2013年4月 林さんちの楽しい社長日記「あぐらぐち物語」

 昨日と一変、今日は、朝から激しい雨でした。昨日、私の水周りエリアを植えたので今日から、愛機フォルツァを駆っての水周り開始えす。そして今日は、本当は、除草剤散布の予定でしたが風雨で中止。私が市街地の田植えをすることになりました。ここから先は、ひたすら林さんちの「ひとめぼれ」を植え続けています。そして明日から私のチームで田植えのお客様の田んぼの田植えに回ります。お天気回復してくれないかなぁ~~。

今日から水周り開始、、早朝は、土砂降りでした
水周り
今日もひたすら市街地の田植えです、、品種は、ひとめぼれ
田植え
スロープが急なので上がるたびにスタッフが全体重を乗せてサポートします
田植え

 今日から市街地の田植えに突入です。でも今日は、社員さんが1名お休みなので田植えチームが1名減でした。でもさすがに市街地の田植えは、移動の際に落とす泥の片づけが間に合わず急遽ヘルプで妻を連れて行きました。よほどのことが無い限り「夫婦の共同作業」は、林さんちでは、無いので超珍しいツーショットです。ちなみに妻は、いつもは、育苗ハウスの水遣りに忙しくしています。そして今日は、ハナエチゼンの田植えを終了することが出来ました。ちょっと厳しい面積かな?と思いましたが頑張りました。ちょうど定時でピッタリ終えて気分も上々です。苗も120箱ほど余りましたが足りないより絶対に良いと思っています。後は、ひたすら「ひとめぼれ」を植えますo(^o^)o


今日から市街地の田んぼに突入です
田植え

市街地の田んぼは、タイヤの泥片付けの仕事が増えて大変です
田植え
妻の撮影です、、私とはちょっと違う感性です
田植え
これも同様、、田植え機の旋回跡です
田植え

 田植え初日から施肥機トラブル、雷雨での非難等々でクタクタの体で今日は、雨で2週順延になった野々市市学童野球連盟・春季大会の球審をしました。疲れていても6年生の子供達には、1度しかない試合です。しっかりと早起きして水撒きをして体調を整えて臨みました。子供達もハツラツとしたプレーが出来たと思います。ただし5月は、田植えで審判は、さすがに出来ませんm(_ _)m


 そして明日は、田植え機2台体制で植えるので私のマシンを専務が修理してくれました。故障部品は、ワンウェイベアリングという1方向にしか回らないベアリングです。これが滑るって両方回ると肥料が出なくなるのです。小さな部品ですが非常に重要です。今回、ベアリングだけでなくロッドやステーと言った付随する部品も磨り減ってガタガタだったので交換してくれました。これで肥料トラブルからはおさらばの予定です(o^-^o) 


雨で2週順延になった野々市市学童野球連盟・春季大会の球審をしました
野々市市学童野球連盟・春季大会

私の田植え機の施肥機の部品、、ワンウェイベアリングという部品だがたくさんあるなぁ~
***
専務が日曜返上で組み上げています、、今年は肥料トラブル多し(ToT)
***

 今日も朝からゴロゴロ雷の音が聞こえる中、田植え開始。雷が収まったら今度は、冷たくて激しい雨が降って来ました。おかげで肥料が湿気で固まってまたまた肥料散布機トラブル。今回は、一部だったのと早めに気づいたのでなんとかなると思います。そして今日の田植えエリアは、田んぼがたくさんある真ん中でした。でも肝心の農道がここのところの激しい雨でぬかるんでヒヤヒヤの走行。そして午後からの田んぼは、まったく田んぼに横付け出来ずに全て手で苗を運びました。こうなるとなかなかペースが上がりません。それでも林さんちの小さな田んぼで23枚2ヘクタールほど植えました。もう夕方には、クタクタで合羽を着てさらに寒いので体がカチコチ、、(×_×) 明日は、日曜日なので苗も肥料も下ろしてライスセンターに戻しました。私は、明日の午前中は、学童野球の球審です。こんなに疲れていて大丈夫なんだろうか、、早く寝よ~っと!

昨日からのアラレやヒョウに晒されている「ひとめぼれ」の苗、、凍えて見えます
田植え
ようやくお日様が出て菜の花も映えています、、でも風は冷たい
田植え
激しい雨で農道に軽トラックを入れれず苗を全部運び入れました、、(×_×)
田植え

 昨日は、私の田植え機が不調でホトホト困り果てたが、今日は、専務のマシンを借りて絶好調で田植え、、のはずが雷雨が時々ある1日で避難を余儀なくされました。それでもなんとか田植えをしましたが、思いがけない伏兵が毎日現れてなかなか前に進みません。明日は、穏やかな1日でありますよ~に!


