強風の中ハウスを強行してハウス張りを1日半で終了しました・今年も段取りに勝利にご満悦です

 今日は、社員一同早出出勤でハウス張りに備えたが風が強い、、一旦中止を考えたが専務が「もっと酷い風の時も張ったやろ」の一言で強行を決断。でも風が弱まる気配は、なくて強行した結果、中途半端に止めることになるのでは?と心配で仕方ありません。何度か途中中止で張ったツマ部分が千切れて飛んでいったり道路に飛び出すの防ぐために切ってしまったりとエライ目に逢っています。でも南西の風、、つまりハウスの縦方向の風だと意外にポリフィルムが飛ばされたり膨らまなくて作業にあまり支障はありませんでした。でも10時半には、風土金澤の会議があり10時までには、会社を出たいところでした。結果的には、ハウスにポリフィルムを載せてビニペットにスプリングを入れた時点で後は、スタッフに任せて9時半には、離脱できました。このビニペットにスプリングさえしてしまえば相当の風でも雨でも作業が出来るので安心です。これまでの爆弾低気圧でも林さんちのハウスが耐えれたのもこのビニペットのおかげです。それにしても今日は、絶対に会議には間に合わないと思ったので間に合って本当に良かった。その往復の間もこの二日間の段取りの勝利に気持ちも浮き浮きの私でした。

強風の中、天井のビニペットのスプリングを急いで入れます、、これさえあればなんとかなります
ビニペットスプリング


育苗ハウスがなんと1日とちょっとで完成しました、、感動!
育苗ハウス完成

このエントリーをはてなブックマークに追加