2014年2月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 毎日、風土金澤に赤飯と山菜おこわを納品するのは、なかなか骨です。でもその合間に床土運搬と昨年よりすいぶん早く種籾の袋詰めを開始しました。20キロ入りの紙袋からメッシュ袋へ5キロづつ正確に量って入れ直します。この5キロを基準に苗箱への播種量を計算するので重要です。しかもここから先は、見た目で品種を特定出来る方法は、無くなるので間違えないように確認しながら色別のメッシュ袋に入れて行きます。ここで間違えたら100年目、、今年の経営が終わってしまうくらい重要な作業なので慎重に行います。


 昨晩、野々市市防災研修会に参加しました。今までの5地区持ち回りの夏の総合訓練を各町内会の防災組織とそのリーダーを中心とした訓練に今後5年間で移行していくとのこと。阪神淡路大震災、東日本大震災の教訓を得たのは、このような大きな災害では、消防署や消防団がどれだけ頑張っても救える割合は、5%そこそこ。ほとんどが、地域の方や家族が助けたとのこと。「公助」ではなく「自助」そして「共助」に繋げて行かないと真の防災体制とは、言えないとのこと。確かにそうだなと考えつつ消防団の訓練もどうしたら成果が上がるか考えながら帰りました。

種籾の袋詰めを始めました、、昨年は3月2日からだったので早い!
種籾袋詰め


野々市市防災研修会に参加しました、、これからの野々市市の防災体制が変わります
***

 田んぼの仕事は、来週の月曜日から開始します。それに先駆けてあぜ塗りと隅起しをトラクターでしなくてはならないので準備をしています。その間も風土金澤への赤飯おこわの準備納品、床土の運搬と数々の仕事を手分けしてこなして行きます。私は、昨日の専門家相談でお米の販売促進の手だてを指導頂きました。いろいろあった中でハナエチゼンとカレーを組み合わせたその名も「華麗なるカレープレゼント(仮)」をやってはどうか?というアイデアがありました。さっそく野々市市にある自然食品店「元気な野菜たち のっぽくん」でベジタブルカレーを購入。でもいろいろあって迷うなぁ~。でもここからが問題。どうやってネットで表現するかです。


あぜ塗り機のセットをします、、いよいよ田んぼに出ます
あぜ塗り機


種まきの舞台をセット、、種まきは、3月29日予定o(^o^)o
種まきステージ


自然食品店「元気なのっぽくん」でベジタブルカレーを購入、、販促品にします
ベジタブルカレー

 今日から1週間に渡り毎日、金沢市内のデパート名鉄エムザ地下で風土金澤として赤飯とおこわの特別販売をします。毎日準備して行くのは、大変ですが売れ残りの無いように期待したいですね。ちなみに今年から風土金澤の玄米量り売りコーナーも桐箱入りになってリニューアル。林さんちのひし餅と雛あられも絶賛販売中ですo(^o^)o


 実は、2月9日の消防団の温泉から首の寝違いから神経痛を発症。ずっと痛かったのだが風邪を引いたりでなかなか鍼灸院に行けなかった。もう春作業も本格化するのでそれまでに治そうと今日の朝、思い切って行きました。少し通って完全に治さないと。

今日から1週間、林さんちの赤飯とおこわを金沢市内のデパート名鉄エムザ地下で販売
風土金澤赤飯おこわ


風土金澤の量り売りコーナーも桐箱にリニューアルです
風土金澤ひし餅玄米


神経痛が酷くて鍼を打ちに行きました
鍼灸院

 今日は、カキモチを吊ってあるライスセンターの天井から下ろしました。例年なら3月1日に下ろすのですが今年は、暖冬だったのでかなり早めに下ろしました。ちなみに昨年は、2月28日でした。10万枚を下ろすのですが、カラカラと乾いた金属音が心地よいです。今年も上手に乾燥出来たと思います。私は、今日は、午前午後と農業関係の会合が二連発。午前は、人農地プランと農地中間管理機構という今年から出来る新しい農業政策の説明と検討会。午後は、農業委員会との勉強会とどれもお堅い会合ばかりですが重要な話ばかりです。でも農業政策なんて不要なくらいに農業がリスペクトされて誰も出来て誰でも経営できるのが一番良いことなんだろうなと会合に参加して感じました。そのためにまずは、日本に農業が絶対に必要なんだとアピールしていかねばならない。ますます私の志「食と命の大切さを伝えていく」ことの重要性が増していると思います。