 それにしても夕方の雷は凄かった。軽トラに避難していましたが暇なのでデジカメで落雷の撮影を試みました。でも光ってからシャターを押しても間に合わない。そこで連写モードで電池とメモリのある限りシャッターを押してみました。でもこのデジカメは、1秒に3枚、、撮ったと思ってもなかなか写っていない。でも200枚ほど撮影した中に奇跡の1枚がありました。帰社後、パソコンで見ると見事な稲妻が写っていました。でもこれでも小型の落雷で、まさしく龍のように縦横無尽に走った雷をたくさん見ました。でも結局1秒のうちの3枚にはヒットせずで雷の撮影の困難さを感じました。でも1枚だけでも大満足です(o^-')b


今日は、専務のマシンを借りての田植え、、電子制御が良すぎて大変です
田植え

大豆跡の田植えは、肥料を忘れずに半分に、、オデコにメモを貼って忘れないように(o^-')b
田植え
午前中も雷雨で一時避難したが夕方は、凄まじかった!逃げて帰りました
落雷
200枚ほど連写した中の奇跡の1枚!でもこれでも小型の落雷なんです
落雷

 今年の田植えは、例年より5日早くスタートしました。代掻きした後になるべく早く植えたいからです。以前は、代掻きをするオペレーターが私と専務しかいなかったので、出来るだけ代掻きの田んぼを貯めてから田植えでした。でもそうすると草がどうしても生えて来るのです。最近は、新しい社員も入ってオペレーターが増えて2台のトラクターで代掻きしながら田植えをするという芸当も出来るようになったのです。そして今日の初日、お天気にも恵まれ絶好調で田植えを開始。ところが肥料がどうも半分しか撒けないトラブル発生。どこも壊れていないのにどうしても肥料散布機が半分しか散布しない。最初、気のせいかと思ったがやはりオカシイ。夕方までスッタモンダした挙句に2倍の散布量にセットしてようやくまともに撒けました。肥料をタンクから何度も抜いて機械をチェックしたり後ろばかり気になってしまいもう疲れ果ててしまいました。今日は、専務の田植え機で田植えします(* ̄▽ ̄*)


 調子こいて植えていた時の田植え動画 です(o^-^o)

いよいよ2013年の田植えのスタートです!
田植え
絶好調でく田植えをしています、、お天気も最高!
田植え
思わず万歳ですが、、この後トラブルで疲れ果てるはめに陥ります
田植え

 今日の午後、お向かいの富陽小学校5年生にお米の授業と今度の田植えのレクチャーに行きました。一昨年からお話をさせてもらっていますが効果抜群です。いきなり田植えで指導してもなかなか伝わらず、しかも外なので人数が多くて声も届かず、、(ToT) 今年で確か18年目の富陽小学校での稲作体験授業ですが、ついに田んぼを2倍に増やしました。1枚では昨年までの110数名3クラスがもう限界、今年は140数名4クラスなので思い切って2枚にしました。昨年は、小さな田んぼに大勢が入ったので植えた苗より踏まれた苗が多かった、、(×_×) 今回も稲穂、玄米、3分搗き米、白米、米ヌカ、天皇杯レプリカを持参してドッカンドッカンやりました。子供達も集中しかつ楽しく答えてくれました、、ありがとう!


 今日は、朝から激しい雨。でもそんな中、合羽を着て代掻きに出動です。明日から田植え開始なのでもう待ったなしの状態です。田植えが圧倒的に代掻きより速いので休むわけにいかないのです。本当は、今日の夕方テスト植えをする予定ですが果たして出来るか微妙な状況です。そして私は、こんな雨の日は、事務所にいるとバレているのか来客と電話多数、、早く田植えに突入したいです。


富陽小学校5年生にお米の授業と田植えのレクチャーです、、みんな集中しています(o^-')b
富陽小学校

 今日は、お店のスタッフが休みなので代わりに店番と商品発送をしています。でもまだ新しい販売管理システムに慣れず四苦八苦、、(×_×) 何度もやり直しさらに発送の梱包も何度もやり直し、、(ToT) 実は、梱包が苦手なんです。なかなか綺麗にできないし多くの条件、クレジット、コレクト、時間指定、冷蔵等々の入力を間違えるしでやっていて自分でも呆れるほどです。人間には、向き不向きがあると痛感します。田んぼの方は、現在、市街地の代掻きに突入中のようで、こっちも苦労しているようです。


 先日、友人からラブシートの寸法と価格を聞かれすぐに答えられずラベルの写真を撮りました。ラブシートは、苗の管理で欠かせないアイテムです。でもすごく種類も多くてただ「ラブシート」と言ってもすぐには、注文できません。林さんちのタイプは、スーパーラブシート、厚手の270センチ幅です。以前は、もう少し薄いタイプで240センチ幅でしたが上に掛けて何年も経って汚れて来たら下に敷くのですが薄いとすぐに痛んでボロボロになるので厚手にしました。幅も苗箱30センチ×60センチを横4箱分で240センチで足りる計算なんですが何年も使うと縮んで来て隙間が出来るので270センチを使用するようになりました。これなら余裕で被せたり敷いたり出来ます。ただし100mロール1本5万円!ですからやはり大事に使いたいですね。


代掻きが済んで鏡のようになった田んぼ、、鴨が遊んでいます
代掻き

スーパーラブシートのおかげでずいぶん苗管理が楽になりました
ラブシート
幅も厚さも各種類あります、、しかし価格は1本5万円!それだけの価値はありますが
ラブシート

 朝の散水装置での水遣り担当は、私です。今のところまだ12棟中9棟ですが、それでも30分以上はかかります。そして水遣りと同時に換気装置を回してハウスの横を空けてあげます。これで温度調節をしています。ところが先日のフェーン現象の日に油断して一部の苗を乾燥させてしまいいわゆる「焼け苗」を作ってしまいました。ここ数日は、とても寒い日が続きましたが割りと苗は、寒さには強いのですが暑さには、いっぺんにやられてしまいます。苗が育苗ハウスにある間は、お天道様とにらめっこの日が続きます。


