ひとめぼれ販売開始間近です・長ワラ落としをサービスで行っています


 今日は、雨から一転して晴れ、市街地の稲刈りを再開しました。稲刈りの作業請負のお客様の要望で良くあるのが「長ワラ落とし」畑に使うためのモノです。通常は、カッターで5センチ程度にバラバラに切ってしまうのですが後方のカッターのシャッターを閉めて外に出して落とします。でも綺麗に並べなくてはいけないのと、落としたワラを踏むとグチャグチャになるので周囲を多めの刈って段取りしなくてはいけません。でも多くの場合市街地の田んぼは、小さいので結構難しい作業になります。いつもは、自由奔放に刈るのですがワラ落としでは、動きが非常に制限されてしまいます。このような稲が立っていて田んぼも硬いと楽ですが、倒れていたり軟らかい田んぼでは、動きを制限されると倒れた稲で機械が詰ったり、軟らかい田んぼで機械がはまったりと厳しい場合が多くなります。それでもお客様の喜ぶ顔を想像してサービスで行っています。


 昨日のひとめぼれを袋詰め検査をするので、今日か明日には、販売開始します。昨年は、8月30日だったので8日!も早い販売開始です。でも今回は、たまたまお天気の関係で早く刈ったのでひとめぼれの本番は、来週になります。しかし今日は、晴れだけど明日は、雨、明後日の田んぼのフェスティバルの当日が曇り時々雨、、(ToT) なんとか良くなってくれ~~!


長ワラ落としを時々します、、通常は細かくカッターで切ります
馬替


綺麗に並べるのと踏んではいけないので気を使います
馬替

このエントリーをはてなブックマークに追加