例年より4日早く下ろしました、、もう春がそこまで来ています
カキモチ下ろし


天気が良いのライスセンターから台車で加工場へ運びます
カキモチ運搬


10万枚を今度は、紐から外します、、カラカラと金属音がします
カキモチ紐外し


風避けのラブシートを外します、、また来年!
ラブシート外し

 今日から長男が実際に林さんちの作業に参戦します。少しづつ仕事を覚えてもらうためにいろんな部署での作業になります。まあボチボチやってもらえればいいと考えています。そして今日から苗用の床土の運搬を開始しました。そのためには、ライスセンターのお米を移動したり明日は、カキモチを下ろしたりと準備が必要です。これでいよいよ春作業が始まったという感じがします。購入している北陸産業さんは、車で20分ほどの白山市鶴来にあります。かれこれ30年ほどのお付き合いだと思います。昔は、私と妻で行ったものですが今年は、その時に赤ちゃんだった長男が取りに行っていると思うと感慨深いものがあります。


 私は、この4月の消費税8%アップに向けて価格表と睨めっこ。スーパーへのお餅価格は、据え置きのつもりですがそうなると卸価格を変更しなくてはいけません。デパートの価格は、本体価格と税込価格の併記なのでこっちは、ちょっと面倒。本体価格は、10個買っても20個買っても合計金額が税込み価格を上回ることが無いようにちょうど良い価格にしないとけないのです。そして価格も全面見直しとなるはずです。春で忙しくなる前にやってしまわねばなりません。

好天に恵まれていよいよ苗用の床土運搬開始です
床土運搬開始


床土は、白山市鶴来の北陸産業さんから購入しています
北陸産業倉庫


3トンづつ合計60トンほど購入しますo(^o^)o
床土

2014年02月23日

あんまり天気が良いのでバイクを引っ張り出して乗りました。ビューエルファイヤーポルトは、来月にもう車検。二年間で300キロしか乗ってません。まあ、車検付きの壺と思えばいいかなと思っています。私の大事な宝物ですからね。


天気が良いとは、言えまだまだ寒いのてすが昨日のボカシ肥料の切り返しで温度が少し上がって来ました。そろそろ床土を入れるためにここを明け渡さねばならないのでラストスバートです。


P2230006.JPG

P1060771.JPG

 昨日の午後、野々市市稲作受託組合の研修と総会がありました。今回は、最近多くの農家でされるようになった鉄コーティング直播の実演でした。鉄粉と焼石膏を混ぜたモノを種籾に粉衣して行きます。昔、カルパーコーティングと言って過酸化石灰と焼石膏を混ぜたコーティングでの種籾で直播をしたことがありました。カルパーは、田んぼの中に播くので酸素供給が主な役割でした。今回の鉄コーティングは、酸化鉄にして鳥に食べられないようにすることと病害への効果が目的です。だから鉄の場合の直播は、田んぼ表面に播くことが出来るので出芽しての立ち上がりが早いのだと思います。昔のカルパーだと芽が出るまでに時間がかかるのでその間に草が生えて来てしまい除草剤を多用することになり止めた経緯があります。鉄だと通常の散布量で行けるらしい。しかし直播は、田んぼの水平が非常に重要になるので小さな田んぼが多い林さんちだとなかなか難しいのが実情です。大きな田んぼでレーザーを使用した水平を出す装置付きのトラクターでないと厳しいかも。さらに水管理が、非常に重要になって来るがバルブの開け閉めでコントロールできる田んぼではないのでどうしても躊躇してしまう要因です。でもそんなネガティブな思いとは、別に育苗の手間も要らず重い苗の運搬も不要と思うとちょっとやってみようかなと思った研修でした。


 しかし総会の後の懇親会で参加者の一人が倒れてしまいビックリ。救急車を私が呼びました。幸い大事には、至りませんでしたがこんな時の対応ってやはり難しいなと思いました。ずっと意識があったから良かったけどもし心肺停止状態だったら心臓マッサージを施したり近くの第4分団の格納庫でその日は、ハシゴ練習をしていたのでAEDを持ってこさせるという手もあったかなと後で思いました。