 今日は、トラクター2台体制で代掻き全開です。でも最近は、社員も増えて十分にオペレーターがいるので私は、トラクターに乗せてもらえません。昨年は、1日分だけ代掻きをしましたが今年は、皆無です。最近の私の愛車は、畑用の小さな耕運機です(ToT) 


苗の水やりで段々早起きになって行きます、、7時でもう日がこんなに高い
育苗ハウス

ハウスの前のハンドルをグルグル回すと換気が出来ます、、温度調整します
換気装置
前日のフェーン現象の時に油断して焼いてしまった苗です、、復活しますよ~に!
焼けた苗

 昨晩、モンサントの不自然な食べものの自主上映会の実行委員会に参加しました。私のライフワークの食育授業の中でも遺伝子組み換え大豆の話をするのでとても興味があり試写を見せてもらいました。他の参加者には、延々と続くインタビューに眠気を覚えた人もいたようだが、私は、110分が30分ほどに感じました。それほどヘタなホラー映画より怖い映画だったのです。そして内容も、ある程度知っていたことの裏付けと目から鱗の話ばかりでとても良かった。モンサント社のラウンドアップは、実際に林さんちでも使用している除草剤です。まさかコイツに枯れない遺伝子を組み込んだ作物を作っているなんて最初は、知りませんでした。ぜひ多くの人に興味を持ってもらい自主上映会に来て欲しいと感じました。上映会は、5月26日(日)13:15開場 上映110分 講演会60分 会場=白山市松任文化会館大ホールです。前売り1500円です。欲しい人は、私にメールください→koyo@hayashisanchi.co.jp

 昨晩は、映画の実行委員会で遅く帰宅。ビールを飲みたいのを我慢して早めに就寝そして早起きしました。今日は、野々市市学童野球連盟の春季大会2日目の第一試合の球審の予定だったからです。夜半雨は、降っていましたが朝には、上がる予報でした。でも7時過ぎには、中止そして来週に順延の連絡がありテンションダウン。来週29日は、もう田植えのど真ん中です。ハウスの水遣り、田んぼの水周りと確実に日曜日でも仕事はあるのでかなりキツイ。しかも実質5月は、休みが無いので最後の休日とも言えるので今日の試合中止は、痛かった。それでも子供達は、元気に林さんちのライスセンター横の富陽ドームで雨天練習をしていました。まあ来週も頑張りますo(^o^)o


大会が雨天順延になり富陽ドームでの練習になりました、、今日やりたかった(×_×)
富陽ドーム

 お天気は、良いのですが昨日から気温の低い日が続いています。そんな中、水の当たった田んぼから代掻きを進めています。今年の田植え予定が例年より早くなったので田植え機の準備も前倒しで行います。私のマシンは、8年目ですがこのクラス最速は、変わりなく絶好調。専務のマシンは、同型機でも後期型なので完全オートマチックでの田植えが可能なハイテクマシンです。まあどちらも歴代の林さんちの田植え機の中でもベストのマシンです。昔は、本当に壊れるし綺麗に植えないしで苦労しました。このマシンは、本当に優秀で「もう8年目?」という感じです。時代は、進んだのですね。

 今日は、苗巡回の日で関係機関に苗を見てもらいました。自然栽培米を見てもらうと床土の種類で苗の育ち方に差が出てきました。一番生育が良いのが先輩農家の番場さんから頂いたボカシ使用、私のアオカビボカシ使用、燻炭のみと来て最後が、私のあまり発酵しなかったボカシ使用でした。しかもなんだか保水力もないみたいで異常に乾いています。なんでやろ~?

バァ~ンと出ました田植え機2台、、今年の田植えは早いのです
田植え機整備
手前が8年目の私のマシン、奥が2年目の専務のマシンです、、
田植え機整備
苗巡回で自然栽培米用の苗をみてもらう、、床土の種類で差が出て来ました
苗巡回

 昨日から代掻きを始めました。まずは、テストで何枚か代掻きをしてから今日から本格稼働です。天気予報は、ここのところ微妙なお天気でしたが思いっきり外れて気温は、低いが快晴です。林さんちの代掻きは、例年この時期から行いますが田植えは、4月30日に行っていました。しかし今年は、林さんち史上最速5日早めて4月25日に行うことになりました。代掻きより田植えの作業の方が速いのでどうしても早めに代掻きをした田んぼを貯めておかないとすぐに追いつくのです。しかしそんなに間が空くと草が生えるので問題になっていました。そこで今年は、追いついたら田植えを止めて代掻きをする作戦に切り替えました。さらに社員も増えてオペレーターも余裕があるので田植えと代掻きを同時作業できる点も今までと変わった点です。昔は、私と専務しかいなかったのでとにかく田植えする分を全部代掻きしなくてはならず大変でした。急いでやる=綺麗に出来ない=草が生える=除草剤多用=それでも効かず=手で取る、、という悪循環でした。今は、ユックリやる=綺麗になる=草が生えない+保水力上がる=除草剤が少量で効く=手で取らなくて良い=経費削減、、良いことだらけです。今年は、さらに進化させての米作りになります。上手く機能するように願っています。

昨日から代掻きが始まりました、、もう待ったなしです
代掻き開始
林さんちの田んぼは小さいのでグルグルと細かく回るので機械も小さいです
代掻き開始

 今日は、4回目の苗出しの日。苗の種類もいろいろあって気を使います。そしていよいよ自然栽培米の苗箱を並べ始めたところで火災発生メール!消防団員が一人バイトに来ていたので二人が苗搬出から抜けざるを得ません。でもそんなこと言っている場合ではありません。現場は、市内でも第2分団格納庫があるところの反対側で到着に時間がかかりました。でも黒煙が遠くからも見えて大きな火災とすぐに分かりました。少し遠いがうまく消火栓に取り付くことが出来て放水開始。でも残念ながら1軒全焼、2軒延焼でした。この時期やはり乾燥しているので木造家屋は、ひとたまりもありません。火の用心!


