穂肥えの開始が昨年より8日早くなりました・1日に1センチ以上伸びる幼穂です

 
 梅雨明けしたような好天です。今日は、2回目の生育調査、、前回は、中学生の職場体験「わくワーク」に合わせての調査だったので今回は、穂肥え散布時期を決定するいわゆる本番の生育調査です。でも前回の調査でコシヒカリの出穂もかなり早くなる予想だったのでいつもよりかなり前倒しの生育調査でした。でも普通じゃないコシヒカリの幼穂を見てみるともう2mm程度になっています。大体4mm前後で散布し始めないと間に合わないのでもう明日から散布が決定しました。昨年より8日早い!しかもカグラモチも同様に1週間スライドしそうなので連休を挟みかなり穂肥え散布は、忙しくなりそうです。でも7月4日に見た「ひとめぼれ」の幼穂が1センチ、そして今日は、もう14センチ!幼穂が見え始めると急激に伸びて1日に1センチ以上です。今年の秋は、もうお盆明けから全開の予想ですo(^o^)o


幼穂調査、、前回の調査では見えなかったコシヒカリの幼穂が見えます
幼穂調査


事務所に持ち帰った穂で幼穂撮影を試みるがコシヒカリは小さ過ぎて失敗、、難しい!
幼穂調査


ひとめぼれの穂はもう14センチになっていました、、もう出穂です
幼穂調査


そのころスタッフは、総出で草取りです
草取り

このエントリーをはてなブックマークに追加