新しい直播の方法「鉄コーティング」の材料です
鉄コーティング材料


鉄粉プラス焼石膏で種籾に水をかけながら粉衣して行きます
鉄コーティング中


その後何度か水をかけて酸化させて完成した鉄コーティング、、磁石にくっつきます
鉄コーティング

 昨日のアグリファンド石川の総会の基調講演の岸さんの講演は口あんぐりでした。北陸三県をまたいだ芝生ビジネスを展開。しかも各市町村に会社を設立していて7社も経営しているとは知りませんでした。まさしく宇宙人農家でした。そしてその後の有限会社大宗の渡辺さんの話も口あんぐり。私の知る大宗さんは、しいたけ栽培農家だったはずが今は、菌床生産会社になっていました。しかもその規模が凄くて10トン車を7台保有して一日に何百トンも生産していました。さらにそのオガクズでいろんな商品を開発していて売り上げの3割がなんと昆虫用のオガクズと聞きビックリでした。みんな社会情勢によっていろいろと会社経営を変化させていて感銘を受けました。米農家は、そんな意味からするとまだまだ頭が硬い(×_×)


 そして今日の午前中は、その大宗さんを急遽見学するということになっていたのですが朝起きると雪、、さすがにこの寒さでまた風邪がひどくなるとまずいので自重して朝帰宅しました。帰るとライスセンターを空けるために米の移動していました。昨年、大量に在庫したのでライスセンターも一杯一杯です。なんとか空けないと床土が入らないし種籾の準備も出来ません。入りきらない分は、農協の倉庫を頼もうと思案中です。

スズメが鈴なり、、段々春が近づいて来ました
スズメ


ちょみぞう、、息子がいるので寂しくないようです(o^-^o)
ちょみぞう


アグリファンド石川総会、、北陸3県をまたいで芝生ビジネスを展開する宇宙人農家の講演です(* ̄▽ ̄*)
アグリファンド石川総会


そろそろライスセンターに床土を入れねばならないのでお米を倉庫に突っ込んでいます
米運搬

 いやはやもう声が限界、、(×_×) そして咳と鼻水が酷くなった。風邪の治りがけに無理をし過ぎたのかもしれない。それでも昨日の福井県の農業青年へのお話は、なかなかうまく出来ました。若い人たちは、リアクションが良いのでノロノリで行けました。ただしその代償は、小さくなかった。さっそく医者にもう一度行って来ます。ところが今日は、お泊りで借金友の会「アグリファンド石川」の総会がある。明日も野々市市稲作受託組合の総会がある、、果たして大丈夫なのか?大丈夫じゃないよね、、( ̄○ ̄;)

今日は、福井県農業青年の見学があって熱弁中、、しかし声がガラガラ
福井県農業青年


ホンダVFR800用チタンマフラ装着でご機嫌です(o^-^o)
ホンダVFR800用チタンマフラ

 昨日の午後に金沢市農業センターに講演者の体調不良のために急遽ピンチヒッターで講演に行きました。連絡があったのが先週の木曜日だったので土日を挟んで急いでパワーポイントデータや詳細のやり取りをしてなんとか段取りが間に合いました。まあ結構こんな感じでも出来るんだと自分自身で感心しました。参加者は、金沢市内で野菜やお米を作られている農業者でしたが意外に受けたので今まで接点が無かったのかな?感じました。ただし話をしているうちに段々喉に違和感を感じて自宅に帰るとまったく声が出ない。どうも風邪の治りがけで喉に来たようで今日の朝は、ガラガラ声。でも今日も、福井県から農業青年グループが見学に来られるので話をしなくてはいけない。果たしてこんな声で大丈夫か心配です、、(* ̄▽ ̄*)


 今年の4月から消費税アップのために農業資材の前倒し購入が続いています。おかげでライスセンターも倉庫代わりのビニルハウスも一杯一杯になって来ました。でも少しでもコストを抑えられればそのメリットは、後で効いてくるのでなんとか隙間に詰め込んでいます。


金沢市農業センターでピンチヒッターで講演をしました
講演会


消費税アップ前に資材をたくさん購入したので倉庫も一杯一杯です
紙マルチ

 2月17日の提出期限で種籾の注文を入れたがなんと速攻で納品された。いくらなんでも早過ぎないか?実は、農協さんで扱う種籾は、いわゆる種子消毒薬付きです。でも林さんちは、化学合成農薬での種子消毒は、しないので特別に取ってもらってあります。おそらく昨年実績ですでに納品されていたと思われます。でもいつもは、林さんちのスタッフが確認しながらパレットごとに品種を分けて積むところをドッサリと納品されてちょっと戸惑っています。この種籾の管理は、いつも念には、念を入れて行っています。絶対に品種間違いは、許されないのです。ましてやこの状態で間違えると大変です。そのリスクを考えるとこのイレギュラーな納品は、ちょっと想定外。もちろん、複数のスタッフで確認しながらパレットに分けて積み直します。ちなみにこの1.4トンの種籾が200トンのお米になるのですからお米の再生産性って凄い。そしてこのただの茶色い粒の中に命が込められていてそれがそれぞれの品種特性で育つのですから軌跡のような出来事と感じます。人間がどう逆立ちしても出来ないことが普通にこれから行われることに驚くのは私だけでしょうか。とにかくこれで春作業がスタートを切りました。