 結局、後片付けを終えて戻ったのは、お昼ごろ。その頃には、とっくに苗出しは終わっていました。恐る恐る自然栽培米の苗を確認したらちゃんと芽が出ていて一安心です。それにしてもボカシや燻炭を使った苗箱は、軽くて運ぶのが楽チンでスタッフ一同「これに変えよう!」と言われました。う~ん苗でリスクは負えないが、この軽さは、確かに魅力です。来年、ちょっと考えてみようかな。

4回目の苗、、なぜか有機床土はエクトプラズマ?が出ます
4回目苗出し
苗出しの最中に火災発生、、3分の1ほど放っておいて出動
火災
撤収後、大事な自然栽培米の苗の様子を確認、、ちゃんと出芽していて安心
自然栽培米苗

 今日も入水作業をしました。主に市街地の田んぼを縫うように回りましたが、水がまったく来ていないエリアと来ているエリアがはっきりと分かれていました。水が来ないエリアは、水を用水から揚げようにも「カギ付き電動せき」の場合が多くてにっちもさっちも行かない。連絡できるところは、連絡したが、残りは、地元の農家が入れてくれるまで待つしかない。そして今年の林さんちは、段取りが良かったのか荒起こしが全部完了。他の農業法人で荒起こしが遅れて難儀しているという情報も聞くが、確かに4月初めからロクな天気がない。林さんちは、比較的好天だった3月中から4月初めに一気に作業が進んだアドバンテージが効きました。おかげで私も午後は、事務所にこもって仕事が出来ます。


 育苗ハウスの苗もここのところの暖かさでドンドン伸びて、今日から散水装置で水遣りを開始しました。これまでは、まだ苗が小さいのでホースを引っ張ってジョロで撒いていました。でも大きくなるにつれて蒸散も多くなるので追いつきません。そこでハウスの両側にある散水パイプから一気に散水します。見た目薄く散水しているように見えますが、1棟1分ちょっとの散水で12棟全部に散水すると8,000リットル以上ある水槽が空になります。でも散水装置では、多少のムラが生じるのでやはり日中に手で散水して修正をしています。そうやって手間隙かけているからこそ良い苗が出来ます。


いよいよ苗も大きくなったので散水パイプで水遣り開始です、、でも良く見えない
散水

こんな感じでノズルから扇状に水が出ます、、多少のムラ直しが必要です
散水

 今日は、フェーン現象で暑い日になりました。そして今日からいよいよ田んぼに水を入れ始めました。でもまだ田んぼを耕していない農家もあって一部の用水しか使えず四苦八苦しています。水を入れたからと言ってすぐに満たされるわけでないのでなるべく早めに入れたいのですが地域の作業の進捗状況に合わさねばなりません。そんな中、紙マルチが届きました。今年は、例年より1.5倍の数量なので10トン車でド~ンと来ました。でもお隣の六星さんには、500本!も届けたらしい。紙マルチ栽培、少しづつ広まっています。


 昨日、脱走して風呂で強制洗浄された「ちょみぞう」も今日は、暑くて少々グッタリ。だいたい毛が長くてとても夏向きとは、思えない。猛暑になったらトリミングしてもらおうかとマジで考えています。


10トン車がド~~ンと来て紙マルチの搬入です、、110本購入
紙マルチ搬入

早生の田んぼへ水を入れ始めました、、ゴミも多いなぁ~(-_-#)
入水開始
フェーン現象で猫もプハ~って感じです、、カバンやカゴが大好きです
ちょみぞう

 今日は、4回目の種まきです。紙マルチ栽培用の有機床土仕様のコシヒカリ、ミルキークィーン、普通じゃないコシヒカ用、自然栽培米用と4種類の種まきがあり集中力の求められた1日でした。最初は、順調に蒔いていたのですがもう少しのところでガチッと言って床土入れ機が停止。なんとバケットが一個外れて排出口で引っ掛かっていました。結局なんとかその1個を外して再開。当然、数%は、能力が落ちますが少~し床土の量を減らし対応しました。最近、種まきごとにどこかが壊れます。そろそろ限界に近づいて来たのでしょうか?それでも最後に自然栽培米用の種まきを無事行い終了しました。上手く芽が出てくれることを祈るばかりです。


 専務が先日から製作中だったチェーンが完成しました。私のパーソナルカラーのイエローに塗ってもらいました。サイズは2mでフロート付きで人力で引っ張るタイプです。同型の除草機が載った本を参考に製作しました。少し林さんち流にアレンジしましたが効果は、実際に使用してみないと未知数です。当然、周りからは懐疑的な意見が続出ですが、、( ̄○ ̄;) そんなワイワイやっている隙を縫って「ちょみぞう」が脱走。帰って来たのは良いがドロドロ、、この忙しい時に妻が風呂で洗うはめになりました。水に濡れると笑ってしまうほど細い。やはり毛で膨らんで見えるだけのようです。

