田んぼのフェスティバルうちわで奮闘中です・農業機械の部品はとにかく高価です


 カグラモチの幼穂は、今もって足踏み中です。朝晩、寒くて窓も締め切ったままで寝ているくらいですからそれもうなづけます。そこでスタッフ一同、草刈りと草取りに出動中です。私は、田んぼのフェスティバル用の「うちわ」のデザイン中。今度のテーマ「林さんちの食育テーマソング・いのちの呪文」の歌詞カードにもなるし、子供達に塗り絵もしてもらえ、スタンプラリーのカードも兼ねています。もちろん暑いのでうちわ本来の機能も重要です。ところが当初考えていた業者への依頼ですが妻が却下。まあ経費が当然かかるということもあるけど手作り感がまったく無くなるという点もNGでした。妻は、主任児童委員で保育園の夕涼み会に行くのですが最近は、出来合いのモノを子供達に配ったりしていることに違和感を覚えています。そこに私の業者製うちわっていうところにカチンと来たようです。そこで手作りできる白地うちわを探すのですが、今回、子供達に塗り絵をしてもらうので骨があるとダメ。紙ベースを探すけど小ロットでなかなかないのです。探しに探してミルクパックのリサイクル製を発見。でも完全に手作りキットなので妻と内職の夏になりそうです。


 今、ライスセンターで専務が秋作業用の機械の整備をしています。そこに稲刈り機械AR70のクローラーつまりゴム製キャタピラが届いています。なんと1セット45万円也!これでも以前より安くなったと言うのですから驚きます。ARは、今年で12年目1200時間稼働です。今回で2回目の交換ですが本来ならとっくに交換だったのを引っ張って使用していました。でもこれが田んぼの真ん中で切れるとにっちもさっちも動かなくなるので大変です。今年は、安心して操作出来ます。しかしこの手の部品は、高いなぁ~~、、農機具貧乏とは、良く言ったもんです。

穂肥え散布の延期中なので草刈りに突入中です
草刈り


私の愛機クボタAR70の足回りの部品交換です、、まだまだ頑張ってもらわないといけません
クボタAR70


1セット45万円のAR70のクローラー、、これでも以前より安くなったそうな( ̄○ ̄;)
クボタAR70


下水道工事がいよいよ林さんちのメインストリートに突入して来ました
下水道工事

このエントリーをはてなブックマークに追加