 今日の午後は、金沢市内へ講演会に行くのですが、これが先週に急に決まった講演です。予定していた講演者が体調不良でピンチヒッターを要請されたのです。頼まれればイヤと言えない性格なので頑張って行ってきますo(^o^)o


種籾が搬入されました、、いつもより早い!
種籾

 加工場では、今年の味噌仕込みラストスパートをかけています。林さんちの味噌のミキサーは、手回しなので交代で回します。そして大豆、糀、塩が混ざったら団子上に空気を出すために叩きながら丸めます。この団子をさらに桶に叩きつけるようにして入れて行きさらに空気を出します。最後に表面にカビ等が生えないように塩を撒いて重しを乗せて完成です。概ね6ヶ月以上熟生して完成します。ちなみに熟生味噌は、さらに1年熟生したお味噌です。お味噌ってやってみて分かったのは、まともな材料で美味しく作るとほとんど儲からないということ。林さんちのお味噌も生産費と売価が近い商品です。でもお米と大豆を生産していて作らないということも考えられないし2月のこの時期は、人手も余っているのでコストは問題はない。それよりお客様が美味しい林さんちのお味噌を喜んでくれるほうがメリットが多いと感じています。

 週末に休日出勤をしてシコシコと作付け計画を練ってエイッヤ!と暫定の数字を出しました。これで一応の種籾や資材の注文を期限前に申込をしました。なんと言っても4月に消費税アップがあるので早めに先取りしなくてはコストアップになります。でも今からいろいろと修正があると思います。そんな時、銀行で引いた受付番号が119、、なんとなく嬉しいのは火消しバカの特性でしょうね(o^-')b


銀行に行ったら119を引いた、、なんだか嬉しい(o^-^o)
受付番号


林さんちの味噌は手回しミキサーです、、交代で回します
味噌ミキサー

中の空気を出すようにして団子にします、、これを桶に叩き付けてさらに空気を出します
味噌団子


味噌桶に入れたら表面にカビ防止のために塩を撒きます
味噌桶

 関東地方に発送した荷物が届いていません。確かにこっちの営業所を出ていますがどうもまだトラックの中に積んだままどこかの高速道路で止まっているようです。石川県は、それとは逆で雨が降っていて今日に至っては、薄曇りとは言え晴れています。風邪も良くなって来ましたが今日は、一日家で大人しくしているつもりでしたがあまりの好天にさすがに出て事務所で仕事をしています。田んぼの作業申込書の返信は、まだまだ途中ですが種籾の発注を早くしないといけないので暫定で今年の作付けを決めてしまいます。昨年よりお米の作付け面積は、1ヘクタールちょっと増えています。原因は、部分作業請負が全面請負に移行田んぼと新規で増えた田んぼが半々にあったからです。部分作業請負とは、田植えや稲刈りと言った作業だけすることです。だから実質の作業量は、全面請負と言って全ての管理をするようになっても変わりません。でも新規に増えた田んぼは、リアルに作業量が増えます。でも昨年も前年比1ヘクタール以上増えて果たしてこなせるか不安でしたがいざ春になるといろんな事情で田んぼが減っていき結局0.8ヘクタール増えたに過ぎません。今年もおそらく最終的には、漸増となると予想されますがそれでも作付け面積は、記録を更新して行っています。野々市市の耕地面積が減っているにも関わらず増えていると言うことは、すなわち担い手は、もっと減っているということです。でもどこかで作付け面積が減る時が来ると思います。その時までなるべく多くの田んぼを確保するために作付け面積増に対応しなくてはいけませんo(^o^)o