チェーン除草機完成、、フロート付きで人力で引くタイプです
チェーン除草機
4回目の種まき、、最初は順調でしたが遊びすぎたのか
4回目種まき
床土入れ機が壊れてしまい修理をしました、、最近よく壊れる(ToT)
4回目種まき
自然栽培米用の種まきも行いました、、これは燻炭床土仕様
4回目種まき
そんな最中に脱走したちょみぞう、、ドロドロで帰宅してお風呂で洗浄d( ̄^ ̄)
ちょみぞう

 今日は、好天だが風が強い。午前中、種籾の催芽を確認して加温を停止して水替えをして明日の田植えに備えます。そして今日から開幕の野々市市学童野球連盟の春季大会の応援と審判に出かけました。私にとっても開幕第一戦だったので緊張しました。少しミスもありましたがなんとか無事終了しました。来週も審判の予定ですがお天気が良いことを祈っています。ちなみに我が富陽学童野球クラブは、2勝して幸先の良いスタートを切りました。優勝を目指して来週も勝利することを祈っています。


2013syunki0414.jpg

 朝5時半、消防無線で淡路島で強い地震があったという一報で目が覚める。震度6だからかなりの揺れです。18年前の阪神淡路地震を思い出して血が引きました。結局、そのまま起きて4回目の催芽のために機械のスイッチを入れました。ここのところの寒さで芽が出る積算温度が足りないのではと少々不安だったのです。でも温湯ですでにある程度の温度がかかっているので逆に芽が出過ぎる時もあるので要注意の4回目催芽です。そして社員が出社するころ様子を見に行くと実に水が綺麗。通常のエコホープでの消毒だと雑菌は、残るので水が少し濁ります。でも温湯消毒だと雑菌もないのか水が透き通って美しい泡が見えます。


 お!と思いさっそく携帯しているルミックスでマクロ撮影。でもこんな綺麗ならOM-Dならもっと綺麗だろうと持ち出してマクロ撮影。泡を通して透明度の高い水の中の種籾の撮影を試みました。ユラユラ揺れる水中の被写体の撮影は、難しいのですがなんとか撮れてワクワクしながらパソコンに取り込み編集開始。でもOM-Dのマクロ撮影は、近過ぎて一体この泡はなんなの?奥の粒々は何?と言った具合でさっぱり分からない。何事も演出し過ぎは良くないと反省しました。結局、ルミックスのマクロモードで撮影した画像を採用しました。デジカメの性能をナメていましたが明るさが十分なら相当綺麗に撮れることが分かりました。


 なにやら社長が朝から無言で水槽に顔をくっ付けているのを冷ややかに出社したスタッフは、久しぶりに田んぼを耕しに出動して行きました。そして私は、今日は、親戚の法事で1日が終了します。ご先祖を大事にすることが自分を大切にすることだと肝に銘じています。


久しぶりの朝日に輝く催芽水槽、、早めの加温開始です
4回目催芽

近づくとすごく水が綺麗です、、さすが温湯消毒!
4回目催芽
さっそくマクロモードで撮影、、デジカメでも明るいと結構いけます(o^-')b
4回目催芽

 今日も、雨、、しかも氷雨。寒いのなんの。今日は、スタッフ全員、加工場にこもってカキモチやお米の袋詰めをしています。田植えになるとそんな時間がないのでどんどん前倒しで在庫を作って行きます。それでも途中で在庫が無くなり田植えの最中に作業をすることになります。でもそれがなるべく無いように頑張ります。今年は、春先は、割りと天気が良くて田んぼ仕事が進んだので落ち着いて加工場の仕事も出来ます。これが遅れているとこんな雨でも無理やり出動となります。そしてこの時間を利用して専務がチェーン除草機を製作してくれています。当初スタッフからは、自然栽培米に関しては、否定的な雰囲気だったので私が製作するつもりだったのですが、見るに見かねて専務が作ってくれています。まあ餅屋は、餅屋で、この手の作業が得意な専務の方が上手に作れるに決まっています。まあこれで自然栽培米のツールは、全て揃いました。あとは、田んぼでの実践あるのみです。

 実は、雨の日で時間のある時に試してみたいことがありました。OM-Dに標準装備のズームレンズ12-50mm F3.5-6.3は、広角からマクロまでをカバーする便利なレンズです。でも私が持っているマクロ専用レンズ、ライカ45mm F2.8の性能をOM-Dで試してみたかったのです。このマクロレンズは、パナソニックのルミックスシリーズ用ですが、農業ジャーナリス「やまけん」さんから勧められたレンズです。このレンズで苗の朝露をマクロ撮影してみました。オリンパスペンの時もかなりの性能を発揮してくれましたが、OM-Dで撮影してみるとさらに美しく撮れました。なんというか奥行き感とシャープさが違います。嬉しくなってパソコンの壁紙にしてしまいました。細かい朝露が銀河に浮かぶ星々のようです、、自画自賛!

