とくの幼稚園と藤蔭幼稚園の楽しい代掻きがありました・コシヒカリのゴールが見えて来ました

 先週と打って変わり暑い1日になりました。おかげで予定していた「とくの幼稚園」「藤蔭幼稚園」の代掻きも楽しく激しく出来ました。時々寒い日に当たると子供達は、歯をガチガチ言わせながらの代掻きになってしまう時があるので良かったです。今年の春は、寒いので奇跡的な1日でした。でも私は、現在田植え全開中で休憩時間と昼食時間にバイクでぶっ飛んで代掻きに立会いました。とくの幼稚園さんは、代掻きに間に合ったけど藤蔭幼稚園には、間に合わず、、お話だけしました。代掻きで話す内容は「この田んぼの水はどこから来るか?」という質問です。みんな「川」「海」「富士山」と答えるけどなかなか「白山」が出て来ない。たまにまったく分からずに宿題で持ち帰る年もありますが今年は、無事、「白山」と答えが出ました。子供達が代掻きしてくれた田んぼは、この後にトラクターを入れるともとっても綺麗になります。田んぼも大喜びの1日でした。


 残りのコシヒカリの田んぼの枚数を数えると32枚、、1日全開で田植えしても平均25枚。どうしても明日で終わりません。でも今日、5月10日から行った紙マルチの代掻きが終了したので専務のヘルプが期待できそうです。田植え機のペースを上げれないなか時計のような正確さで植えています。あと1日頑張ればとりあえずのゴールが見えて来ました。


とくの幼稚園の代掻き、、という名の公認「泥遊び」ですが凄いことになってます
とくの幼稚園

藤蔭幼稚園の代掻き、、こっちも激しかったはずだが撮影間に合わず、、祭りの後でした
藤蔭幼稚園
ひたすら全開でコシヒカリを植えます、、時計のような正確さで植えて行き24枚達成
田植え
紙マルチ田の代掻きラストスパート、、軽トラは専務が今日購入した新車です(o^-')b
紙マルチ代掻き

このエントリーをはてなブックマークに追加