関東地方が大雪だというのに、、こっちは晴れています
冬晴れ

 喉が少し痛いので市販の薬を買おうと思っていましたが妻に医者に行った方が良いと言われて昨夕行きました。前回も週末にかけて悪くなってしまい病院が休みで酷くなった月曜日に診せてしまうことになったので今回は、その二の轍を踏まずに済みます。おかげで体調も良くなって事務所にこもって仕事をしています。今、作業申込書が続々と届いているのでそれをせっせと土地台帳と作業台帳に入力しています。地主さんで180名、作業請負が70名ほどいらして全面請負で600枚、部分請負で100枚ほどの入力なので普通にやっても知恵熱が出ます。地番と地図と首っ引きで入力しますが区画整理をした田んぼは、仮換地番号→旧番地→新番地と換算して入力が必要なので大変です。早く入力を終えて種籾の注文をしなくてはいけませんo(^o^)o


作付け台帳に今年の申込を入力中ですo(^o^)o
作付け台帳

 昨晩、内灘町鶴が丘小学校で食育授業をして来ました。内灘町の連合PTA会長が我が野々市市消防団第2分団のポンプ車を作ってくれた長野ポンプさんというご縁です。世の中どんなつながりが出来るか分かりませんね。今回は、大人と子供が混じったパターンなので一番難しい状況でしたが上手に出来たと思います。これをキッカケにして今度は、子供達を対象にまた呼んでもらえればと思います。そして今回は、藤蔭幼稚園からプレゼントされたド派手なピンクツナギで行きました。この姿で子供達は、ザワザワ、保護者は、目が点でした(o^-^o)

 しかし昨日からなんだか喉が痛い。今年の年間目標で1年間健康でいるという目標も立てました。でもどうしてもこの時期に風邪をひくので注意していたがヤバイ、、これ以上ひどくならないようにしなくてわ、、(×_×)


内灘町鶴が丘小学校での家庭教育学校に呼ばれました
内灘町鶴が丘小学校


今回はピンクツナギで登場、、派手です(o^-^o)
内灘町鶴が丘小学校

 ひし餅の2回目の生産をしています。毎年、生産数を増やしていますが毎年売り切れになって来ました。しかし余りにも手間隙がかかるので大量に作れません。この時期、糀に味噌に通常の餅つきもあって意外に忙しいのです。林さんちのひし餅の作り方は、ロスが大きいのですが一番現有の機械で簡単に作れます。大量生産の場合は、専用のひし型の木型に入れて作っているそうです。


 昨日、切返したボカシ肥料の温度が上がっていました。色も濃くなって来ていい感じです。やはり水分不足だったようです。宮城県の自然栽培農家さんに水が例え多過ぎても発酵の熱で余分な水分は、蒸散しますよと言われたので思い切って与えてみたのが良かったのだと思います。これで色とりどりの雑菌もお陀仏してくれることを祈っています。

ひし餅生産2回目です、、順調に売れています
ひし餅


林さんちの方法だと手間がかかります( ̄○ ̄;)
ひし餅


林さんちのボカシでは、最高温度に達しました
ぼかし肥料

 昨日も休日出勤してあまり作業が進まなかったが今日も朝から来客やらなんやらでまったく仕事が進まない。そしてちょっと始めたと思ったらオフィス2013に四苦八苦。なんで今までと同じとこにボタンが無いのよ(-_-#) いちいちXPで普通にやっていたことも分からないのでヘルプで探すはめになる。種籾の注文を2月18日までしなくてはいけないので非常に 急いでいるのだが困った。まあ天気もいいしあんまりパソコンと睨めっこしていても疲れるのでぼかし肥料の切返しをしました。やはり色とりどりの菌、、そして良く見ると表面が黄色その下が灰色になっている。それ以外は、こげ茶色になって来ました。そして加工場では、せっせと味噌を仕込んでいます。お餅も在庫が無くなったので搗いているのでなかなか賑やかです(o^-^o)


冬の晴れ間、、この隙に布団干し
冬の晴れ間


味噌も順調に仕込んでいます、、林さんちは手回しですo(^o^)o
味噌


ぼかし肥料、、菌の色が2色です( ̄○ ̄;)
ぼかし肥料

 昨晩は、お疲れチャンだったので早めに寝ようとしたがスピードスケート500m男子をテレビでやっていてこりゃ日本国民として応援しなきゃと頑張って観たたら寝不足。オリンピックでメダルメダルと騒ぐけど本当に簡単なことじゃないなと感じました。今日は、そんなオリンピック選手のように休日出勤で私も頑張る予定が結局あまり仕事が出来ませんでした。まあ休日は、休んだ方がいいかな。

 そんな林さんちで変わった商品の試作依頼があり作りました。その名も「トマト味噌」最近トマトが入ったカレーや商品が出ていますが味噌とは驚きです。いったいどんな味になるのか?そして味噌になるのか?興味津々です。

