藤陰幼稚園に食育授業に行きました・久しぶりの雨で加工場にこもっています

 子供達の鋭い突っ込みにタジタジです。

 今日は、藤陰幼稚園さんへ食育授業。ここの会場が2階なのでいつも重い食育授業のグッズを揚げるのが大変したが今日は、わくワークの中学生に持ってもらいしかも六星さんの社員さんが見学に来て手伝ってもらい助かりました。実は、昨日の宇宙米の田んぼの補植と草取りで背中ギックリがひどくて、、(×_×) でも食育授業の方は、いつもは、なかなか答えの出ない牛のエサや命と言った答えをすぐに答える子供達でなかなか優秀でした。そして恒例の質問タイムでは「田んぼは、どうやって出来るんですか?」とか「田んぼの水は、どれぐらい必要ですか?」と言った難解な質問が連発。まさか「基盤整備事業」って言うわけにいかず「園庭に畦を作って田んぼの土を入れれば出来るよ」と苦しい回答。田んぼの水は、「お風呂千杯分」って答えたけど合ってないよなぁ~~(×_×) そして仕事は、久しぶりの雨でタイミングよく餅つきをしています。

藤陰幼稚園の食育授業、、恒例の子供達の質問コーナー!
藤陰幼稚園

 田植えの最中は、さすがに餅加工は、難しいので我慢していましたが欠品が相次いで来て急いで搗くことにしました。ちょうど良く雨も降って気温も低くてちょうど良かったです。やはり気温が高いと餅の乾燥やカビの問題が出て来ます。林さんちの加工場は、全天候型ではないのです。数年前の改装でエアコンを装備していますが気温も下がりますが餅の表面も乾燥してしまうのです。今回の餅つきでしばらく在庫が出来るのでホッとしています。

藤陰幼稚園の食育授業は、保護者へも行います
藤陰幼稚園

久しぶりに餅つきをしました、、雨でちょうど良かった
餅つき

わくワークの生徒も加工場で頑張っています
わくワーク
このエントリーをはてなブックマークに追加