野々市中学職業講話は上手く出来ました・ライオンの手を付けてみました

 昨日、野々市中学1年生に職業講話をしに行きました。毎年、必ずいろんな中学校に呼ばれますが今回のように1日に2回同じ授業をしたのは初めてです。子供達に多くの機会を与えたいという学校側の考えですが大変だったけど良かったと思います。1回目で練習になるので2回目の方が上手く話せるというメリットもあるので少し気が楽です。子供達も真面目に聞いてくれてたくさん質問もしてくれました。子供達の心に私の思いが伝わってくれたら嬉しいです。

 そして10名の講師の中にいしかわ動物園の飼育員の方がいました。なんと副分団長の後ろの家だと言っていて驚きましたが、もっと驚いたのがライオンの手の剥製!思わず手に付けて撮影させてもらいました。大人でも受けるのに子供達はドッカンドッカンだったそうです。羨ましいアイテムです。でも飼育員になるのはかなりの倍率だそうです。農業の方がハードルが低いかも、、いや高いか?どっちだろう?


野々市中学職業講話、、ダブルヘッダーでしたo(^o^)o
野々市中学職業講話


いしかわ動物園の飼育員の方が持ってきたライオンの手、、(◎_◎)
いしかわ動物園

このエントリーをはてなブックマークに追加