味噌の仕込みがラストスパートです・受付番号119を引くとなんだか嬉しいです

 加工場では、今年の味噌仕込みラストスパートをかけています。林さんちの味噌のミキサーは、手回しなので交代で回します。そして大豆、糀、塩が混ざったら団子上に空気を出すために叩きながら丸めます。この団子をさらに桶に叩きつけるようにして入れて行きさらに空気を出します。最後に表面にカビ等が生えないように塩を撒いて重しを乗せて完成です。概ね6ヶ月以上熟生して完成します。ちなみに熟生味噌は、さらに1年熟生したお味噌です。お味噌ってやってみて分かったのは、まともな材料で美味しく作るとほとんど儲からないということ。林さんちのお味噌も生産費と売価が近い商品です。でもお米と大豆を生産していて作らないということも考えられないし2月のこの時期は、人手も余っているのでコストは問題はない。それよりお客様が美味しい林さんちのお味噌を喜んでくれるほうがメリットが多いと感じています。

 週末に休日出勤をしてシコシコと作付け計画を練ってエイッヤ!と暫定の数字を出しました。これで一応の種籾や資材の注文を期限前に申込をしました。なんと言っても4月に消費税アップがあるので早めに先取りしなくてはコストアップになります。でも今からいろいろと修正があると思います。そんな時、銀行で引いた受付番号が119、、なんとなく嬉しいのは火消しバカの特性でしょうね(o^-')b


銀行に行ったら119を引いた、、なんだか嬉しい(o^-^o)
受付番号


林さんちの味噌は手回しミキサーです、、交代で回します
味噌ミキサー

中の空気を出すようにして団子にします、、これを桶に叩き付けてさらに空気を出します
味噌団子


味噌桶に入れたら表面にカビ防止のために塩を撒きます
味噌桶

このエントリーをはてなブックマークに追加