自動散水装置を使っての水遣り開始です・4回目の種まきで社長が大ミスです

 今日から手での水遣りから自動散水装置を使用しての散水を開始しました。自動と言っても私がバルブの開閉をします。でも800~1000箱入っているハウスを1~1分半で水遣りを出来るので助かります。それでも全12棟に散水するのに20分ほどかかります。しかも水槽をたくさん並べて容量を稼いでいますが1分45秒以上は、無理です。いかに大量に散水しているかが分かります。


 そして午前中から4回目の種まき(動画)を行いました。今回の苗は、紙マルチ無農薬栽培用と自然栽培米「宇宙米」用の種まきです。ところが最後の最後に覆土が足りなくなり供給のための作業をしたら私がシャッターを閉め忘れるミス、、大量の覆土をタンクからばら撒いてしまい時間も資材もロスしてしまいました。なんでも確認と言っているのに当の社長がやらかしてしまい大反省です。今日は、いろいろと複雑な種まきだったので最後に集中力を欠いてしまった(×_×) 種まきを終えてすぐに長男と市街地の田んぼへ入水作業を開始。用水は、さらに巨大迷路化して来て暗渠用水も多くなるので大変です。まだ下流の用水に水が来ていないので四苦八苦です。こればっかりは、ちょっと雨が降ってくれると助かります(o^-^o)


自動散水装置、、と言っても開閉バルブ操作は、人力です(* ̄▽ ̄*)
自動散水装置


4回目の種まきは、無農薬米、自然栽培米の苗です
4回目種まき


入水作業は市街地の田んぼに突入、、より困難な状況です
入水作業

このエントリーをはてなブックマークに追加