってみたけどわずかに復活。やはりこれが原因だと特定できました。

朝から暑い、、ねこじゃらしが綺麗でした
ねこじゃらし

 蘇れ!エアコンよ!

 今日は、普通じゃないコシヒカリの穂肥え散布予定日。ところが朝から台風の影響でフェーン現象で熱い熱風が吹き荒れています。これじゃ散布どころじゃありません。朝、田んぼに幼穂を確認に行ったら可愛い花が中に咲いていました。可愛いのですがこのウリカワが生えると稲の養分を奪うのであまり生えて欲しくない草の一つです。そしてあまりに熱いので朝から米倉庫や工場のエアコンを入れたらなんとフィルター掃除のエラーで停止。この一番大事な時に、、( ̄○ ̄;)

花は可憐なんですが、、あんまり生えて欲しくないウリカワです(* ̄▽ ̄*)
ウリカワ

 今日は、石川県の若手農業者のホープ二人を訪ねました。

 朝からすでに暑い中、水回りに行くとすでにハナエチゼンの穂が出始めていて驚きました。7月16日が出穂予想だったので当然と言えば当然ですがやはりまだ7月12日の段階では驚きます。そして今日は、お天気も良いのでバイクで少し遠出をしようと思っていました。しかしどこへ行くと言っても行き先は、農業者のところです。今回は、吉野谷の粟野秀くんと小松の宮本健一くんのところを強襲しました。まずは、お土産の揚げ餅を積んで愛機NM4-02にネクサス7とナビをセットして準備万端で出発です。

ハナエチゼンの走り穂がもう咲いていました、、早いなぁ~(* ̄▽ ̄*)
ハナエチゼン

 木村秋則さん+高野誠鮮さん=林さんちの宇宙米≒宇宙茶の方式が林さんちにあります。

 7月19日夜9時からのTBS日曜劇場で高野誠鮮がモデルのドラマが始まります。これに興奮してしまい思わずブログを書いています。高野誠鮮さんと知り合ったのは、2006年1月にアグリファンド石川(私が借金友の会と呼ぶ農業者の団体)の総会の基調講演をお願いした時からです。当時から「ローマ法王にお米を食べさせた男」として石川県では、すでに有名になっていました。しかし私が知り合ったキッカケは、人口衛星で稲の食味を計ってそれを「神選米」として付加価値を上げるという話でした。これを考えた人ってどんな人?と思って調べたら能登の羽咋市にコスモアイルという宇宙船やUFO博物館を建てたり、神子原という限界集落で超高級米「神子原米」やそれで作ったお酒「客人(まれびと)」と言った凄い人でした。そんな凄い人が石川県にいるならぜひお話を聞きたいと思い石川県の農業試験場であった「神選米」のセミナーの後にアポイントを取りました。そして颯爽と現れたのが超カッコイイ!ポルシェに乗った高野さんでした。げぇ~~凄い車だなと後ろを追っかけながら打ち合わせ会場の「本ぶどうの木」のレストランまで行きました。そこで聞いたお話がまたまたぶっ飛んでいて高野誠鮮さんってお坊さんだったのです!!え~~~!羽咋市の職員じゃなかったの?しかもなんでお坊さんがポルシェに乗っているの?と聞いたら「欲しかったけど高かった。そこで安く輸入して買った」と言うのですがその時点で目が点でした。これが最初の衝撃の出会いでした。

高野誠鮮さんと羽咋の山中でバッタリ会いました、、(◎_◎)
高野誠鮮

 自然栽培米の宇宙米の田んぼにはいろんな花が咲きます。

 朝の水回り中に、見かけないピンクの花を発見。思わずかがんで見てみるとなんだかネジネジでワインのコルク抜きみたいな形。見回すといくつか咲いていました。形がユニークなのでそのネジネジ具合を撮るのに体をあっちにやったりこっちにやったりカメラもグルグル回して結局撮ったのがこれです。自然栽培米の田んぼの畦には、除草剤を使用しないのでいろいろな野花が咲くので楽しいです。ちなみに田んぼの中も、いろいろと咲き始めていますが、、( ̄○ ̄;)

ネジネジの花は、本当にネジバナと呼ばれていました(o^-^o)
ネジバナ

 田んぼでは稲の赤ちゃんが産声を上げています。


 今日は、わくワーク最終日、恒例の田んぼ回りを石川農林総合事務所の担当者と行いました。林さんちのほとんどの品種の稲の状況を見て回りました。しかしもう早生に関しては、幼穂がもうあと1週間もすれば出穂という状況でした。その中でもやはりひとめぼれの市街地の穂は、もう今にも出そうな勢いで籾もかなり大きくなっていました。中を覗くともうメシベとオシベが出来上がっていました。

ひとめぼれの幼穂の中、、もうメシベとオシベが見えます
ひとめぼれ

 苗箱1万箱が早くも片付きました。


 昨日からのわくワークに備えて用意してあった苗箱1万箱がもう今日の午前中早々に片付け終了してしまった。スタッフ総出でやったこともあるけど驚きのスピードです。確か普通は、3日間で終わらないんだけど。でもおかげで予定していた納屋の前のコンクリートの打ち直しにかかれます。ここのコンクリートは、昔々に父親が自分で打った記憶がある。でも補強も何も入っていないし所々にパッチも当っていて凸凹。しまいには、昨年その凸凹に足を引っ掛けて母親が足の指を骨折。そこで綺麗にすることにしたが春先から納屋の二階の倉庫にある苗箱の上げ下ろしで工事を待っていてもらっていたのです。予定より3週間以上の余裕でかかれますo(^o^)o

