医者に行って注射を打ちました・新型田植え機が登場しました

 昨日、医者に言ってここ1ヶ月ほど喉の風邪が治らないと言ったら速攻で抗生物質を打たれました。喉から気管支へ症状が移っていたので仕方ありません。おかげで体も動くようになりました。お天気も良いので現場では、床土運びとそれに伴う倉庫へこ米移動をしています。平行して味噌作りも行っています。私も滞っていた事務仕事をしています。そして営農に用事があって寄ってみたら農機整備場に林さんちの新型田植え機と思われる田植え機が鎮座しておりました。私も以前の田植え機は、とても気に入っていたのですが9年間の使用でボロボロになってついに手放しました。それでもどこかで中古田植え機として使われるはずです。そして今回の田植え機も型落ちの田植え機を探してもらい購入しました。そんな最新型にこだわる理由が今ではないほど性能は高いです。どっちかと言うと不要な機能が付いて困るくらいです。今回のマシンは、専務の田植え機のような面倒な苗台ではなくてシンプルな折りたたみ式でした。以前の私の田植え機に似ているので今から田植えが楽しみです(o^-^o)


 午後から、政策金融公庫で若手農業者への勉強会があり講師で行って来ます。メンバー見ると、何度か話をした人ばかりなのになぜ呼ぶのか?まあまた懲りずに同じ話をして来ますo(^o^)o

新型田植え機、、クボタZP55-T5FーD
田植え機


新型と言っても型落ちですが十分過ぎる性能です(o^-')b
田植え機

このエントリーをはてなブックマークに追加