コシ二発くんを散布しましたが強風のため中止です・自然栽培用の床土の発芽試験成功です

 今日は、林さんちの普通のコシヒカリに使用する肥料「コシ一発くん」を散布しました。穂に与える肥料も全て入っている特殊な肥料を田植え機の側条散布機で田植えと同時に散布する化学肥料なので「コシ一発くん」と呼ばれています。でも林さんちは、田植え機で入れる前に半分を田んぼに全層で散布しています。こうするとせっかく土作りした地力を使ってもくれるのです。側条、、つまり苗のすぐ横に肥料を入れると苗は、お手軽なコシ一発くんの養分だけに頼ります。すると天候の変化や猛暑に耐えられないのです。リーズナブルな普通のコシヒカリと言えども少々手を加えての栽培方法なんです。ところが今日は、快晴なのに凄い強風。朝方は、なんとか散布していましたが昼近くになるととても肥料散布できるような状況で無くなりました。結局2時間しか今日は、作業できずでした。私は、午後から県庁や関係機関で風土金澤の打ち合わせに回りました。同行した宇宙人農家の話を聴きながら目眩を覚えて帰って来ました。でもこうやって宇宙に塵が集まるがごとく形が出来て行くのだなと感じました。


 先日用意した自然栽培米用の床土に発芽試験用のハツカダイコンを蒔いていたのですが、今日見ると見事に発芽していました。私のアオカビでやられたボカシ肥料使用も番場さんから頂いたボカシ使用も成功。そしてこんな真っ黒な燻炭から芽が出るんかいな?と思っていましたがこっちも見事に出ました。これは、次回の種まきが楽しみになって来ました(o^-^o)

コシ一発くん肥料ですが林さんちでは、コシ二発くんです
コシ二発くん
爆弾低気圧が過ぎて好天ですが強風が吹き荒れる中、散布、、2時間で中止です
コシ二発くん
自然栽培用床土に蒔いた発芽試験用のハツカダイコンが全て出芽!
ハツカダイコン

このエントリーをはてなブックマークに追加