2013年の田植えが終了しました・見えない草と種との戦いの始まりです

 午前中、いつもお世話になっている「本ぶどうの木」の社長のご尊父の葬儀に参列。本社長の今もこのお父さんがいたからこそなんだろうなと感じました。ご冥福を祈ります。そして私は、自然栽培米の田んぼで昨日行ったチェーン除草で浮いた草や種を流す作業をしました。でも浮いた草も種も見えないので昨日は、やらず先輩農家に「これってやらなきゃいけないの?」と質問しました。すると目に見えないけど小さい種が浮いているのでやった方が良いと言われ慌てて早朝から始めたのです。マニュアルには、書いてあるけど、人間って自分の都合の良い方向へ解釈するものだと痛感しました。ちゃんとマニュアル通り作らなきゃね。でも水を排水するというのは、この水持ちの悪い田んぼでは、とてもリスクがあるのです。今回も水を入れながら田面が出たりしないように慎重に行いました。でも次回は、その目に見えない種を見てみたいものです(⌒‐⌒)


 そして田植えを続けていた専務チームがついに2013年の田植えを全て終了しました。4月25日から始まり約1ヶ月余り、前半の寒い日々に凍えながらそして後半は、暑さとの戦いでした。それでも良く失敗する苗が今年に限って?は、とても良い苗に仕上がったので精神的に余裕が持てた田植えでした。今年から代掻き優先の春作業にしたので、結局ほとんど社長チームの1台体制での田植えが多かったです。だから今年は、なんだかたくさん植えた充実感がありました。まあその分、田植え終了しましたが身体は、ヘロヘロです。これで少し充電期間を持てそうです。そして次は、すぐに大豆播種にかかりますo(^o^)o

2013年の田植えが全て完了ですo(^o^)o
田植え終了
2回目のチェーン除草を経てますますたくましい自然栽培米の苗です
自然栽培米
チェーン除草で浮いた見えない小さな草や種を流します
自然栽培米

このエントリーをはてなブックマークに追加