入学式で赤飯が売れました・新型田植え機は使いやすさがハンパないです

 入学式ですが寒い日になりました。

 今日は、地域の小学校と中学校の入学式があって赤飯の注文が相次いだ。でも凄く寒い雨が午前中降っていてスタッフは、加工場にこもっていました。私は、早親に頼まれていつもの育苗ハウスの中の畑作りで耕運機を動かしました。最近は、トラクターに乗せてもらえずいやもう乗れないのでコイツで頑張っています。

 昨日、専務が新型田植え機クボタ・ZP55の説明をしてもらったが私のかつての田植え機より進化しているのは当然だが、専務の数年前よりかなり改善してあって驚きます。まずは、予備苗の台が、専務の変なローラー付きから以前のシンプルな台に戻っていました。あのローラー付きの台は、まったく役に立たず邪魔なので外していました。でもたまに苗を載せる必要がある時は、時間をかけて組み立てねばならず本当に面倒でした。ようやくクボタさんも改悪だと気づいたようです。あとアイドリングストップ機構が付いているけど林さんちでは、もう20年も前から苗補給では、エンジンを切っているので「ようやく気づいたか」と言った機能です。でも残肥料の排出が凄く簡単になっていてしかも袋の受けまである。肥料調整も大変簡単になったので今から田植えが楽しみです。そんなことしていたらバイク屋さんが、専務のディアゴスティーニバイクCB750Fを取り来た。ついに車検だそうな、、一体何台バイク持っているの?

最近の愛機はクボタTR600、、169cc4馬力です(⌒‐⌒)
クボタTR600

今年の田植えの相棒ですクボタ・ZP55、、新機能満載ではしゃいでいます\(^o^)/
ZP55

ついにディアゴスティーニバイクが完成、、車検です
CB750F

このエントリーをはてなブックマークに追加