温湯消毒は冷却が成功のカギです・藤平町内でヒラタクワガタを発見しました

 今日は、4回目の種まきに使う種籾の温湯(おんとう)消毒を行いました。通常は、エコホープという天然由来成分で消毒しますが無農薬米の「宇宙米」「超普通じゃないコシヒカリ」「女王さまミルキークィーン」は、温湯消毒で行います。本当は、全部を温湯消毒したいところですが春先の忙しい時期に1.4トンの種籾を全部するのは難しいのでエコホープを使用しています。今回もだいぶ上手に出来るようになりましたが280キロ温湯消毒するのに3時間かかりました。でも温湯消毒すると発芽阻害物質アブシジン酸が無効化される雑菌類も殺菌されるので非常に効果のある方法です。ただし10分間お湯に浸けると言ってもタイマーは、8分でセットします。浸け始めと上げてからの冷却時間も含んで10分間の計算です。冷却も不十分だと熱が残ってドンドン「ご飯状態」になって発芽不良を招くのです。だから冷却は、かなり念入りにしていますo(^o^)o


 そして昨日、藤平町内の田んぼでヒラタクワガタを発見しました。そこは、市街地との境目の用水の土手のところです。切り倒した木の山が朽ちて置いてあったのですがまさかそこのクワガタがいるとは、思いもしませんでした。ちょっとした自然でも大切にしなくていけないなと感じました。

ヒラタクワガタ発見、、しかも藤平町内の田んぼにいました!
ヒラタクワガタ


温湯消毒、、60℃のお湯に10分間浸けて消毒をします
温湯消毒


お湯から上げると速攻で冷却します、、ここがポイントです
温湯消毒冷却

このエントリーをはてなブックマークに追加