林さんち式?フロート付きのチェーン除草機です
チェーン除草機製作
材料は、塩ビパイプとLアングル、、アングルにチェーン取り付け穴を3センチおきに開けます
チェーン除草機製作
アングルを溶接してフレームを作ります
チェーン除草機製作
マクロ専用レンズのライカ45mmを装着して撮影、、おおお!綺麗!
朝露の苗
少しトリミングして見ても綺麗、、さすが専用レンズです
朝露の苗

 春の嵐が過ぎて少し好天が続いたと思いきやずっと寒くてしかも激しい風雨の日が続いています。そんな中を縫うように作業をしていますが今日は、特に酷くて外仕事がほとんど出来ない。そこで4回目の苗出しのハウスの中の草刈りをしました。早くにハウスを張って乾いてきたのは良いが草も伸びてくる。この上にラブシートを敷いて苗を並べて行くのだがフワフワと持ち上がって仕事がしずらくなる。毎年刈れるわけではないが、今年は、春先の好天で作業が順調に進んだので可能になった。でもせっかく積み上げたアドバンテージもどんどんお天気が悪くて減っています。天気予報を見るとなかなかスカッと晴れてくれない。結局、最後は、つじつまが合うということでしょう。


4回目種まきの苗用ハウスの中の草が伸びてきました
ハウス草刈り

草が長いと苗を置く時フワフワして置きにくいので刈ります
ハウス草刈り

 今日は、朝から雨がパラパラと降っているが風は、無い微妙な天気。でも少しでも散布したいので強行しました。しかし私は、今日も2時間だけ散布して選手交代でした。午後からまた風土金澤の打ち合わせで出かけるので事務作業に戻りました。コシ二発くんは、もう一度田植え機で散布するとは言えやはりムラがあるとそこだけが倒れたり収量がまったく無かったりと良くない。最近は、まあまあ上手に撒けているがそれでもちゃんと出来ているかは、稲が育ってみないと分からないのです。私を含め3名のスタッフで散布して極端な偏りがないように散らすのも一つのリスクマージメントです。

昨日の強風に変わって小雨の中の散布です、、風がないからマシ
コシ二発くん
動力散布機の噴筒から出る肥料、、均等に散布するにはテクニックが必要です
コシ二発くん

 今日は、林さんちの普通のコシヒカリに使用する肥料「コシ一発くん」を散布しました。穂に与える肥料も全て入っている特殊な肥料を田植え機の側条散布機で田植えと同時に散布する化学肥料なので「コシ一発くん」と呼ばれています。でも林さんちは、田植え機で入れる前に半分を田んぼに全層で散布しています。こうするとせっかく土作りした地力を使ってもくれるのです。側条、、つまり苗のすぐ横に肥料を入れると苗は、お手軽なコシ一発くんの養分だけに頼ります。すると天候の変化や猛暑に耐えられないのです。リーズナブルな普通のコシヒカリと言えども少々手を加えての栽培方法なんです。ところが今日は、快晴なのに凄い強風。朝方は、なんとか散布していましたが昼近くになるととても肥料散布できるような状況で無くなりました。結局2時間しか今日は、作業できずでした。私は、午後から県庁や関係機関で風土金澤の打ち合わせに回りました。同行した宇宙人農家の話を聴きながら目眩を覚えて帰って来ました。でもこうやって宇宙に塵が集まるがごとく形が出来て行くのだなと感じました。


 先日用意した自然栽培米用の床土に発芽試験用のハツカダイコンを蒔いていたのですが、今日見ると見事に発芽していました。私のアオカビでやられたボカシ肥料使用も番場さんから頂いたボカシ使用も成功。そしてこんな真っ黒な燻炭から芽が出るんかいな?と思っていましたがこっちも見事に出ました。これは、次回の種まきが楽しみになって来ました(o^-^o)

コシ一発くん肥料ですが林さんちでは、コシ二発くんです
コシ二発くん
爆弾低気圧が過ぎて好天ですが強風が吹き荒れる中、散布、、2時間で中止です
コシ二発くん
自然栽培用床土に蒔いた発芽試験用のハツカダイコンが全て出芽!
ハツカダイコン

 昨日は、消防団のポンプ点検を爆弾低気圧通過中に行いました。さすがにこの嵐の中はどうかと躊躇しましたが全員合羽着用で果敢に出動。災害は、多くの場合「夜間」「風雨」の中が多いので有意義な訓練になったと思います。その後、退団退職者を含めお世話なった方を呼んでの送別会ですき焼きを囲み暖まりました。そして一夜明けて今日は、好天に恵まれて地元小学校や中学校の入学式日和になりました。桜もあの風雨に耐えてしっかりと子供達を迎えてくれました。聞くところによると満開を過ぎないと桜は、なかなか散らないそうです。「散るのが桜」と思いきやなかなか根性があるのです。


 そして桜満開の中、林さんちの無農薬栽培のコシヒカリそしてミルキークィーン用の種籾を温湯消毒しました。この消毒方法は、60℃のお湯に10分間浸ける方法で、いろんな菌を殺菌できるしなんと言っても発芽阻害物質アブシジン酸を無力化できる優れものです。でも今日は、250キロ消毒するのに3時間ほどかかり手間の要る方法でもあります。この機械は、野々市市稲作受託組合で共同購入したモノです。今日も設置してある農協の倉庫で行いました。でも60℃10分間まとも行うと実は、出入り熱が残り10分をオーバーするのでアドバンテージを見てタイマーは、8分のセットです。8分が過ぎてすぐに揚げて冷水で冷やしますがなかなか冷えません。手で袋を揉むと中からお湯が出てくるのです。この熱が種籾をダメにするので要注意です。今回も全て上手く行ったと信じています。


