林さんちは猫の目の天気を縫っての作業中です・エコホープは苗のペニシリンです

 今日は、朝から曇り雨そして晴れと目まぐるしくお天気が変る中、上手く間を縫ってそれにあった作業を行っています。午前中は、ハウスドアの取り付け、ラブシートの準備、餅つきと袋詰めを行いました。私は、ボカシ肥料の切返しと1回目の種まき用の種籾の消毒と浸水を行いました。消毒の資材は、エコホープと呼ばれる天然由来のモノでアオカビで他の菌を寄せ付けない優れものです。5回の種まきのうち4回は、このエコホープを使用します。もう1回は、無農薬栽培用に温湯消毒と言って暖かいジャグジーに8分ほど入れて消毒します。でも二人で半日ほどかかるので他の苗用には、労力軽減のためにエコホープを使用しています。午後は、お天気も回復したことだし畦塗りに出動です。


ハウスドアの取り付けで育苗ハウスの完成です
ハウスドア取り付け

ラブシートの準備、、優れものですがとっても高価です
ラブシート敷き
1回目の種籾の浸水開始、、エコホープは天然由来成分の種子消毒の資材です
エコホープ
本来は、そ~っと入れるのですが浸水の感じを出しいます
エコホープ

このエントリーをはてなブックマークに追加