10月は農作業が宇宙的に錯綜します・林さんちの大豆コンバインはクラシックマシンです

 稲刈り、籾摺り、袋詰め、出荷も終わって次の作業準備に取り掛かっています。これから先は、土作り資材散布、大豆刈り取り、秋起こし、餅つきと作業が錯綜して行きます。ある意味、稲刈り時期は、仕事が決まっているので簡単です。これからは、スタッフとお天気を相談しながら毎日の仕事を考えねばなりません。そして農業関係やその他のイベントも目白押しの10月なのでそちらの段取りもなかなか大変です。今までは、地上での仕事が主でしたがこれからは、宇宙人農家の仕事に突入して行きますo(^o^)o


 でも肝心な土作り資材の納品が遅れています。稲刈りが早く終わりすぎたのかもしれません。そして大豆刈り取りの機械「大豆コンバインDC1」は、すでに25年を過ぎた老兵ですが修理に次ぐ修理で頑張ってもらっています。なにせ補助金を使わず自力で購入したレアモノです。他の大豆コンバインは、補助金で購入しているので数年おきの更新で立派なこと!でも誇りを持ってこの老兵で大豆を作り続けていますo(^o^)o そして新餅米で餅つきをしましたがやはり少し硬いイメージです。今年の天気では、仕方ないかなと思いますが祝い餅でその評価が明確に分かります。


土づくり資材散布の準備完了です、、肝心の資材が届いていません
ケイ酸散布


大豆刈り取りの大豆コンバインも準備完了、、老兵まだまだ現役です
大豆コンバインDC1


新餅米での餅つき、、やはり少し堅い感じ(* ̄▽ ̄*)
餅つき


大豆も収穫間近です、、もうハゼている莢もあります
大豆

このエントリーをはてなブックマークに追加