社長が穂肥え散布するは2年ぶりです・紙マルチ田の肥料散布は足がパンパンです


 昨日、社長が穂肥え散布するのは5年ぶりじゃないか?という失礼?なことをスタッフが言うので調べたら確かに昨年と一昨年は、散布していませんが3年前は、散布していました。だから2年ぶりの穂肥え散布ですが本当は、今日からスタッフに任せる予定でした。しかし一人体調不良者が出て結局、社長も出動です。事務所にこもってすることもたくさんあるのですが、やはり外の仕事の方が気持ちが良いです。今日から紙マルチのコシヒカリとミルキークィーンに散布開始しましたが、紙マルチの田んぼは、大きくて通称「バズーカ」と呼ばれる長距離散布用のノズルでも届きません。そこで軟らかい田んぼの中を重い動力散布機と肥料を担いで歩かねばなりません。片道130mと90mの2箇所ありますがそれだけでもう足はパンパンです。でも日本の田んぼのサイズがこんな大きさなので多くの農家の人達は、こうやって担いで肥料を散布していると思います。今日で、有機肥料の1回目の散布終了で、普通じゃないコシヒカリへ2回目の散布も終了予定です。明日、紙マルチへ2回目散布をして連休に突入予定です。3回目を来週早々に行いカグラモチの穂肥え散布をして暑い中の肥料撒きは、終わります。今年の秋は、早い予定なので早めに夏の仕事を終えて備えますo(^o^)o

紺碧の空に向かって肥料散布中です、、日差しが痛い!
穂肥え散布


紙マルチ田んぼは、大きいので中に入ります、、重い( ̄○ ̄;)
穂肥え散布


ライスセンターの秋作業で使う機械を整備中です
石抜き機

このエントリーをはてなブックマークに追加