真夏日の中田植えを続けています・私の田植機を第2の人生のために修理中です

 今日の石川県は、真夏日30℃超えでした。そんな中、専務チームが1台で田植えをして回っています。残りは、遠方の大規模区画ばかりです。私は、田植えから解放されたので朝から事務作業です。銀行を回ったり消防の練習用ビデオを作成したりネット通販の作業をしました。ここから先が経営者としての仕事になるのである意味、田植えより重要でかなり疲れます。でもお米を売らなきゃ作っても意味がありません。なんとか販売促進になるように気合いを入れて行きます。そして私の田植機が、農協で修理中です。油圧ポンプのシャフトのスプラインが舐めていたとのことです。でも今回の修理は、林さんちで再度使用するためではなく次の田植機購入の少しでも足しになるように修理しています。ちゃんと直して下取りか委託販売で第2の人生?を歩んでもらいます。林さんちは、市街地でプロ用の大きな田植機は、使えません。通常2ヘクタールほどの兼業農家さんをターゲットにしているマシンを20倍稼動させています。でも修理をすれば少ない面積の農家さんならまったく問題なく仕事をすると思います。末永くまた頑張って欲しいと願っています。


専務のマシン1台で少しづつ植えています、、でも今日は暑過ぎ!
田植え


私の田植機を修理中、、油圧ポンプのシャフトのスプラインが舐めてました(×_×)
田植機修理

このエントリーをはてなブックマークに追加