野々市市稲作受託組合総会で粟市長と懇談しました・美しい野々市市を目指します

 昨日の午後、野々市市稲作受託組合総会と粟市長との懇談会を開催しました。野々市市の農業の未来について語り合いました。野々市市の農地もどんどんと開発されてなくなっている中、どうやって緑に囲まれた素晴らしい環境を守って行くかで積極的な議論が出来ました。野々市市は、明治時代にいち早く基盤整備事業を行った農業先進地域です。農協も20年以上前からプライベートブランドのお米を販売しています。林さんちを含めてもう昭和の時代から今流行りの六次化で加工に乗り出している農家さんもいます。日本農業の数十年先が今、野々市で起きていると感じます。だから野々市での取り組みが即、先進事例となるのです。実は、こんな形での市長との話し合いは、今まで無かったと気づきました。同級生だった粟市長とは、消防も含めて良く会うことが多く言われてみて初めて気づきました。とても有意義だったのでまたこういう機会を持ちたいと思いました。


野々市市稲作受託組合総会、、粟市長との懇談会を開催しました
野々市市稲作受託組合総会

このエントリーをはてなブックマークに追加