なんでやろ8番の本社工場を見学しました・石川県が誇る宇宙人農家2社を見学しました


 法人協会北信越ブロック研修交流会に昨日と今日参加しました。昨日の講演の中で富山県の中小企業診断士の先生が今が農業経営のピークではないか?とおっしゃったのが印象的でした。それほど水田経営所得安定対策(旧戸別所得保障)で農家の経営が潤っているというのです。う~んそれほど凄いところもあるんだなと驚きました。でも今がピークで大したことのない財務状況の農業法人は、ヤバイってことでだなとも感じました。その後の交流会は、いつものように3次会まで流れて今日は、いつもの二日酔い。でも今日は、8番ラーメン本社工場、(株)六星、ぶどうの木 の3箇所の見学に行きました。8番ラーメンは、石川県民がこよなく愛する県民食です。その品質の安定のための努力は、並大抵でないことを感じました。特に製麺は、24時間365日稼働で10分の1ミリの精度で安定して生産するのは、職人技とのことです。改めて8番ラーメンが好きになりました。(株)六星さんでは、若い人の就農先としての話を聞きました。就職相談会に四大卒の方が50人も来るとのこと。今の若者は、就職先として農業法人を選択する人が多い。その受け皿として頑張っている話を聞きました。確かにこんな林さんちでも何人か問い合わせや訪ねてくる学生さんがいます。でも募集は、していません、、なのになぜか社員が増えているのはなぜ?最後は、ぶどうの木で社長のアメーバ経営の話しを聞きました。やはりアメーバでどんなに経営の塊が増えても経営基本理念が基本ですという言葉が印象的でした。石川県が誇る宇宙人農家の見学を終えてようやく帰社しました。さあ今が農業経営のピークなら頑張らないといけませんo(^o^)o


法人協会北信越ブロック研修交流会、、講演もとても興味深いものばかりでした
法人協会北信越ブロック研修交流会


なんでやろ8番、、石川県民のソウルフード8番ラーメンの本社工場見学
法人協会北信越ブロック研修交流会


本ぶどうの木の見学、、石川県の超高級ぶどうルビーロマンです
法人協会北信越ブロック研修交流会

このエントリーをはてなブックマークに追加