爆弾低気圧通過中のポンプ点検、、いかなる時も出動できるようにしないと
ポンプ点検

嵐が過ぎて入学式日和、、風雨に耐えた桜が子供達を迎えました
富陽小学校入学式
温湯消毒、、60℃8分にセットして浸けます
温湯消毒
8分経ったら速攻で冷やします、、ここがポイントです
温湯消毒

 昨日は、午前中までなんとかお天気ももってトラクター作業をしました。午後は、風雨が強まり加工場の仕事を少しして早めの退社でした。私は、母親の命令で育苗ハウスの空いたスペースを耕して畑作り。育苗床土に含まれる養分が沁みたこの土は、野菜が良く育ちます。主に夏野菜ですが、消防メシの材料に重宝しているので命令には素直に従って畑作りを手伝います。でもデジカメの撮影を頼んだら指はかかるしブレは酷いし、、(ToT) 文句と言うと「もう撮らん!」と怒るので大変です。それでも順調に準備が出来てご機嫌の母親です。まあこれも親孝行の一つかな。


 午後になり富陽ドームに子供達が野球の練習に大勢集まって賑やかな林さんちなのに、いつもの鴨の夫婦がまったく人を恐れずにウロウロしていて驚きます。さすがに1m以内は無理ですが、人の間にいても平気な鴨です。夕方から川北の堤防の桜の下で花見宴会のはずが中止せっかくなので写真だけ撮って友人宅の花見宴会に突入。たまに参加させてもらっているが高校の時の友人がマメにいろんな企画をしてくれています。たくさんしゃべって、たくさん笑って、そして飲んで食べて、、今日は、お約束の二日酔いです。今から爆弾低気圧の真っ只中で消防ポンプ点検です。出来るんかいな?

恒例の育苗ハウス内の畑、、指かかってるし(* ̄▽ ̄*)
ハウス内の畑
林さんちに来るいつもの鴨、、まったく人を恐れない
鴨
本当は、ここで花見宴会だったのだが、、満開です
川北の桜
花より団子、、高校の同級生の山先家で宴会中です
山先家

 今日は、今週末にやってくる爆弾低気圧の前に柔らかい田んぼを優先で耕しています。もう少し乾かしてからが良いのですが、ここ数日の好天で乾いたチャンスは、逃せません。そして昨夕、自然栽培米を作付する田んぼも耕しました。乾田効果を出すためになるべく乾いた状態で耕さねばなりません。実は、自然栽培米の田んぼは、別の田んぼを用意していたのですがそこが柔らかい。木村氏や岡山県そして羽咋市の実践者に聞くと乾いた田んぼでないと難しいと聞き変更したのです。でもこの田んぼ、まずいことに母親の畑の横。ただでも大反対の母親の目の前での作付にトラブル必至です。さらに本当は、ソフトボールくらいの大きな塊に耕したのですが暮れ起こし済みだったため細かくなってしまいます。専務とトラクターを調整してなんとかギリギリ大きな塊にしましたがそれでも細かい。まあ1年目は、これで堪忍です。


 そして次回の種まきで自然栽培用の種まきをします。そのための苗箱に床土をブレンドして用意しました。今回は、メインが私の1回目ボカシ+燻炭+無肥料床土、次が岡山県から送ってもらった燻炭のみ、さらに実験で2回目ボカシと番場さんボカシです。岡山県式の燻炭苗が成功すればとっても嬉しいのですがマジでこんな炭だけの床土に苗が育つの?と超心配です。

なるべく大きな塊に耕すのが基本です
自然栽培米
出来れば母親の畑の横でしたくなかったのだが、、(* ̄▽ ̄*)
自然栽培米
4月15日に種まきをする自然栽培米用の苗箱、、4種類用意しました
自然栽培米

 午前中、3回目の苗出し2520箱。しかしバイトくんがなかなか手配できず少人数での作業でなかなかはかどらない。それでもなんとか汗びっしょりになりながらいつもより30分ほど多くかかって終了。今日は、種まきが無いのでそのままトラクター作業と恒例のお花見昼食の準備に取り掛かりました。いつの頃からかこの時期に近くの末松廃寺公園で花見をしながらお弁当を食べるようになりました。末松廃寺は、日本最古の貨幣「和同開珎」が発掘された遺跡です。私が保育園の時に発掘現場の見学に行った覚えがあります。七重の塔が建ちその他のお堂も含めて近隣に威容を示していたそうです。1300年あまりを経てここで花見をするなんて誰が想像出来たのだろうと考えると気が遠くなります。花見弁当で、お腹いっぱいになって午後は、遅めの作業開始です。


 午後は、この好天を利用して柔らかい田んぼに突入して耕して行きます。私も自然栽培米の田んぼがカラカラになったこのチャンスに耕しました。自然栽培米の田んぼの土は、乾いた時に耕すのが基本。しかも土塊は、ソフトボールくらいの大きさ、つまりかなり粗く耕さねばならない。しかし林さんちの田んぼは、全て昨年暮れ起こしをしてあるので粗く耕すには、限界があり専務とトラクターを調整しながら現状では限界の大きさの土塊にしました。他にもいろいろと自然栽培米の作業も平行して行いましたがその報告は、明日(o^-')b


