白銀幼稚園が100年目の卒園式でした・種籾をシャブシャブ洗います

 朝、新聞を見たら林さんちで米作り体験授業をしている金沢市内の白銀幼稚園がド~ンと出ていました。なんと100周年ということです。キリスト教系の幼稚園って歴史の長いところが多いですね。100年目の子供達と米作りを出来たというのも神様のお導きやね。


 今日は、バイトくんも来ていろいろな作業を分担して行います。まずは、種籾のエコホープ処理が終了したので種籾を洗い通称「種籾シャブシャブ」。種籾には発芽阻害物質「アブシジン酸」等の成分がありこれを水替えして洗い流さないと発芽しにくいのです。温湯消毒と言ってお湯で消毒するとこの発芽阻害物質は、無力化するのですがエコホープの場合は、洗い流すしかありません。さらに雑菌の繁殖等も防ぐ意味があります。昔、強力な化学合成薬品で消毒していた時は、そんな雑菌や病気の心配をしなくて良かったのですが止めた途端に雑菌の繁殖やら発芽不良に見舞われました。なんにも考えないで農薬を使っていたので発芽阻害物質や雑菌の存在すら知らなかったのです。でもそれが分かってからは、手間はかかりますが、明らかに苗の品質が上がりました。結局、農薬は、大事なことにベールもかけてしまうんですね。人間に対する薬と同じかもしれません。


なんと白銀幼稚園って100周年だったんだ!子供達、卒園おめでとう!
白銀幼稚園卒園式

種籾エコホープ処理終了、、朝イチで種籾をシャブシャブ洗います
種籾洗い

このエントリーをはてなブックマークに追加