子供達の稲刈りが5日連続であります・作業が錯綜中です

 今日からかなりハードな日々が続きます。まずは、松任中学の職場体験わくワークで生徒さん3名が3日間来ます。そして子供達の稲刈りが今週末まで5日連続で続きます。土づくり資材の散布を開始しました。全部で30トン以上散布します。乾燥機が排出した「ハシカ」や「ワラクズ」通称「ボロ」を片付けました。さらに餅加工も始まって袋詰めをしました。最後は、ライスセンターの米袋を冬仕様に積み直しました。大豆の乾燥、大豆の選別袋詰め、そしてカキモチ干し、春の種まきの準備までの作業スペースを確保します。


 今年の藤蔭幼稚園の稲刈りは、稲架干しを林さんちの育苗ハウスのパイプにしました。藤蔭幼稚園は、現在、耐震工事中で干すところが無いのです。そして今年から田んぼが変わった結果、春の田植えの時、保護者の駐車で周辺に大渋滞と迷惑をかけたので秋からは、林さんちの育苗ハウスの前の通路に車を入れてもらいました。狭い農道なので誘導のために社員を2名つけての駐車でした。土曜日の白銀幼稚園でもそうしようと思っています。でも帰りに何車かは、田んぼにタイヤを落としましたが事なきを得ました(* ̄▽ ̄*)

藤蔭幼稚園稲刈り開始、、好天に恵まれました
藤蔭幼稚園


一斉に周りを囲んで稲刈りスタートです
藤蔭幼稚園


この日ばかりは人気者です
藤蔭幼稚園


松任中学の職場体験「わくワーク」の生徒さんが手伝ってくれました
藤蔭幼稚園


今年の稲架干しは林さんちの育苗ハウス、、藤蔭幼稚園さんが耐震工事で使えません
藤蔭幼稚園

土作り資材散布開始、、もう来年の米づくりです
珪酸散布

乾燥機の通称「ボロ」の片付け、、素晴らしい肥料になります
乾燥機ボロ

このエントリーをはてなブックマークに追加