林さんちは雨の日も大忙しです・ロータリー刃新品になったけど自然栽培向きじゃないかも

 今日は、雨の予報だったので加工場の中の仕事と各産直コーナーと風土金澤への納品、床土搬入、ライスセンターでトラクターの刃の交換をしています。でも思ったより降らず微妙な天気です。でもネット通販と店舗用の玄米10キロ袋も底をついているので思い切ってたくさん袋詰めをしています。お米の品質検査は、30キロ袋で行うので10キロ、5キロに関してはいちいち計って詰めなおしが必要です。加工場では、3月16日からの新かきもち販売に向けて種類分け作業と袋詰め作業を行っています。こっちも急がないと間に合わないので雨の日のちょうど良い仕事です。


 ライスセンターでは、トラクターのロータリー刃の交換を行っています。なるべく長く使いたいのは、やまやまですが減ってくると上手の耕せないのと高価なのでギリギリのところでの交換です。最近の刃は、超合金で出来ていて持ちは、長くなりましたがそれでも最低1年に1回は、交換です。新品の刃だと本当に最近のロータリーは綺麗に耕してくれます。でも自然栽培米の場合は、綺麗細かく耕すと良くないのでちょっと思案中です。刃を抜いて耕すとかの技もあるようですが、元々が昨年暮れお起こしで細かくなってしまっています。このまま水張った方が良かったりして。


春の耕起作業に向けて刃の交換です、、超合金です
トラクター刃交換

このエントリーをはてなブックマークに追加