カルス菌を散布して土中たい肥作りです・天気予報を見ながら餅つきをしています

 昨日、台風で雨が降る前を狙って紙マルチ栽培の「超普通じゃないコシヒカリ「女王さまミルキークィーン」の田んぼにカルス菌を散布しました。カルス菌は、土の中のワラや籾殻を食べて土中たい肥を作る優れものですがエサとして「油粕」も混ぜて散布します。「普通じゃないコシヒカリ」では、エサとして硫安という化学肥料を混ぜるのですがこの2商品は、化学肥料ではない油粕を使用しています。でも油粕の肥料分が少ないので大量に混ぜないといけません。さらに土作り資材も高級品の「とれ太郎」を散布しています。この時点でかなりの資材投入になっています(o^-^o)


 そして天気予報を睨みながら餅つきの仕事も行っています。今日は、ころころ餅と外注も餅つき。農業者仲間からの餅つきの依頼もわずかですが受けています。わざわざ大きな投資をしなくてもお互いの得意分野で外注し合えば無駄な出費を防げます。しかし段々寒くなって来ました。10月は、史上最高の暑さだったと聞きますが油断すると風邪を引きます。寒くなると猫が寄って来ます(⌒‐⌒)

カルス菌と油粕を混ぜて「超普通じゃないコシヒカリ「女王さまミルキークィーン」の田んぼへ
カルス菌


カルス菌は、嫌気性菌なので散布したら速攻で耕します
カルス菌


台風で雨、、餅つきをお天気に合わせて行っています
餅つき


特殊な外注も作っています、、これは「豆のし餅」
餅つき


寒くなると寄って来るのが猫です、、普段はカチ無視です
ちょみぞう

このエントリーをはてなブックマークに追加