1万箱の苗箱がもう片付きました、、中学生頑張りましたo(^o^)o
わくワーク

 口に苦いことを言ってもらえる貴重なメンバーと飲みました。


 昨日の夜にたまたま予定がなかった日にいつもやっている『〇〇のみかい?』のメンバーから召集がありました。それも前の日の午後、、それでも瞬間で段取りが決まって小松まで乗り合わせで飲みに行きました。このメンバーと飲むといつも何話したか忘れるのですが、今回は、なかなか厳しい指摘が多くてちゃんと覚えていました。まず「3割引とは何事や」「熟成米として売れんのか」「23世紀と言っているが明確なビジョンが無い」「長男が就農して大人しくなった」等々、、今回は、かなり私への意見が多かったです。どれもこれももっともな事なので、なんとかしたいと思っていることです。でも思っていてもダメなので実行に移せるようにしますo(^o^)o


『〇〇のみかい?』、、今回は『みやけんのみかい」で小松集合です
のみ会

 梅雨真っ只中ですがもう秋の気配です。


 昨日、青年塾の講座も終わってホッと胸を撫で下ろしています。そして今日は、予定表がまったくの空白の珍しい日です。そんな貴重な一日ですが結局メルマガを書いたりいろいろと細かい作業をしているうちにすぐに時間が経ってしまいました。そして青年塾の会場として空けてあったライスセンターもいよいよ秋に向けての準備が始まります。今では、お盆休み明けにすぐにハナエチゼンの稲刈りが始まるので今から油断なく準備をします。

そろそろ秋の準備の始まります、、ついこの間田植えが終わったと思いきや(o^-^o)
米袋
2015年07月05日

 研修でテデトールをしてもらいました。


 今日は、青年塾の金沢講座が林さんちに来ました。講話の他に研修として自然栽培「宇宙米」のテデトールをしました。最初、草取りを研修にするの?と思いましたが事のほか好評でなんと上甲塾長と美代子さんまで裸足で田んぼに入ってテデトールをしました。

青年塾の金沢講座、、林農産の部の始まりです(o^-^o)
青年塾

 幼穂は書いて字の如く穂の赤ちゃんです。


 今日は、地域に田んぼ巡回の日です。JAと農業総合事務所の方が各町内を回って稲の状態を確認します。その時に大事なのが幼穂の確認。この状態を見るとことによって出穂時期、刈り取り時期も分かります。そして大事な肥料散布の時期も分かります。でもこの時期は、林さんちのコシヒカリは、まったく幼穂が見えない状態です。でも町内の早い田んぼでは、もう1センチも伸びているところもありました。

早い田んぼでは、コシヒカリの幼穂がもう伸びていました、、(◎_◎)
幼穂

 北崎くんはデザイナーのにおいのする男です。

 白山市の剣崎町で無農薬野菜を育てている若手農家「うつろふ」の北崎くんの田んぼに行って来ました。それは、新しい除草機「KIORITZ PC3000」(動画)を購入して除草をしていると聞いたからです。体験させてもらいましたがエンジンが付いて前進するとは言えアメンボ同様楽ではありませんでした。ただ凄い勢いで除草をしてくれました。でも除草機の話もそこそこに初めて来た北崎くんの畑や話に夢中になりました。彼は、高校も同じそして大学も金沢美術工芸大学の工業デザイン科を卒業してデザイナーをしてから就農した、、つまり私と同じ歩みをしている若手農家です。ここまで似ている人に会ったのは初めてでした。でも彼の話を聞いていると「農業」は、彼のライフスタイルをデザインするための「ツール」に過ぎないのだなと感じました。だからそのためにどうやれば栽培が出来るのか?経営出来るのか?と考えています。私よりデザイナーのにおいがするいい男です(o^-^o)

北崎くんのドームハウス?の前で、、いい笑顔です
北崎

 カルガモがなぜかたくさん集まって来ました。

 最近、自然栽培「宇宙米」の田んぼに行く度に、カルガモが増えています。今日は、10羽以上がいて驚きました。きっとエサが豊富なんだと思います。他所の田んぼで中干しが始まっているのもその原因かもしれませんがもっと来れば「カルガモ農法」で草が生えないのでは?と淡い期待も持ちつつ見ています。でもカルガモなら何羽来ても大歓迎です。山ではイノシシ、サル、カモシカが集まって来ることを思えば都市部の田んぼは、その点メリットがあるかもしれませんね(o^-^o)

カルガモが宇宙田に集まって来た、、(o^-^o)
カルガモ

 ストロボ沼にはまらないように!


 昨日の写真撮影講座で教えてもらったオフストロボの技を使いたくてついに禁断のストロボを購入してしまった。基本的に、ストロボは使わずに今まで撮影して来た。どうしても突拍子もない写真になってしまうからです。でも今回のストロボの利用は、昼間の私の農作業風景の撮影が前提になっています。なぜ昼間にストロボが必要か?それは、今後の私の写真で分かるようになれば嬉しいです(o^-^o)

ついにストロボの世界に、、上手く使えますよ~に!
ニッシンi40