ミートソース?違いますトマトです
トマト味噌


本当に味噌になるんでしょうか、、甘い?酸っぱい?
トマト味噌

 昨日の午後は、青年塾・志実践報告会&入塾説明会を金沢市内の金沢流通会館にて開催しました。ちゃんと会場が埋まるか心配していましたがちょうどピッタリの参加者で良かったです。でも参加予定の青年塾17期生が非常にタイトな日程で開始時間に間に合わず、、しかもプログラムのミスで塾生が発表する場面ですでに帰る時間が来てしまいアウト。最後は、森の防潮堤の説明の場面で私が割り込んで中断して一度閉会するというグダグダの終わり方だったのが残念でした。次回?があるなら要注意の反省点です。それにしてもこの週末は、消防団の温泉もあってくたびれました。今週は、少しゆっくりしたいところですが、田んぼの作業申込書がすでに届き始めています。春の田んぼの段取りにかからねばならないのでそうもユックリ出来そうにありません(* ̄▽ ̄*)


青年塾・志実践報告会&入塾説明会が無事終わり記念撮影、、良かった(o^-^o)
志実践報告会記念撮影


いよいよ受付開始、、緊張しています
志実践報告会受付


気心の知れたメンバーなので設営も早い!
志実践報告会設営


上甲晃塾長の講話、、何度聴いて勉強になります
上甲晃塾長講話

 昨日は、寝違いで痛くて午後は、グッタリしていました。しかも夕方になり身体中にジンマシンが発生。どうも青年塾の開講式でいただいた弁当に入っていたエビで出たようです。温泉では、用心して美味しいエビの刺身は、食べなかったのですが青年塾では、お残しは勿体ないと思い食べました。小さいエビだから大丈夫かと思いきやダメでした。おかげで夜は、首は痛いは、身体は痒いはで大変でした。そして今日は、青年塾・志実践報告会&入塾説明会です。午前中に出て会場の段取りに行きます。こっちは、うまく行くことを祈っています。やはりこんな時は、ちょみぞうの癒しは有難いです。


完全にコタツ猫化したチョミゾウ、、癒されます
ちょみぞう

 川北良造さんの工房での話は、驚きのことばかりでした。川北さんの1mmに8本の線挽きの神業の作品。漆を下塗りなしで12回塗ると千年使える漆器になる。しかも下塗り無しなので木地の良し悪しがもろに出る。漆は、驚くべき性質を持っており湿度の調整で乾燥を調整できる。しかも湿気があるほど乾く。強酸性の液にも溶けない。皇室の漆器のために100年以上育てた漆の木を育てている漆産地が赤木山にある、、等々。何時間でも聞いていて飽きない話で時間切れで帰るのがもったいなかったです。でも金沢講座に川北さんの講座が入りそうなので楽しみです。


 そして昨晩の山代温泉「ゆのくに天祥」で開催された野々市市消防団第2分団の新年会&家族慰安温泉は、大成功でした。総勢70余りの来賓そして家族が美味しい食事とお酒を楽しみました。しかし私は、朝起きると慣れない枕のせいか「寝違い」で首が痛くて回りません。それでもなんとか金沢市へ戻り青年塾17期生の金沢講座の開講式が行われている株式会社会宝産業さんに行きました。今日から能登方面で講座があるので近藤社長のお話だけを聞き塾生を見送って帰宅しましたがもう首が痛くてダウンでした。明日の青年塾・志実践報告会&入塾説明会の実行委員長なのですが果たして大丈夫か不安です(* ̄▽ ̄*)


人間国宝の川北良造さん親子と記念撮影、、貴重です(o^-')b
川北良造と並んで


川北さん親子の説明にうなる上甲夫妻、、漆塗りは、1000年使える
川北良造さんと上甲夫妻


小さな茶道具の線挽き、、1mmに8本の神業です!
川北良造の香入れ


上甲夫妻を迎えに行った加賀温泉駅は、大盛況で驚きました、、早くも新幹線効果?
加賀温泉駅


青年塾金沢講座の開講式で株式会社会宝産業さんの近藤社長のお話を聞きました
青年塾金沢講座


 今日は、山代温泉で開催される野々市市消防団第2分団の新年会&家族慰安温泉の日です。しかも青年塾の金沢講座の前に上甲塾長夫妻が山中温泉に来られるので合流する予定。そこで午前中は、かなりタイトなスケジュールになってしまいました。紙マルチの搬入、、昨日10トントラックが入れずに三菱の営業所から4トンで往復です。「ひなあられ」も完成したので撮影とプライスカードの作成。そしてぼかし肥料の切返しをしました。でもやはりなんだか色とりどりの発酵状態です、、青カビじゃないので良かったですが。


