林さんちのハウス張りを始めました・最新型の軽自動車は芸術品です

 今日は、天気が良ければハウス張りを予定していたが北風の冷たい風が強い。それでもなんとか午前中3棟だけ張った。昨年は、お天気が悪かったり、つばき祭で販売する加工品の準備等で、タイミングを外すだけ外し張り始めが3月16日、完成が3月21日でした。今年は、かなり早めに張ることが出来て良かった。早めの張らないと中が乾かないので苗の搬入でフォークリフトがはまって大変です。午後からは、風が強まってハウス張りを中止したが夕方に風が止むことを祈っています。今年は、一気に張っていくぞo(^o^)o


 社員の一人がホンダNBOXを購入した。最新型の車は、なんとスペアタイヤが付いていないそうだ。パンクしたらパンク修理剤を充填、装備された小型コンプレッサーをシガライターの電源で動かして直すそうです。そして手に負えないパンクの場合は、JAFを呼んでくださいとのこと。さらに電源用のUSBポートが装備されています。う~ん私のステージアが段々、江戸時代の乗り物に感じて来ます。しかもエンジンがどこにあるのか分からないほどのユーティリティースペース!とにかく広い!ちなみに最近もう一人の社員の買った普通乗用車より高価らしい。日本の軽自動車は、もう芸術品の領域やね(⌒‐⌒)


強い北風の中ハウス張り中です、、風よ止んでくれ
ハウス張り

さっさっと上に載せてスプリングで素早く留めます
ハウス張り
風が強くなる中ハウスバンドで締めて完成、、これで一安心
ハウス張り
社員さんの新車「ホンダNBOX」、、聞けば聞くほど最新型は不思議です
ホンダNBOX

このエントリーをはてなブックマークに追加