田んぼに水を入れ始めました・グリーンツーリズムで外国の方のツアーを企画します

 今日から田んぼに入水を開始しました。まずは、水門を回って水を入れるところからスタート。でも水門もカギ付きとかモーターで上げる所は、地域の生産組合長さんに連絡して開けてもらいます。自分で開ける場合でも勝手に開けると叱られるので連絡をします。それから田んぼ1枚1枚に水を当てて行きます。止板(しぎいた)と呼ぶ堰き止める板を用水の幅に切って入れて行きます。堰き止める高さも余り高いとあふれたりするので「適当」な高さが要求されます。でも調整のために余計に1枚止板を作って置いておくのも忘れてはいけません。そしてコンクリートの用水なら板を切るだけで済みますが土の土手の場合は、ちょっと土木工事になるので大変です。杭を打ったり用水が崩れないように板を当てたりと工夫が必要です。これを約600枚行うので気が遠くなります( ̄○ ̄;)


 そして午後には、宇宙人農家のアンテナショップ風土金澤でグリーンツーリズムの企画があり「THE ART OF TRAVEL」さんが取材に来られました。ここのツアーは、ほぼ顧客のオリジナルの企画を作って行うとのこと。だから外国の方が来て林さんちで何が出来るかを取材して行かれました。林さんちとしても一体どんな展開になるのかドキドキの企画です(o^-^o)

入水のために水門を開けて回ります、、o(^o^)o
水門開け


土畦の用水からの入水は、なかなか難しいです
水口


風土金澤さんのグリーンツーリズムの企画で「THE ART OF TRAVEL」さんが取材に来ました
THE ART OF TRAVEL

このエントリーをはてなブックマークに追加