お隣の明和特別支援学校の桜を見ながら3回目の苗出し、、暑い!
3回目苗出し

林さんち恒例のお花見昼食、、記念撮影だって言うのにみんな「またかぁ~」とカチ無視のスタッフ達
花見
今年のソメイヨシノは、色が白いそうな、、暖かいとそうなるらしい
花見
今日は、暑くて半そで、、明日は爆弾低気圧が通るらしいが穏やかでありますよ~に
花見
地面に芽吹いたのは桜の芽?上ばかりでなく下でも生命の息吹が感じられます
花見

 午前中、風土金澤の打ち合わせに出かける。もの凄く良い天気ですが林さんちの方も、幼稚園から大量の入園式に配る赤飯の注文があり加工場にこもっています。最近、地域の餅屋さんやお菓子屋さんが高齢化のために店を閉めるところが相次いでいて、そこで作っていた赤飯やお餅の注文が林さんちに来るようになりました。でもお餅屋さんやお菓子屋さんのように年中、それを作っているわけでないので少々厳しい状況になりつつあります。肝心の田んぼ仕事に支障が出るのです。でもお祝い事だから断るのも難しいので困っています。


 お天気が良いので桜が一気に満開になりました。この週末は、大荒れの天気の予報なので今日明日が見ごろだと思います。下を見ると野の花もたくさん咲いていて春爛漫と言った感じになって来ました。ハウスに並べた苗も急激に緑が濃くなって来ました。逆に暑過ぎないか心配なくらいです。明日は、3回目の苗出し暑い中での作業になりそうですが、さっさと終わらして林さんちは、花見の予定です(o^-^o) 


スクスクと成長中のハナエチゼン、、緑のジュータンです
ハナエチゼン

この暖かさで一気に満開の桜、、入園式入学式に間に合いました
桜
この花というか葉の植物は、いったいなんでしょう?よく農道に咲いています
春の花
ご存知「オオイヌノフグリ」つまり犬のタマタマってことですね
オオイヌノフグリ

 今日は、雨でしたが、あれやこれやとやりたいことがあったのでスタッフ一同、助かりました。私も午前中、机の上のエベレスト状の書類や郵便物を片付けて午後から、今度の種まきで使用する「自然栽培米用」の苗床土の製作をしました。でもいろんな組み合わせを実験的に行うのでブレンドに時間がかかります。ボカシも1回目と2回目がありさらに番場さんから頂いたボカシもある。その他、籾殻薫炭のみと無肥料床土のみバージョンもやってみたい。今日は、とりあえず半分完成したので明日また頑張ります。

一番標準のブレンド、、籾殻薫炭+林浩陽製作1回目ボカシ+無肥料土
自然栽培米用床土
これを混ぜて混ぜて
自然栽培米用床土
苗箱に詰めて行き専用ゲージで整えます
自然栽培米用床土
籾殻薫炭のみの床土も準備、、岡山県の福田農産製です、、でも詰めるのが難しい
自然栽培米用床土

 午前中、好天に恵まれ順調に2回目の苗出しです。今日は、3種類の苗があるので間違えないようにとても気を使いました。それでも上手く納めることが出来ました。今日は、前回の芽のアップよりさらに寄っての撮影に挑戦。際の際のピント合わせが難しいですがまあまあの出来で撮影出来ました。ところが3回目の種まきを順調に行ってこの調子だと午後4時には終わって楽勝だと思ったらあと少しで機械が停止。調べたらモーターに付いている駆動チェーンを回すスプロケットが壊れていました。午後の休憩を前倒しして専務と予備のスプロケットを30分ほどかかって交換修理。そして再開するもしばらくしてまた停止、、(ToT) 今度は、別のスプロケットの歯が欠けていました。今度は、予備部品がなくて駆動がなくても良い箇所から外して移植しました。結局、4時で終わるどころか5時過ぎまでかかってしまいました。それでも昔より早く終わっているのですが、私は、今日は、メルマガを書く日なので残業必至です。ちなみに夕方になって荒起こし中のトラクターが停止したらしい。今日は、なんでも壊れる日でした。


2回目の苗出し、、コシヒカリの生長点です
コシヒカリの芽

1回目の苗のハナエチゼンは、早くも緑色です
ハナエチゼン
2回目の苗出し、、相変わらずお笑いを追求中の林さんちです
2回目苗搬出
3回目の種まき、、トラブル連発疲れました
3回目種まき

 今日は、快晴ですが、年度始め、月初め、と重なり何かと気ぜわしい4月1日です。私も給与バイト代や市民税支払いと何かとあります。日曜日に全部準備してあったのでスムーズに行きました。でもいろいろと財布を預かっているのもありその決算報告も作らないといけません。そしてここのところ寒かったのか、なかなか種籾が冬眠から目覚めません。気の早い種籾は、芽が出ているのですが、芽が揃わないといけません。もう少し我慢してから水温を下げます。1回1回、天気も気温も違うので、同じようにはいきません。


 ツバメも今のところ2ツガイが来ていますが、どうもこのツバメだけが異常に早かったようで後のツバメは、まだ来ていません。通常5ツガイは、来るのでどこの世界にもせわしない奴は、いるものです。明日は、2回目の苗出しと3回目の種まきなのであまりお天気が良いとハウス内が暑くてバテます。でもどうも曇りのち雨の予報なのでちょうど良い感じです。


なかなか目覚めない種籾です、、慌てない慌てない
催芽

ツバメも巣作りの開始です、、まだまだ寒いですよ
ツバメ