26年産のカキモチを下ろしました・農業のお堅い会合2連発です

 今日は、カキモチを吊ってあるライスセンターの天井から下ろしました。例年なら3月1日に下ろすのですが今年は、暖冬だったのでかなり早めに下ろしました。ちなみに昨年は、2月28日でした。10万枚を下ろすのですが、カラカラと乾いた金属音が心地よいです。今年も上手に乾燥出来たと思います。私は、今日は、午前午後と農業関係の会合が二連発。午前は、人農地プランと農地中間管理機構という今年から出来る新しい農業政策の説明と検討会。午後は、農業委員会との勉強会とどれもお堅い会合ばかりですが重要な話ばかりです。でも農業政策なんて不要なくらいに農業がリスペクトされて誰も出来て誰でも経営できるのが一番良いことなんだろうなと会合に参加して感じました。そのためにまずは、日本に農業が絶対に必要なんだとアピールしていかねばならない。ますます私の志「食と命の大切さを伝えていく」ことの重要性が増していると思います。


例年より4日早く下ろしました、、もう春がそこまで来ています
カキモチ下ろし


天気が良いのライスセンターから台車で加工場へ運びます
カキモチ運搬


10万枚を今度は、紐から外します、、カラカラと金属音がします
カキモチ紐外し


風避けのラブシートを外します、、また来年!
ラブシート外し

このエントリーをはてなブックマークに追加