無農薬栽培米用の紙マルチ105本の搬入、、消費税アップ前の対応です
紙マルチ

ひなあられ完成、、超レアモンです
ひなあられ
ぼかしを切返しました、、なんだかやはり色とりどり( ̄○ ̄;)
ぼかし切返し
宮城県に習い雪を載せて水分補給です
ぼかし切返し


 先月の宮城県の自然栽培米農家との交流会で頂いたハート型の袋を利用してスタッフが「ひなあられ」を作ってくれました。しかし部品点数が多いので手間のかかること!なんとか20セットを作って風土金澤で売ってみることにします。加工場では、せっせと糀発酵とお味噌の仕込みをしています。まあそんな感じでのんびり仕事をしていたのですが昼食時に息子から乗って行った軽トラが動かなくなったと連絡があり急行。私ならなんとか無理やり乗って帰れると思ったが止まったところが金沢市内とちょっと遠くて断念。症状から言って気温が低いことによるキャブレターの凍結「アイシング」と判断。でも最近の車は、その対策としてエンジンの熱でそれを防ぐ装置があるはずだが機能していません。そこで自動車屋さんにレスキューを依頼しました。積載車に載せられて行きましたが結局原因は、アイシングでした。ホットエアーを導く管が外れていたとのこと。最近の車は、キャブレターではなくてインジェクションなので起きない故障です。まあたまたま乗ったのが長男で驚いたと思います。まあすぐに直ったので良かったです(o^-^o)


宮城県でもらって来たハート型の袋で「ひなあられ」を製造中、、手間かかる( ̄○ ̄;)
ひなあられ

軽トラックが壊れて走らなくなってレスキューです
1号車故障


 これまでの暖かい天気から一転冬になりました。マイナスの気温で朝から家と工場の水が凍結に出ません、、(×_×) でも町内の水道工事に来ていた業者さんがバーナーで下水道工事に伴う仮設の露出した水道管をバーナーで暖めてくれて開通しました。加工場では、糀や味噌作りをしているので助かりました。


 昨日の午後は、野々市市立布水中学1年生の「働く人に学ぶ」の特別授業に行きました。説明にあたりせっかくなのでHPやブログを見てもらって話をしようとしました。しかしなんとパソコン教室のパソコンが林さんちのHPを拒否。どうも怪しいHPとセキュリティーが認識しているのかもしれません。職員室のパソコンでは、見えるのできっとそうでしょう(ToT) 結局、パンフレットを持参して話をしました。でもこの年代は、口だけでは厳しい、、やはりブツを見せながらでないと盛り上がらず撃沈、、(×_×) まあこの年頃は、表情に出なくても感受性は高いのできっと伝わったと信じています。


昨日の暖かさから一気に冬に突入、、凍っています
雪

野々市市立布水中学1年生の「働く人の学ぶ」で特別授業をしました
布水中学

 昨日、恵方巻きを会社で作って食べました。最近は、女性陣が先頭になって作ってくれるようになり有難いことに恒例になっています。2月は、糀発酵とお味噌の仕込みは、ありますが計画的にやって土日をお休みにしています。私は、会合が多くて土日の方が大変なんですがスタッフは、11月~12月は、お休み返上で頑張ってくれているので2月は、ゆっくりして欲しいと考えています。今日は、朝から小雪が舞ういい感じのお天気です。現在、発酵中のボカシ肥料もそんな中順調に温度が上がっています。雪が吹き込むのでワラで雪除けをしましたが必要がないくらい元気です。午後は、地元の野々市市立布水中学で「働く人に学ぶ」という授業でお話をして来ます。


林さんちで恵方巻きを食べました
恵方巻き

ようやく降った雪です、、これぐらいがちょうど良いのですが
雪
ボカシ肥料46℃まで上がりました、、雪よけにワラ束を置きました
ボカシ肥料
タイトル名  昨日の長野ポンプさんの講習会は、とても勉強になりました。でも内容がいわゆる物理が分からないと「?????」の状態の分団員もいました。1気圧、メガパスカル、、等々の聞きなれない用語も出て来るしで分団員一同苦労していたようです。でも理屈が分からないとポンプ操作をミスることに繋がります。私も基本に戻って今まで思っていたのと違う箇所もいくつかあったので良かったです。


 今日の朝、ボカシ肥料の温度を見たら38℃近くまで上がっていました。なかなか菌が動かないので心配していましたがこれで大丈夫です。ここからドンドン温度を上げていきます。しかし特別に菌を入れているわけでないのに発酵をするのですから自然界には、いったいどれほどの菌が存在しているのかと思うと気が遠くなります。人間も体の中や外にたくさんの菌を持っていると聞きますが確かにそうなりますね。地球46億年の歴史の中で菌と共生する術を身に付けたのだと思うとますます気が遠くなります。そしてもう一つの発酵、、林さんちの糀も順調に発酵しています。まだまだ在庫がたまらないので販売には、至っていないのですがこの調子で在庫を増やしますo(^o^)o

自然栽培米用のボカシ肥料、、発酵が始まりました
ボカシ肥料
今年は、カビさせないように頑張ろうo(^o^)o
ボカシ肥料
こっちも発酵、、見事に華が咲いています
糀


林さんちの糀、、菌の世界は、とっても神秘です
糀

長野ポンプの講習会、、みんな興味津々です
長野ポンプ講習会
冬毛が絶好調のちょみぞうです
チョミゾウ

 昨日は、林家にとって記念すべき日になった。長男が素敵なお嬢様と伴って婚約の報告に来た。午前中、お嬢様のご両親に挨拶に行ったそうだがお許しが出たそうでホッとしました。「うちの娘は、オマエみたいな若造には、ヤレン(-_-#)」と言われても仕方ないのです。そこでさっそく記念撮影を試みるがチョミゾウが言うことを聞かず四苦八苦。最初は、手元にあったコンパクトデジカメで撮影したらまあまあの撮影が出来たがやはり所詮は、コンデジ。そこで事務所まで走って一眼レフをセットして撮影するもチョミゾウがこれまた言うことを聞かない。結局、フェイスブックには、キレは良いがチョミゾウが暴れている一眼レフの画像。このブログには、画質は落ちるが良いアングルのコンデジを採用しました、、やれやれ。まあこれから二人でいろいろあるやろうけど頑張って欲しいと願っています。


 ここのところ暖かい日が続いていてお百姓の身としては、ウズウズしてしまい気持ちが悪い。でも外では、スズメが気持ちよく水浴びをしていました。今日は、消防のポンプ点検日だがメーカーさんを呼び講習会をします。ニューポンプ導入で3年目、、新人も増えたので良い機会だと思います。私自身も少し忘れている部分もあるので楽しみです(o^-^o)


長男が素敵なお嬢様を連れて来ました、、手には指輪が(o^-^o)
夢太

チョミゾウ、、記念撮影に付き合わされてベロ出し(* ̄▽ ̄*)
ちょみぞう
外はお天気が良くてスズメも気持ちよさそうに水浴び\(^o^)/
すずめ


 昨日、石川県農業法人協会に新規加入された「株式会社ゆめうらら」さんからお酒を送っていただきました。ゆめうららさんの社長さんは、裏さんという若いイケメン社長です。裏=うらに夢をくっつけて「ゆめうらら」社名にしても抜群のセンスで記憶力の悪い私でも一度で覚えました。1月16日の法人協会の会合をお会いして自社の酒米でお酒を作っていると聞き失礼にも「能登のお酒大好きです!」と暗に欲しいと言ったら「送りますよ(o^-^o)」とおっしゃってしましたがちゃんと覚えていてくれたんですね。さっそく晩酌で飲みましたがいやぁ~能登の酒らしく優しい味です。2本もいただいたのでしばらく楽しめそうです。お返しに何を贈ろうかと思ったけどお米じゃ被るだろうからお餅各種、、この時期は、ひし餅と雛あられもあるのでテンコ盛りで送りますo(^o^)o


 ここのところ2月と言うのに天気が良いのでチョミゾウがまたまた脱走を企てています。毎朝の母親のゴミ出しのタイミングや私の出社を狙って出て来ます。たいがい妻を呼んで連れて行ってもらうのですがいない時は、風呂場に閉じ込めて時間を稼いだり大変です。ちょっと雪でも降ってくれないかなぁ~。

農業法人の若手の方が作った酒米で出来たお酒をいただきました
竹葉
いつも出社しようとすると脱走を企てるちょみぞう
ちょみぞう